Evernoteに保存   

緊縮財政では国土は強靭化されない2019/10/11

明日(12日)から日曜日にかけて、大型台風19号が大きな勢力を保ったまま東日本に接近する見込みです。 暴風や大雨など、本州の広い範囲で大きな影響が出るおそれがあります。 またも、未だ台風15号の被害で苦しむ千葉県を直撃しそうです。 気象庁が「今日の(11日)のうちに備えを済ませるように…」と警鐘を鳴らしています。 さて、我が国が自然災害大国であるからこそ制定されたはずの「国土強 … “緊縮財政では国土は強靭化されない”の続きを読む


現政権下で、東京都の人口は45万人以上も増えた2019/10/10

大手企業の一部が、企業の地方移転を後押しする政府の税制優遇を活用し、富山、鳥取、岡山、広島などの4県に本社機能を移転する計画を進めていることが既に明らかになっています。 こうした優遇税制は、地方での働く場を増やし、東京への一極集中を是正しようとする政府の地方創生策の一環です。 とはいえ、優遇税制のみで地方の過疎化及び東京への一極集中を止めることはできない。 なんといっても、もう … “現政権下で、東京都の人口は45万人以上も増えた”の続きを読む


トリクルアップ2019/10/09

「トリクルダウン(trickle down)」=「ぽたぽたと滴り落ちる」 ネオリベラリズム(新自由主義)に基づく構造改革を推進してきた人たちはみな、声を揃えて「富めるものが富めば、貧しいものにも富が自然に滴り落ちる」と言ってきました。 いわゆる“トリクルダウン理論”です。 とりわけ、竹中某さんのように第二次安倍内閣で経済財政政策を担う人たちの多くは、この理論を信じ「富めるものが … “トリクルアップ”の続きを読む


財源は通貨発行2019/10/08

数字が相関しているからといって、双方の関係性に必ずしも因果関係があるとは限りませんが、高い相関性は因果関係を決定づけるにあたっての必要条件です。 相関係数は、「−1.0」(負の相関)〜「+1.0」(正の相関)で表され、プラスであろうとマイナスであろうと「0」に近ければ近いほどに相関していないことになります。 相関の強さ弱さは次のとおりです。 0.7~1   かなり強い相関がある … “財源は通貨発行”の続きを読む


マスコミの劣化もまた民主主義の危機2019/10/07

議員をしていて、最近とくに思うのはマスコミの質的劣化です。 ここで私がいうマスコミの質とは、とりわけ各新聞社(地方支局記者)の取材力のことです。 いわゆる五大紙の地方版をみても、市政や市議会に関わるニュースボリュームが小さいのは昔からですが、ここ数年はとくに、行政サイドが記者クラブに投げ込んだ報道発表資料をそのまま記事にして垂れ流しているだけ、というケースがほとんどです。 つい … “マスコミの劣化もまた民主主義の危機”の続きを読む


人口は経済成長の決定要因ではない!2019/10/06

「日本は少子化で人口が減るから経済は成長しない…」 未だこの種の愚論が絶えません。 そして大抵の場合、「どうせ成長しないんだから、行政は無理にインフラ整備などやらないで、将来世代の福祉のためにおカネを貯めておいたほうがいい…」と続きます。 何度でも言います。 「人口が減るから経済が成長しない…」は事実として間違いですし、「おカネを貯めておくことが将来世代のため…」も全くのお門違 … “人口は経済成長の決定要因ではない!”の続きを読む


市立看護短大 カラ出張でも反省なし先生問題!2019/10/05

過日、川崎市立看護短期大学では、学生が講義と教員を選択する「選択授業制」を採用しました。 採用したところ、学生の誰一人からも選択されることのなかった実に残念な教員がおられました。 自分の講義を誰一人として望んでいない…という現実を突きつけられた場合、普通なら、あまりにものショックで暫くは気落ちしてしまうとか、あるいはこの大学では自分は必要とされていないことに慨嘆して辞表を提出し … “市立看護短大 カラ出張でも反省なし先生問題!”の続きを読む


国の緊縮に、どう立ち向かうか!2019/10/04

本日(10月4日)は、川崎市議会「決算審査特別委員会」の総括質疑です。 私も、夕方5時過ぎごろ質問に立ちます。 例の市立看護短期大学のカラ出張准教授問題、そして本市の財政フレーム及びプライマリーバランスについて質問する予定です。 インターネットでLIVE中継しますので、ぜひご覧ください。 (録画中継は10月8日(火)〜) http://www.kawasaki-council. … “国の緊縮に、どう立ち向かうか!”の続きを読む


行政の緊縮財政によって減り続ける民間黒字2019/10/03

現在、川崎市議会では「決算審査特別委員会」が開かれています。 各常任委員会での分科会審議も終わり、いよいよ明日は本会議場での総括質疑です。 むろん私も質問に立たせていただきます。 いくつか質問する予定ですが、一つには、やがて厳しくなるであろうことがほぼ確実となっている経済情勢のなかにあっては、想定している収支フレームとプライマリーバランスを維持することはほぼ不可能であろうから、 … “行政の緊縮財政によって減り続ける民間黒字”の続きを読む


戦後、最も国民を貧しくした総理の在職日数…2019/10/02

昨日の消費税率の引き上げにより、いよいよ亡国への階段を登りはじめた日本。 経世済民が「経済」の語源になっていることからもわかりますように、経済こそは国防、治安、防災、教育、医療、文化や伝統の維持発展ほか、様々な国民生活に関わる福利向上の基礎をなすものです。 その日本経済は、1998年以来のデフレ経済により内需は低迷し続けています。 1989年4月に導入された消費税(当初「3%」 … “戦後、最も国民を貧しくした総理の在職日数…”の続きを読む