〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



緊縮満々の方針?!2019/07/26

先月(6月21日)、内閣府から2019年「骨太の方針」が発表されました。 「骨太の方針」とは、内閣府が毎年発表しているもので、ときの内閣による経済財政運営と改革に関する「基本方針」です。 懲りず、今年もまた緊縮満々の基本方針となりました。 2019年「骨太の方針」は冒頭(第一章)から、財政面について次のように述べています。 「国・地方の基礎的財政収支(以下「PB」とい う。)の … “緊縮満々の方針?!”の続きを読む


改憲勢力よりも「反緊縮財政勢力」が必要だ!2019/07/22

第25回参院選挙が終わりました。 与党(自民党と公明党)が、改選過半数の63議席を上回ったことで、安倍内閣が民主的に信任された形となりました。 今後、安倍総理は、内閣改造及び党役員人事を刷新し、改憲などを見据えた布陣をとることになります。 また、与党が勝利したことで、総理が公約に掲げた「消費税増税(8%→10%)」が国民から信任を得たことにもなりますので、これにより税率引き上げ … “改憲勢力よりも「反緊縮財政勢力」が必要だ!”の続きを読む


緊縮財政によって富国弱兵から貧国弱兵の国に落ちる日本2019/07/08

日本がデフレ(物価と所得の相乗的縮小)に陥ったのは、1997年以降の「緊縮財政」からのことです。 この年の4月、消費税増税(3%→5%)が行われています。 以降、20年間にわたって我が国経済はデフレのままです。 現在の20歳代の人たちが、所得の増えていく経済を知らないのも無理はありません。 1996年のGDPを「1」として、主だった国々の推移をみますと、次のようなグラフになりま … “緊縮財政によって富国弱兵から貧国弱兵の国に落ちる日本”の続きを読む


緊縮財政圧力に抗えなかった時代2018/11/21

財務大臣の諮問機関である「財政制度等審議会」が昨日(11月20日)、2019年度予算への提言をまとめました。 失礼ながら、その総括がいかにもお粗末で苦笑しました。 総括は、平成の30年間を振り返って「負担の先送り圧力に抗えなかった時代だった」として、それを踏まえ「こういった赤字体質を継続させないという強い意志で財政に取り組む必要がある」とのことです。 負担とは、要するに消費税増 … “緊縮財政圧力に抗えなかった時代”の続きを読む


発展途上国モデルと川崎市「収支フレーム」2018/08/21

川崎市財政局は、予め毎年の歳出や歳入の枠を決めておく、いわゆる「収支フレーム」を策定し、これを指針に財政を運営しています。 本来、財政というものは、そのときの国民経済(川崎市の場合は市民経済)の状況に応じてフレキシブル(時には赤字が必要な局面もある)に運用されるべきものでありますが、現今の経済学や財政学がデフレ経済を想定していないこと、あるいはマクロ経済の視点に欠けていることか … “発展途上国モデルと川崎市「収支フレーム」”の続きを読む


消費税と税収総額2018/04/26

もしも「骨太の方針2018」にPB黒字化目標が盛り込まれ、このまま財務省主導の財政運営が続いていくとなると、来年(2019年)10月の消費税増税(8%→10%)はほぼ濃厚になってしまいます。 いま騒がれている森友問題、偽造公文書問題、事務次官のセクハラ疑惑等々も、むろん重要な問題ではありますが、なんといっても財務省の緊縮財政路線、PB黒字化絶対主義は我が国の存亡にかかわる極めて … “消費税と税収総額”の続きを読む


「財出派」と「緊縮派」 の攻防2018/04/23

IMF(国際通貨基金)の古沢副専務理事が、ロイターのインタビューに対し、日本銀行の「国債買い入れ量の説明」に改善の余地があると指摘されました。 『日銀、国債買い入れ量の説明に改善余地=古沢IMF副専務理事 https://jp.reuters.com/article/imf-furusawa-boj-idJPKBN1HT05F 国際通貨基金(IMF)の古沢満宏・副専務理事(元財 … “「財出派」と「緊縮派」 の攻防”の続きを読む


日本政府の純債務残高対GDP比は「ゼロ」2018/04/18

財務省がことさらに喧伝するお約束のグラフ… そのグラフとは、政府の「債務残高の国際比較(対GDP比)」です。 上のグラフを示しつつ、財務省は次にように解説を加えて国民に警鐘を鳴らします。 「債務残高の対GDP比をみると、1990年代後半に財政健全化を着実に進めた主要先進国と比較して、我が国は急速に悪化しており、最悪の水準になっている」 だからこそ緊縮財政が正義なんだ、と彼らは言 … “日本政府の純債務残高対GDP比は「ゼロ」”の続きを読む


平成の政治経済を支配したイデオロギーの終焉2018/03/03

今日は、女児の幸せを祈る桃の節句(ひな祭り)です。 つい先日、年が明けた、と思っていたのに気がつけばもう3月で、年を追うごとに月日の移り行く早さを感じます。 振り返ってみますと、ちょうど私が高校を卒業し大学に入学した年が平成元(1989)年でしたので、あれから今年で30年ということになります。 来年の5月には元号が改まることから、事実上、平成の御代は今年で終わります。 政治経済 … “平成の政治経済を支配したイデオロギーの終焉”の続きを読む


安くなるはずの郵便料金が…2018/02/25

小泉内閣時代、いわゆる「構造改革」の名のもとに郵政3事業(郵便・郵貯・簡保)が民営化されました。 あのとき小泉さんは、「民間にできることは民間に…」と言い、「民間(株式会社)にやらせれば、企業努力によって今よりも料金が下がり、サービスは向上する…」とも言っていました。 ところが… 『年賀62円に値上げ、3.5億枚販売減も 日本郵便が発表 https://www.nikkei.c … “安くなるはずの郵便料金が…”の続きを読む