〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



巨大地震が迫っている2019/06/26

川崎市は、人口約152万人を擁する大都市です。 その地形は南東および北西に細長く伸び、北西最先端の麻生区から南東最先端の海辺までの長さは約32キロメートルあります。 東京都と横浜市という大消費地に挟まれるという恵まれた立地条件をもち、産業が多く集積する南部地域(川崎区、幸区、中原区)と、緑豊かな丘陵地帯に住宅街が広がる北部地域(高津区、宮前区、多摩区、麻生区)とから市勢が形成さ … “巨大地震が迫っている”の続きを読む


生産緑地2022問題2019/06/25

首都圏、中部圏、近畿圏の三大都市圏の街なかを歩いていると、ふと「生産緑地地区」という立て看板を目にしたご経験がどなたにもあろうかと思います。 生産緑地とは、三大都市圏の特定市や特別区などの市街化区域にある農地のなかで、生産緑地法という法律に基づいて「生産緑地」指定を受けたと農地のことです。 指定する目的は、良好な都市環境と住環境を保全し維持するためとされています。 1992(平 … “生産緑地2022問題”の続きを読む


低賃金労働者の流入が介護現場の離職率をさらに引き上げる !?2019/06/23

安倍内閣は去る6月10日、外国人労働者の受け入れに関する関係省庁会議を開きました。 会議では外国人労働者の労働環境を整備するための追加対策が示されたわけですが、とりわけ4月に始まった新在留資格「特定技能」の取得者が都市部に集中するのを避けるための対策が柱となっています。 例えば地方自治体とハローワークが連携して地方の求人情報を提供するとか… あるいは建設分野については試験実施団 … “低賃金労働者の流入が介護現場の離職率をさらに引き上げる !?”の続きを読む


渋滞が緩和された「稲生橋交差点」2019/06/22

道路という社会インフラには、人や車の移動といった交通流円滑化の役割りのみならず、市民生活を支えるための多様な空間機能があります。 例えば、災害時において道路は避難路や救援路の役割りを果たし、火災発生時には延焼を遮断するための貴重な防災空間にもなります。 あるいは道路の地下空間は、電気、ガス、上下水道、光ファイバーケーブル等々、ライフラインを支える重要インフラを収容するための空間 … “渋滞が緩和された「稲生橋交差点」”の続きを読む


「将来世代へのツケ」という誤解2019/06/20

デフレ期であるにもかかわらず、「将来世代にツケを残すのかぁ〜」と言って政府財政の収支均衡(緊縮財政)を求める国会議員や地方議員たちは、経済や貨幣についての正しい理解に乏しい人たちです。 この手合の人たちは、今から400年以上も前のヨーロッパ封建時代と同じ思考です。 確かにあの時代の封建諸侯たちは、将来の税収を見込んで、それを担保に借金をして戦費を調達したり領土運営をしていました … “「将来世代へのツケ」という誤解”の続きを読む


年金制度は経済成長で安定する2019/06/14

金融庁の金融審議会が提出した「老後資金が2000万円不足する」報告書が、国会で問題になっています。 バツの悪くなった麻生金融担当相は、この報告書の受取りを拒否することにしました。 おそらくは、来月予定の参議院選挙を前に支持率への影響に配慮したのでしょう。 金融庁は報告書の修正も検討しているようです。 マスコミは例によって、このときとばかりに「やはり日本の年金は破綻するぅ〜」と騒 … “年金制度は経済成長で安定する”の続きを読む


人の生死よりも「収支均衡」が優先する国 !?2019/06/09

我が国は有史以来の自然災害大国です。 頭文字に「超」をつけてもいいぐらいの「自然災害大国」と言ってよく、地理的に逃れることのできない宿命です。 災害統計で有名なベルギーのCREDが、自然災害による死者数の世界ランクを公表していますが、それによると日本は常に上位に位置しています。(死亡者数には行方不明者を含む) むろん、1995年と2011年はダントツの1位でした。 因みに、ここ … “人の生死よりも「収支均衡」が優先する国 !?”の続きを読む


クニのシャッキン問題こそ最大のフェイクニュースだ!2019/06/07

米国の中央銀行であるFRB(フィデラル・リザーブ・バンク)。 FRBは「物価安定の維持」と「雇用の最大化」という2大目標を掲げつつも達成できていない。 米国の失業率(4月)が約49年ぶりの水準にまで改善したことから、一見すると雇用の最大化という目標は達成したと評価もあるようですが、平均時給が伸びておらず「達成とは言い難い」との指摘が大勢のようです。 同じく我が国の中央銀行たる日 … “クニのシャッキン問題こそ最大のフェイクニュースだ!”の続きを読む


副読本『かわさき2019』2019/06/05

過日、川崎市教育委員会から副読本『かわさき2019』が発行されました。 副読本には、川崎の地理や歴史のみならず産業面や文化面についても詳しく解説がなされており、主として市立小学校等の学習教材として使われています。 実は…この川崎市の副読本、昔は実に酷い内容のものでした。 例えば、稲作伝来についての記述は「稲作は朝鮮半島からもたらされた」と断定的に記載し、あるいは「日中戦争」「太 … “副読本『かわさき2019』”の続きを読む


例え裁判で負けようとも「札付き准教授」と闘ってほしい2019/06/01

川崎市立看護短大が4年生大学化にむけて具体的に動き出しています。 地元に4年制の看護大学ができることの意味は実に大きい。 例えば、市内で活躍してくれる看護人材を安定的に確保していくことが可能になり、それはまさに川崎市民の利益です。 許可権者である文部科学省への申請が迫る中、4年制大学としての各種条件を急ぎ整えて行かなければなりません。 学校及び所管当局による懸命な努力が続いてい … “例え裁判で負けようとも「札付き准教授」と闘ってほしい”の続きを読む