Evernoteに保存   

仕事をしない政府2019/10/18

未だに「公共事業のやり過ぎで日本の財政は悪化した」と誤解されている人が多い。 まず、日本政府の債務残高が800兆円にまで膨らんだのは公共事業や財政支出の拡大が原因なのではありません。(といっても債務残高が膨らんだからといって別に何ら問題はないが…) 理由は明白で、政府が緊縮財政によってデフレ経済(需要不足経済)を放置してきたために慢性的な税収不足に陥ってきたからです。 実体経済 … “仕事をしない政府”の続きを読む


公助を否定する新聞などに騙されるな!2019/10/17

現在、我が日本国に深刻な財政問題など存在しません。 例えば、政府はプライマリーバランス(※1)を黒字化する必要などに迫られていませんし、800兆円を超えているからといって政府債務(※2)を縮小(返済)する必要などもありません。 ※1:プライマリーバランスとは、借り入れを除いた収入(歳入)と、償還費を除いた支出(歳出)との差額のことですが、デフレ期の政府収支はむしろ赤字にすべき! … “公助を否定する新聞などに騙されるな!”の続きを読む


ハザードマップという敗北宣言 !?2019/10/16

甚大な被害をもたした台風19号ですが、昨日の段階では死亡された方は58人とのことでしたが、本日の発表では74人にものぼっています。 また堤防の決壊についても昨日は32河川52ヶ所という発表でしたが、新たに確認された範囲では52河川73か所とのことです。 それでもまだ被害の全容は明らかになっておりません。 なにぶん、いずれの自治体も「平成のネオリベ構造改革(公務員削減)」によって … “ハザードマップという敗北宣言 !?”の続きを読む


氾濫危険水位を超過した河川数2019/10/15

強風というより豪雨によって甚大な被害をもたらした台風19号ですが、堤防の決壊は37河川52ヶ所にのぼり、今回の災害でお亡くなりになられた方は58人にものぼりました。 現時点においては詳しい状況を確認できていない地域もあり、被害の全容はまだ明らかになっていません。 川崎市においても、多摩川に合流する平瀬川のオーバーフロー(越流)によって男性お一人が犠牲になられています。 多摩川と … “氾濫危険水位を超過した河川数”の続きを読む


定義なき無駄を論じるは安全保障の敵だ2019/10/14

国土強靭化法は、東日本大震災から得られた教訓を踏まえ、必要な事前防災と減災、そのほか迅速な復旧復興に資する施策を総合的かつ計画的に実施することの重要性を鑑みて制定されました。 そして大規模な自然災害等から国民の生命と財産を守ることのみならず、災害が国民生活(国民経済)に及ぼす影響の最小化に関連する分野について現状の評価を行った上で当該施策を適切に策定し、それをもって国家の計画と … “定義なき無駄を論じるは安全保障の敵だ”の続きを読む


「国民を守る財政行動をとって下さい !」
ー 緊縮財政という凶器 ー
2019/10/13

台風19号は通過し、川崎市では災害が発生する可能性も減少したことから、今朝6時に避難指示(緊急)及び避難勧告が解除されました。 市内では平瀬川(川崎市高津区)の氾濫による水没で、お一人の市民が命を落とされてしまいました。 平瀬川のみならず多摩川、そして私の地元の三沢川のほか、市外においても千曲川、荒川、入間川、牛渕川、宇田川、阿武隈川、吉田川など、長野県から東北地方に至る地域で … “「国民を守る財政行動をとって下さい !」
ー 緊縮財政という凶器 ー”の
続きを読む


もうルサンチマン政治はウンザリだ2019/10/12

「新自由主義(ネオリベラリズム)」 「新古典派経済学」 「グローバリズム」 これらは、すべて政治社会学的に同義語です。 即ち、世界を統一市場にするためには、カネ・モノ・ヒトの移動の自由を妨げている国境などはないほうがいい、だからこそ各国政府の役割など無力化しなければならない、という恐ろしいイデオロギーです。 例えば、それぞれの国家が、それぞれに通貨発行権などをもっているとグロー … “もうルサンチマン政治はウンザリだ”の続きを読む


緊縮財政では国土は強靭化されない2019/10/11

明日(12日)から日曜日にかけて、大型台風19号が大きな勢力を保ったまま東日本に接近する見込みです。 暴風や大雨など、本州の広い範囲で大きな影響が出るおそれがあります。 またも、未だ台風15号の被害で苦しむ千葉県を直撃しそうです。 気象庁が「今日の(11日)のうちに備えを済ませるように…」と警鐘を鳴らしています。 さて、我が国が自然災害大国であるからこそ制定されたはずの「国土強 … “緊縮財政では国土は強靭化されない”の続きを読む


現政権下で、東京都の人口は45万人以上も増えた2019/10/10

大手企業の一部が、企業の地方移転を後押しする政府の税制優遇を活用し、富山、鳥取、岡山、広島などの4県に本社機能を移転する計画を進めていることが既に明らかになっています。 こうした優遇税制は、地方での働く場を増やし、東京への一極集中を是正しようとする政府の地方創生策の一環です。 とはいえ、優遇税制のみで地方の過疎化及び東京への一極集中を止めることはできない。 なんといっても、もう … “現政権下で、東京都の人口は45万人以上も増えた”の続きを読む


トリクルアップ2019/10/09

「トリクルダウン(trickle down)」=「ぽたぽたと滴り落ちる」 ネオリベラリズム(新自由主義)に基づく構造改革を推進してきた人たちはみな、声を揃えて「富めるものが富めば、貧しいものにも富が自然に滴り落ちる」と言ってきました。 いわゆる“トリクルダウン理論”です。 とりわけ、竹中某さんのように第二次安倍内閣で経済財政政策を担う人たちの多くは、この理論を信じ「富めるものが … “トリクルアップ”の続きを読む