〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



正しい昭和史を知ろう #2
有条件降伏から74年目
2019/08/14

世の中には、例えば「馬」の絵や写真を見せ、生物学的視点からも懇切丁寧に理を尽くして「これは馬なんですよ」と説明してあげても、「いや、これは鹿だ」と言い張る人たちがいます。 といって「鹿だ」と言い張る人たちに、おそらく悪意はない。 悪意はないが、どのような真実を突きつけられても「いや、それでもやはりこれは鹿なんだ。この際、鹿であるべきなんだ」と思い込んでしまうという、いわば思想的 … “正しい昭和史を知ろう #2
有条件降伏から74年目”の
続きを読む


占領憲法の下位法律にされてしまった「皇室典範」2019/05/09

毎年、メディアは8月15日を「終戦の日」とし、例えば「今年は終戦から◯◯年が経ちました」と報道していますが、これは明らかな間違いです。 我が国にとって大東亜戦争「終結の日」は、昭和27年4月28日です。 即ち、サンフランシスコ講和条約が発効して、連合国軍最高司令部による占領政策が終了し日本国が独立した日です。 国際法は占領期間中についても戦争状態(戦闘状態ではない)としており、 … “占領憲法の下位法律にされてしまった「皇室典範」”の続きを読む


奇跡の血統へのリスペクト2019/05/08

我が国のご皇室は「インペリアル・ファミリー」であって「ロイヤル・ファミリー」ではない。 因みに、皇后陛下のファッションを「ロイヤル・ファッション」と言うのは間違いであり、正しくは「インペリアル・ファッション」です。 例えば、カナダ政府のホームページをみても、「He is imperial majesty Naruhito Emperor of Japan」と、我が国の天皇陛下を … “奇跡の血統へのリスペクト”の続きを読む


ポツダム宣言受託を通告した日2018/08/14

73年前の今日、我が国は連合国にポツダム宣言の受託を通告しました。 連合国が日本にポツダム宣言を発したのは、昭和20(1945)年7月26日のことです。 これを日本政府が黙殺してしまったがために「原爆を投下されても仕方がなかった」みたいなことがまことしやかに言われていますが全くのウソです。 連合国によってポツダム宣言が発せられたとき、日本政府はソ連に依頼した「降伏仲介」の返事待 … “ポツダム宣言受託を通告した日”の続きを読む


真の反省とは2018/08/06

本日、広島に原爆が投下されてから73年目を迎えます。 あの日、11万人以上もの日本国民がお亡くなりになりました。 後遺症での被害者を含めますと20数万人にも及びます。 「原爆投下は、日本がポツダム宣言の受諾を拒否したからだ」みたいなことがよく言われていますが、これもウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(日本国民に罪悪感を持たせるための占領プログラム)の一つでしょう。 … “真の反省とは”の続きを読む


施行71年目を迎えた「占領憲法」2018/05/03

本日(5月3日)、占領憲法(現行憲法)は施行から71年目を迎えます。 改めて、占領憲法について考えてみたいと思います。 1907年、我が国及び米国を含めた連合国は『陸戦の法規慣例に関する条約』、いわゆるヘーグ条約を締結しています。 締結された場所がオランダのヘーグだったので、「ヘーグ条約」です。 この条約の付属書『陸戦の法規慣例に関する規則』第43条には、「占領地の法律の尊重」 … “施行71年目を迎えた「占領憲法」”の続きを読む


続 「占領政策基本法」記念日!?2017/05/04

昨日(5月3日)のエントリーの続きです。 よく巷には「日本は戦争に負けて無条件降伏したのだから、どんな憲法を押し付けられても文句は言えない」と主張する東京裁判史観派がいます。 そこでまず、事実関係を確認したいと思います。 昭和20年9月2日、東京湾岸に停泊する米国戦艦ミズーリの甲板において、我が国はポツダム宣言を受けた『降伏文書』に調印しました。 その降伏文書の第2条には、「日 … “続 「占領政策基本法」記念日!?”の続きを読む