〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



年々、貧しくなっていく日本国民2018/08/10

実質消費支出とは、1つの世帯(家計)が、食費や住居費などのいわゆる「生活費」に1ヶ月間でどれだけ支出(消費)したのかを示す統計指標です。 「実質」というのは、要するに「物価変動分の影響を除いた数値」と解釈して頂ければと思います。 物価変動分の影響が含まれてしまうと、どうしても実態が把握できないので、こうした統計では必ず物価変動分の影響を取り除いて実質値を割り出します。 例えば、 … “年々、貧しくなっていく日本国民”の続きを読む


デフレ期の消費税増税などあり得ない2018/03/16

本日は、川崎市議会(平成30年第一回定例会)の最終日です。 最終日の今日、私は『消費税の増税中止を求める意見書(案)』(意見書案第7号)を11名の市議会議員さんとともに共同提案し、また提案者の皆さんを代表して提案説明させて頂く予定です。 地方議会は当該自治体の公益に関する事案について、国会または関係官庁に対して意見書を提出することが地方自治法第99条によって認められています。 … “デフレ期の消費税増税などあり得ない”の続きを読む


憲政史上ワースト1ばかり「内閣」2017/07/01

昨日(6月30日)、総務省から発表された家計調査によれば、実質消費支出がまたまたマイナスでした。 消費支出は1世帯当たり283,056円で、前年同月比で実質0.1%の減少です。 実質消費とは、物価変動分の影響を除いた消費支出の実質額のことで、例えばどんなに給料が上がっても、それ以上に物価が上昇すると実質賃金は下落していることになります。 逆に、給料が下がっても、それ以上に物価が … “憲政史上ワースト1ばかり「内閣」”の続きを読む


実質消費は、19ヵ月連続のマイナス2017/05/07

フランスでは、本日いよいよ大統領選挙の決選投票(投開票)が行われます。 直前の世論調査では、親EU(親グローバリズム)のエマニュエル・マクロン前経済相が優勢のようです。 どこの国でも、反グローバリズムや移民の受け入れ制限を訴える政党は極右扱いされ、得票が伸びないような偏向報道がなされています。 例によって、グローバリズムの欺瞞を訴える国民戦線のマリーヌ・ルペン氏は苦戦しているよ … “実質消費は、19ヵ月連続のマイナス”の続きを読む


実質消費支出、3年連続のマイナス2017/02/19

2月17日、総務省から『家計調査』の結果が発表されました。 『家計調査』は、その名のとおり家計収支の実態を把握するためのものです。 統計法という法律を根拠にして毎月行われていて、国の経済政策立案のために必要な基礎資料の提供もその目的に含まれています。 調査は立派なのですが、国の経済政策立案には全く活かされていないのが残念です。 注目の2016年(年平均)の実質消費ですが、増減率 … “実質消費支出、3年連続のマイナス”の続きを読む