〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



デフレ内閣による国民の貧困化2017/10/20

国の経済政策の立案に活かすため、総務省は家計収支の実態を把握する『家計調査』という統計をとっています。 この『家計調査』によって、家計の「消費支出」が把握できます。 「消費支出」とは、日常の生活を営むにあたって必要な商品やサービスを購入して実際に支払った金額をいいます。 なので消費支出とは、いわゆる生活費のことですね。 その「消費支出」から物価変動分の影響を除いたものを「実質消 … “デフレ内閣による国民の貧困化”の続きを読む


内部留保課税は私有財産権の侵害2017/10/07

希望の党が「消費税凍結と内部留保の社会還元」を公約に掲げています。 公約をよく読んでみますと、「消費増税(8%→10%)を凍結するとともに、300兆円の大企業の内部留保に課税することによって、配当機会を通じた株式市場を活性化性化し、雇用を創出し、設備投資の増加をもたらす」と明記されています。 ですが… 内部留保への課税 ⇒ 株式市場が活性化 ⇒ 雇用創出 ⇒ 設備投資の増加 … … “内部留保課税は私有財産権の侵害”の続きを読む


キットカットとデフレ2017/08/14

スイスのヴヴェイに本社を置く世界最大の食品・飲料会社、Nestlé(以下「ネスレ」)。 ネスレといえば、日本でもお馴染みのチョコレート「キットカット」が有名です。 キットカットが日本に上陸したのは1973(昭和48)年ですが、当時は未だネスレからの発売ではありませんでした。 ネスレがロントリー社の株式を取得することで、キットカットを引き継いだのは1988(昭和63)年のことです … “キットカットとデフレ”の続きを読む


デフレ産業が欲する低賃金奴隷2017/08/06

去る8月4日に厚生労働省から発表された6月の実質賃金は、 現金給与総額(ボーナス等を含む) -0.8% きまって支給する給与(基本給) -0.1% …とのことです。 現金給与総額の落ち込みも酷いものですが、きまって支給する給与のほうは今年に入って6カ月連続のマイナスになってしまいました。 上のグラフをみますと2016年の9月まで実質賃金が上昇しているようにみえますが、これは物価 … “デフレ産業が欲する低賃金奴隷”の続きを読む


経済成長と人口増減に因果関係はない2017/07/21

本日(7月21日)、厚生労働省から5月の実質賃金(確報値)が発表されました。 速報値ではプラス0.1%とされていましたが、確報値は下方修正されマイナス0.1%とのことです。 昨年4月から時系列でみますと、下のグラフのとおりになります。 賃金を貨幣額そのままで、いわゆる額面で表したものを「名目賃金」と呼びます。 一方、この名目賃金を消費者物価指数で割ったものを「実質賃金」といいま … “経済成長と人口増減に因果関係はない”の続きを読む


政府支出を消費しているのは政府でなく国民2017/07/08

昨日(7月7日)、厚生労働省から5月の実質賃金の速報値が発表されました。 5月の実質賃金(きまって支給する給与)の対前年比は、0.1%でした。 早速、時系列でグラフ化してみました。 昨年の10月以降、明らかなマイナス水準です。 実質賃金は、名目賃金(額面の賃金)を消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)で除して算出されています。 なぜなら、どんなに名目賃金(額面の賃金)が上昇 … “政府支出を消費しているのは政府でなく国民”の続きを読む


実質賃金5ヵ月連続でマイナス - 歪められる報道 -2017/06/24

昨日(6月23日)、厚生労働省から4月の実質賃金(確報値)が発表されました。 それを伝える日本経済新聞の記事を読みますと、現実を正しく報道しようという姿勢が全く感じられません。 『実質賃金4月横ばい 毎月勤労統計確報 http://ryusuke.sakura.ne.jp/wordpress/wp-admin/post-new.php 厚生労働省が23日発表した4月の毎月勤労統 … “実質賃金5ヵ月連続でマイナス - 歪められる報道 -”の続きを読む


働けど働けど…2017/06/09

昨日(6月8日)、内閣府から1-3月期のGDP統計の2次速報値が発表されました。 内閣府の発表によると… 実質GDP 対前期比 +0.3% 名目GDP 対前期比 ▲0.3% GDPデフレーター(物価の変動値) 対前期比 ▲0.5% ご覧のようにGDPには、名目値と実質値があります。 名目は、金額でみたGDPですので、物価変動分が含まれます。 実質は、数量でみたGDPですので、物 … “働けど働けど…”の続きを読む


デフレ脱却こそ最大の待機児童対策2017/04/25

私の地元(川崎市多摩区)に、『登戸ゆりのき保育園』という新たな保育所が新設されました。 定員は80名(認可保育所としては中規模)、場所は川崎信用金庫(登戸支店)のビル内です。 川崎市は、2014年3月に同信用金庫との間に待機児童解消への支援を含む「包括連携協定」を結んでいて、同信用金庫の登戸支店の建て替えに合わせて保育所を整備することになっていました。 保育所は鉄筋の建物の4階 … “デフレ脱却こそ最大の待機児童対策”の続きを読む


原油輸入額の推移から景気をみる2017/02/07

珍しく日本経済新聞が実質賃金についてまともな報道をしています。 『16年の実質賃金5年ぶり増 プラス0.7%、物価下落が影響 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF05H0E_W7A200C1000000/ 厚生労働省が6日発表した2016年の毎月勤労統計調査(速報値)によると、物価変動の影響を除いた16年通年の実質賃金は前年から0.7%増 … “原油輸入額の推移から景気をみる”の続きを読む