〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



まずは政府の役割を果たせ…2018/06/30

昨日(6月29日)、TPP(環太平洋経済連携協定)参加11カ国による新協定「TPP11」の関連法が参院本会議で可決・成立しました。 政府はTPPのみならず、欧州との間でEPA(Economic Partnership Agreement=経済連携協定)をも締結しようとしています。 「自由貿易は善、保護貿易は悪」という偏見思想が政治家や官僚たちの中に蔓延していることから、TPPや … “まずは政府の役割を果たせ…”の続きを読む


自由貿易論者の「ありえない前提」2018/05/05

どうして我が国の政治家は、与野党ともに「自由貿易」なる幻想に大いなる期待を抱いているのでしょうか。 昨日も、ベトナムを訪問している自民党の岸田政調会長が「早急なるTPP発行」について言明されました。 『TPP発効後の協力確認 https://jp.reuters.com/article/idJP2018050401001709 自民党の岸田文雄政調会長は4日、訪問先のベトナムで … “自由貿易論者の「ありえない前提」”の続きを読む


米国の通商戦略への備えはあるのか2018/04/14

関税をめぐって、米中の攻防が続いています。 4月3日、米国企業が保有する知的財産権を中国が侵害したとして、米国は中国からの輸入品500億ドル相当に25%の関税を課しました。(対象外品目あり) 対する中国は翌日、その報復措置として、航空機や大豆など米国からの輸入品500億ドル相当に25%の関税を課すと応じています。 すると米国は翌5日、課税対象品目を広げ1000億ドルの積み増しを … “米国の通商戦略への備えはあるのか”の続きを読む


TPP推進者はBKD2018/03/01

我が国には、新自由主義(ネオリベラリズム)に洗脳された政治家や官僚が巣食っています。 巣食っているというよりも、彼ら彼女らこそが、まさに政界や官界の主流派勢力になっています。 むろん、財界やメディアも然り。 彼ら彼女らが進めてきた、いわゆる「構造改革」によって、日本経済のデフレは深刻化し、実質賃金は下がりつづけ格差も拡大。 あまつさえ医療、介護、エネルギー、食料などなど、国民生 … “TPP推進者はBKD”の続きを読む


グローバリズムは民主主義の否定2018/02/11

たしか5日ぐらい前のことだったと思いますが、米国のティラーソン国務長官はTPP(環太平洋経済連携協定)について「トランプ大統領はTPPを一蹴しているわけではない」と発言し、改めてトランプ政権がTPPへの復帰を検討する方針を示しました。 ティラーソン国務長官の発言は、先月末のダボス会議でのトランプ米大統領によるTPP復帰検討発言を後押しする形となりました。 TPP推進派の小泉進次 … “グローバリズムは民主主義の否定”の続きを読む


1%が支配するグローバリズム世界2018/01/26

昨日(25日)、日経平均株価が続落しました。 23,750.65円で始まった日経平均は、一時は23,828.4円の高値をつけたものの、ムニューシン米国財務長官の発言を受けて円高が進んだことから、終値は前日比271.29円安の23,669.4円で引けました。 ムニューシン米国財務長官の発言とは「ドル安は貿易にとって好ましい」というものでした。 当然、為替市場はトランプ政権が「ドル … “1%が支配するグローバリズム世界”の続きを読む


財政健全化という副産物2017/08/05

TPP議論が盛んだったころ、「輸出依存度の高い日本には多角的な貿易協定が必要だ」とか、「閉鎖的な日本市場をもっと開放し世界に打って出るべきだ」とかいう、いかにもイメージ先行の軽薄論をよく耳にしました。 こうした手合いは、たいていの場合、ワイドショーかニュース番組などで聞きかじったことに自分のイメージを加えて適当に発言しているだけです。 要するに、まじめに政治のことなんか考えたこ … “財政健全化という副産物”の続きを読む


円安のデメリット2017/02/21

現在、日本銀行が行っている金融緩和は、デフレ脱却を目的としています。 というか、常識的に考えてそのはずです。 けっして日本の輸出産業を有利にするために為替操作をしているわけではありません。(金融緩和は円安圧力) しかしながら、金融緩和を行ったところで、それに加えて「政府の財政出動」をも伴わなければ需要の不足は埋まらずデフレ脱却は実現できません。 その「財政出動」について、安倍政 … “円安のデメリット”の続きを読む


政治・経済に疎い経団連2017/01/24

ネオリベラリズム = 新自由主義。 ジョージ・ソロスは、これをマーケットファンダメンタリズム(市場原理主義)と言いました。 新自由主義も市場原理主義も、要するに次のような考え方です・・・ 政府(行政)は常に小さいほうがいい。 だから民営化、自由化、規制緩和は常に正しい。 小さな政府の財政は、常に収支均衡(緊縮財政)でなければならない。 デフレだからと言って、財政出動するなどけし … “政治・経済に疎い経団連”の続きを読む


TPPを「経済連携」と訳すのは間違い2017/01/18

昨年末(平成28年12月27日)に総務省から発表された直近(平成28年11月速報値)の実質消費支出(二人以上の世帯)は前年同月比で「-1.5%」でした。 9ヶ月連続でマイナスです。 デフレで家計の所得(実質賃金)が増えないわけですから、消費支出が増えるわけもありません。 消費支出が増えなければ物価も上がらず、物価が上がらないから所得(実質賃金)も上がらない。 これがデフレスパイ … “TPPを「経済連携」と訳すのは間違い”の続きを読む