〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



小田急線の連続立体交差事業 その2(一石三鳥案)2019/03/26

昨日(3月25日)のブログの続きですが、多摩区には小田急線の踏切が10ヶ所あり、そのすべてが国土交通省が定義するところの「開かずの踏切」です。 地上を走る鉄道は、街(地域)を分断し、ヒトや物流の交通流を妨げて市内経済の発展を阻むだけではなく、救急医療をはじめ災害時には避難路や救援路にもなる道路を分断してしまうことから住民の生活安全保障を脅かしています。 さてそこで、これらの問題 … “小田急線の連続立体交差事業 その2(一石三鳥案)”の続きを読む


人口減少を理由にインフラ投資を否定する愚2018/12/15

たしか今年の夏頃に掲載された日本経済新聞の記事だったと記憶しますが、「中共政府が鉄道建設投資を1兆円超上積みする」という報道がありました。 むろん「一帯一路」戦略の一環であるとともに、米中貿易戦争で鉄鋼などの需要低迷の恐れがあるため、鉄道建設を拡大することで国内需要を創出し国内経済を下支えしようとしているわけです。 実に立派です。 私は川崎市議会で、①小田急線の連続立体交差事業 … “人口減少を理由にインフラ投資を否定する愚”の続きを読む


なぜ、世田道「登戸陸橋」拡幅事業は進まないのか2017/08/31

私の選挙区である川崎市多摩区には、都市計画道路世田谷町田線(以下「世田道」)が区域を縦断するように貫かれています。 東京方面から多摩川を渡るとすぐに登戸陸橋という世田道の拡幅整備区間があるのですが、世田道(下り線)をご利用された方なら、多摩川を超えようとした途端に、急にひどい混雑に巻き込まれたご経験が何度もあろうかと思います。 むろん、上り線もまた然りです。 この拡幅整備事業が … “なぜ、世田道「登戸陸橋」拡幅事業は進まないのか”の続きを読む


求められる「借金」と「投資」2017/06/14

国がそうであるように、川崎市もまた、やらねばならないインフラ事業への投資がまだまだ控えています。 現在行われている京急大師線の連続立体交差化事業に加え、羽田連絡道路や川崎縦貫道路の第二期、国道357号線、あるいは都市計画道路として宮内新横浜線(目黒通りと結ぶ多摩川の橋梁も含む)があり、世田谷町田線の拡幅事業があり、更には南武線の連続立体交差化事業やら橋上駅舎化事業があり、ゆくゆ … “求められる「借金」と「投資」”の続きを読む


国の緊縮財政で阻まれる川崎の道路整備2017/02/26

この2月と夏場の8月は、1年の中でもとりわけ巷の景況感が悪化する時期のようで、俗に『二八の法則』(にっぱちのほうそく)などとも言われています。 むろん業種による違いもあり、その年によって悪化感には差があるのでしょうが、多くの業種や職種のあいだで、この『二八の法則』を実感される人が多いようです。 このブログでも再三申し上げておりますとおり、2014年4月の消費税増税(5%→8%) … “国の緊縮財政で阻まれる川崎の道路整備”の続きを読む