Evernoteに保存   

グラフは叫んでいる2016/10/29

昨日(10月28日)、総務省より9月の消費者物価指数および実質消費支出が発表されました。 ・・・悲惨です。 まず、消費者物価指数をグラフ化します。 日銀が指標としているコアCPI(生鮮食品を除く総合)は、前年同月比で0.5%の下落です。コアコアCPI(酒類以外の食料及びエネルギーを除く総合)は、前年同月比で0.0%でした。 ついにコアコアCPIまでもが前年同月比でゼロになってし … “グラフは叫んでいる”の続きを読む


「GDPが増えない」が意味するもの2016/10/28

私は、けっして自分が利口な人間だと思っているわけではありません。本日はそれを前提に以下ご高覧頂けましたら幸甚です。 昨今、テレビの世界では「おバカタレント」と称される人たちがバラエティ番組等で活躍!?されています。装っているのかホンマモンなのかわかりませんが、それで立派に所得を稼ぐことができるのだから芸能界って凄い。 でも、よく考えてみたら、政治の世界はもっと凄い。 混じりけな … “「GDPが増えない」が意味するもの”の続きを読む


桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、デフレ期の構造改革はもっと馬鹿2016/10/27

デフレの直中だというのに、政府が馬鹿げた構造改革の一層の推進を図っています。 『インフラ民間開放を検証 政府、参入障壁など議論へ http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H47_W6A021C1PP8000/ 政府が11月に実施する国の予算検証「行政事業レビュー」で、インフラのPFI(民間資金を活用した社会資本整備)事業を取り上げることが … “桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、デフレ期の構造改革はもっと馬鹿”の続きを読む


新規学校卒業者の離職率2016/10/26

厚生労働省が昨日(10月25日)、平成25年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況について取りまとめました。 今回の取りまとめでは、高校卒業者の40%以上、大学卒業者の30%以上が、卒業後3年以内に離職しているとのことです。 いつものとおり、グラフ化してみます。 なお、日本経済新聞は次のようなタッチでこの件を報道しています。 『大卒31%が3年以内に離職 厚労省調べ … “新規学校卒業者の離職率”の続きを読む


地域経済への地方行政の政策責任2016/10/25

内閣府は毎月、タクシー運転手、小売店主、娯楽施設従業員、自動車ディーラー、設計事務所所長などの協力を得て、生活実感としての景況感アンケートをとっています。 具体的には協力者に肌で感じる景況感を直接的に聞き取り調査するのですが、調査内容は3ヵ月前と比較した景気の現況、2~3ヵ月後の景気の先行きなどを5段階評価で回答してもらい、指数化しています。 これが、いわゆる『景気ウォッチャー … “地域経済への地方行政の政策責任”の続きを読む


デフレと有事を無視するな2016/10/24

去る10月21日に、農林水産省から発表された『畜産統計調査』によりますと、乳用牛の飼養戸数は1万7,000戸で廃業等により前年に比べ700戸(4.0%)減少したとのことです。 一方、飼養頭数は134万5,000頭で、やはり前年に比べ2万6,000頭(1.9%)減少したとのことです。 自国の需要を自国の供給能力をもって賄うことのできる能力(割合)が大きい国を先進国といいます。また … “デフレと有事を無視するな”の続きを読む


罪の意識なき罪人たち2016/10/23

国土交通省から発表された平成28年の地価公示によりますと、変動率の上位7位までが北海道です。1位の北海道俱知安町は東京都港区南麻布と比較しても6ポイント以上も上がっています。 むろん、理由はチャイナマネーによる不動産投資です。 私は以前より、チャイナマネーによる我が国の水源林等の買収を問題視しておりましたが、今や彼らは水源林のみならず、我が国の安全保障上の重要施設ともいうべき自 … “罪の意識なき罪人たち”の続きを読む


ネオリベラリストは外国人メイドがお好き!?2016/10/22

昨日(10月21日 14:07 )、鳥取県中部(北緯35度22.8分、東経133度51.3分)においてマグニチュード6.6 の地震が発生しました。 各地の震度は、鳥取県倉吉市、鳥取県湯梨浜町、鳥取県北栄町が震度6弱で、鳥取県東部、岡山県北部 が震度5強、鳥取県西部、島根県隠岐地方が震度5弱 だったそうですが、不幸中の幸いにして、この地震による津波の心配はなかったようです。 しか … “ネオリベラリストは外国人メイドがお好き!?”の続きを読む


公益資本主義の国なのに2016/10/21

原丈人(はらじょうじ)内閣府参与のいうところの「公益資本主義」は、なるほど松下幸之助さんの「会社は社会の公器」に通じていて説得力があります。 その「公益資本主義」に対峙する概念こそが、「株主資本主義」であり、「グローバリズム」であり、「新自由主義」であり、「市場原理主義」です。 私的所有権の絶対視から「会社は株主のもの」としたマイケル・ジェンセンのエージェンシー理論にみられるよ … “公益資本主義の国なのに”の続きを読む


社会保障の財源2016/10/20

もしも2014年4月の消費税増税(5%→8%)がなければ、今ごろ我が国はデフレ経済から脱却していた可能性が大です。 2014年4月以降、我が国の個人消費(民間最終消費支出)は、下のグラフのとおり明らかに落ち込みました。見てのとおり歴然です。 これを増税前の水準にもどすためには、個人消費分だけでも10兆円のデフレギャップを埋めなければならない状況に追い込まれました。 もし、この1 … “社会保障の財源”の続きを読む