Evernoteに保存   

川崎市の産業集積促進施策に異議あり2008/10/02

   本年4月から、「川崎市先端産業創出支援制度」いわゆる「イノベート川崎」がスタートしました。この制度は、川崎市内の京浜臨海部エリアを中心に、環境やエネルギー、そしてライフサイエンス分野といった先端産業の創出と集積を促進するための施策です。真の福祉、あるいは真の地方自治の実現のためには、自治体としてしっかりとした財政的基盤を構築することが何よりも大切です。 … “川崎市の産業集積促進施策に異議あり”の続きを読む


憂国の地方議員かく戦えり2008/08/22

8月1日に発売された『正論』9月号に、「憂国の地方議員かく戦えり」というタイトルテーマで、私の鼎談記事が掲載されています。 ぜひ、お近くの書店でお買い求め頂き、ご一読頂ければ幸甚です。『正論』は産経新聞社の月刊誌で、定価は680円です。 地方行政にも、国家の主権に関わる問題が内包しています。例えば、国民の主権を侵害する条例や制度が全国の自治体に浸透しつつあります。 であるからこ … “憂国の地方議員かく戦えり”の続きを読む


第3回川崎市議会臨時会にて反対討論にたつ2008/07/24

 地方自治法第74条に基づく直接請求により、議案第100号「川崎市平和無防備都市条例の制定について」が、平成20年第3回川崎市議会臨時会に提案されました。  私は以下の理由により、本議案には反対をいたしました。7月24日の本会議において、民主党川崎市議会議員団を代表し、反対討論にたちましたので、その演説を原文のまま掲載いたします。 ⇒7月24日、川崎市議会本会議場にて 【反対討 … “第3回川崎市議会臨時会にて反対討論にたつ”の続きを読む


市政レポート vol.16 発行のお知らせ2008/07/19

市政レポート(vol.16)を発行しました。 内容は、川崎市議会平成20年第二回定例会・一般質問における議事録の要約です。今回は、教育委員会が発行している「かわさき2008」という副読本について質問しました。その副読本の記述に複数の疑義がみられましたので、そのことにつき教育長に対して質問し訂正を求めました。ぜひ、ご覧ください。 お求めの方は、三宅隆介事務所まで ℡044-934 … “市政レポート vol.16 発行のお知らせ”の続きを読む


「市民参加」という言葉の危険2008/06/15

 ある時期から、地方行政において「市民参加」という言葉が跋扈するようになった。 「市民参加」といえば、一見すばらしく民主的な響きのある言葉である。誰もがそう思うにちがいない。しかし、この言葉の背景には、実は恐ろしい革命思想が潜んでいることを指摘せざるをえない。  去る6月12日、日朝実務者協議が北京で行われた。その中で、「よど号事件」実行犯の引渡しに協力する旨が北朝鮮側から示さ … “「市民参加」という言葉の危険”の続きを読む


横田滋さん、早紀江さんご夫妻を招いて・・・2008/05/13

5月12日の月曜日、川崎市を選挙区とする民主党所属の国会議員、県議会議員、市議会議員ら13人と拉致被害者家族の横田夫妻による意見交換会を開催しました。横田夫妻から「国民世論は政府を動かせる。国民世論を風化させないよう、支援してほしい」との要請を頂きました。 私たち議員団は、拉致問題に対する世論を風化させることなく、国民一人ひとりに当事者意識をもって頂くよう地方議員レベルにおいて … “横田滋さん、早紀江さんご夫妻を招いて・・・”の続きを読む


道路特定財源の暫定税率等の失効に関する川崎市の当面の対応について2008/04/14

去る3月議会で議決した川崎市の当初予算は、道路特定財源の暫定税率や地方道路整備臨時交付金制度が延長されるものとして関係歳入予算を計上しておりました。昨年度末をもって暫定税率が期限切れを迎えたことは周知のとおりです。 これに対する川崎市の当面の対応をお知らせいたします。 1.まず本市への影響ですが・・・


山田ひろし杉並区長を囲んで2008/03/02

  去る2月26日、山田ひろし杉並区長をゲストに招き、新宿の京王プラザホテルに於いて、夕食会を開催しました。参加者は経世研究会(三宅隆介の後援団体のひとつ)の会員の皆様で、当日はおよそ30名の皆様にご来会を頂きました。 会の冒頭、山田区長にご講演を頂きました。杉並区での取組みのほか、歴史問題から税制の問題まで、国家の根幹に係わる様々なお話しでした。 経世研究会は、こう … “山田ひろし杉並区長を囲んで”の続きを読む


川崎市、平成20年度当初予算案の概要2008/02/01

いよいよ来る2月19日から、川崎市議会第一回定例議会(予算議会)が開会されます。 このたび財政当局により、当初予算案の概要が示されました。現在、当局により最終の調整が行われていますが、来年度の一般会計の予算規模は、前年度比で10%増の6,095億円程度となる見込みです。 主な歳入として、市税が2,888億円程度、市債発行が701億円、諸収入が667億円程度となり、また主な歳出と … “川崎市、平成20年度当初予算案の概要”の続きを読む


やっぱり相続税は廃止せよ2008/01/14

わが師、松沢成文神奈川県知事は、昨年の6月に名著『破天荒力』を上梓された。『破天荒力』は、江戸時代末期から昭和初期にかけての温泉地・箱根の開発史を知事が独自の視点から紹介した書物である。そこには、富士屋ホテルの創業者・山口仙之助や福住旅館の福住正兄(まさえ)など、箱根の開発に心血を注いだ傑物たちの破天荒力が描かれている。この『破天荒力』を読んで、つくづく感じたことがある。それは … “やっぱり相続税は廃止せよ”の続きを読む