〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



日本経済を象徴する二つの記事2018/07/02

昨日(7月1日)の日本経済新聞に、象徴的に関連している二つの経済記事が掲載されていました。 一つ目は、日銀が来年度(2019年度)の物価の見通しを下方修正し、金融緩和は長期化するだろう、という記事。 二つ目は、国内銀行の対外債権残高が過去最高を記録した、という記事。 『日銀、19年度物価見通し下方修正へ 緩和は長期化 https://www.nikkei.com/article … “日本経済を象徴する二つの記事”の続きを読む


悪化が良貨を駆逐する経済番組2018/06/25

つい2、3日前、BS7チャンネル『日経プラス10』という経済ニュース番組を観ていましたら、FRB(米国連邦準備制度理事会)のパウエル議長が世界的な物価停滞の理由を「労働生産性の伸び悩みによって賃金が上昇しなこと」と発言した、と報じていました。 「それだけが原因ではないにしても、それはそのとおりっ!…」と思ってTVを観ていましたら、そのパウエル議長の発言を真っ向から否定する解説者 … “悪化が良貨を駆逐する経済番組”の続きを読む


訊いてみたい、茂木大臣の物価論2018/02/04

お線香でお馴染みの茂木大臣が、2月2日に行われた閣議後の記者会見で「2%の物価目標に到達することができないのには様々な要因がある」と述べられました。 『物価目標未達成、さまざまな要因ある=茂木経済再生相 https://jp.reuters.com/article/motegi-price-target-idJPKBN1FM056 茂木敏充経済再生担当相は2日の閣議後会見で、日 … “訊いてみたい、茂木大臣の物価論”の続きを読む


日銀総裁の責任を問う前に…2018/01/12

1月9日に厚生労働者から発表された昨年11月の実質賃金(速報値)は、「きまって支給する給与」が再びマイナスになりました。 上のグラフのとおり、一昨年の9月以降、実質賃金は一度もプラスに転じたことがありません。 金融経済において株価や地価がどんなに上がろうとも、実体経済において実質賃金が上昇しないかぎり、国民が景況感や豊かさを実感することはありえません。 昨日のブログでも掲載しま … “日銀総裁の責任を問う前に…”の続きを読む


デフレ下における物価と給与の変動率2018/01/10

1980年代に英国ではサッチャー首相が、米国ではレーガン大統領が進めた新自由主義(ネオリベラリズム)に基づく悪魔のごとき構造改革を、我が国は1990年代からはじめました。 ネオリベラリズムに基づく構造改革の3本柱は… ① 緊縮財政(借金返済を優先) ② 規制緩和・自由化・民営化 ③ 自由貿易(関税及び非関税障壁の撤廃) …です。 例えば1990年には、いわゆる日米構造協議によっ … “デフレ下における物価と給与の変動率”の続きを読む


政府支出を消費しているのは政府でなく国民2017/07/08

昨日(7月7日)、厚生労働省から5月の実質賃金の速報値が発表されました。 5月の実質賃金(きまって支給する給与)の対前年比は、0.1%でした。 早速、時系列でグラフ化してみました。 昨年の10月以降、明らかなマイナス水準です。 実質賃金は、名目賃金(額面の賃金)を消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)で除して算出されています。 なぜなら、どんなに名目賃金(額面の賃金)が上昇 … “政府支出を消費しているのは政府でなく国民”の続きを読む