〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



亡国に突き進む日本2018/11/29

わずか15時間程度の審議により衆議院で可決された「出入国管理法改正案」は、そのスピードを弱めることなくするすると参議院でも可決・成立する見通しです。 総理は「移民じゃない」というけれど、例えば特定技能2号は家族の帯同が可能で、かつ永住も可能なのですから、これを「移民政策ではない」というのはかなり無理があります。 「特定技能2号については当初は受けれいない」といっても、特定技能1 … “亡国に突き進む日本”の続きを読む


日本の地域医療を米国化させるな!2018/11/26

11月22日に発表された10月の消費者物価指数(前年同月比)は… 生鮮食品を除く総合=コアCPI 1.0% 食料(種類を除く)及びエネルギーを除く総合=コアコアCPI 0.2% …でした。 さて今日は、私の議員としてのライフワークでもある「地域医療」について取り上げさせて頂きたいと思います。 今から3年前の話になりますが、2015年6月10日付けの日本経済新聞に衝撃的な記事が掲 … “日本の地域医療を米国化させるな!”の続きを読む


低賃金労働者を必要とする人たち2018/11/19

「これからはグローバル化の時代だ…」 これは、1990年代あたりからしきりに言われ続けてきた言葉です。 その後も「グローバル化に取り残されてはならない…」と言われ続け、はや30年ちかくが経ちました。 グローバル化を善とする思想…いわゆる「グローバリズム」です。 グローバリズムとは、国境の垣根を低くしてヒト、モノ、サービス、カネの移動の自由を最大化することです。 私流に定義すると … “低賃金労働者を必要とする人たち”の続きを読む


資本主義を知らない、あるジャーナリスト2018/11/06

田崎史郎というジャーナリストがいます。 “外国人労働者の受け入れ問題”を取り上げていた今朝のTV番組で「日本は生産年齢人口が減るから外国人労働者を受けれなければならない」「安倍総理はまちがっていない」と、いかにも自信なさげに解説していました。 (自信がないのなら、止せばいいのに…) 田崎氏の意見に対し、今朝の番組コメンテーターは結構まともな意見で反論していました。 「例えば賃金 … “資本主義を知らない、あるジャーナリスト”の続きを読む


外資依存の日本でいいのか2018/05/18

4月9日から4月13日までの東証第一部総売買代金(委託内訳)をみますと、その74%を海外投資家による売買が占めています。 今や、日本の株式市場における外資の売買シェアが70%超と、投資家別で最大になっています。 外資は、円高になればその割高感から株式を売り、円安になればその割安感から株式を買います。 現在の日経平均株価は、そのようにして外資に揺さぶられ続けています。 本来、政府 … “外資依存の日本でいいのか”の続きを読む


移民政策がもたらすもの2018/04/25

第二次安倍政権発足以降、外国人労働者は約60万人増え(2017年末時点)、昨年だけでも約20万人も増えており130万人に達する勢いでした。 在留外国人数についても、2017年6月時点において既に300万人を超えています。 国連人口部の定義によれば、「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」を「移民」と言います。 またOECD(経済開発協力機構)による「移民」の定義は … “移民政策がもたらすもの”の続きを読む


生産年齢人口比率の低下はピンチじゃない、チャンスだ!2017/07/23

人口の減少をもって日本の国力の衰退を主張する無責任な人たちがおられます。 どうして無責任なのかというと、たいていの場合この種の人たちは「国力」とは何か、あるいは「衰退」とは何かを具体的に定義しないままアバウトに発言するからです。 それに、「国力」を「経済成長率」、「衰退」を「経済成長率の低下」と仮に定義するならば、人口減少が国力を衰退させる、という考えは非科学的です。 その根拠 … “生産年齢人口比率の低下はピンチじゃない、チャンスだ!”の続きを読む


出産と診療は日本で…!?2017/03/01

デフレ経済の常態化で、今やエンゲル係数が過去最高水準を記録するまでに至っています。 継続的な需要不足によって物価と所得が相乗的に縮小していくのがデフレです。 デフレが続けば続くほどに、健康保険や年金などの社会保障、あるいは各種の納税が重く国民にのしかかります。 各基礎自治体によって運営されている国民健康保険の会計も年々厳しくなっています。 デフレが解消され、日本経済が成長軌道に … “出産と診療は日本で…!?”の続きを読む


自虐史観が日本の医療システムをも蝕む2017/01/31

自虐史観・・・ これが戦後日本の政治を蝕んできました。 いま尚、そうです。 ネット等が普及して、今でこそ多くの人々が堂々と自虐史観の誤りを指摘するようになりましたが、つい10年くらい前までは我が国の近代史を誇るような発言をしたとたんに「極右」呼ばわりされたものです。 その自虐史観は歴史問題のみならず、経済問題についても同様です。 例えば、代表的なのは・・・「人口が減少する日本は … “自虐史観が日本の医療システムをも蝕む”の続きを読む


偏向的なくせに「迷える番組」2017/01/08

日曜日の朝、何気なくテレビの電源を入れたら、TBS『サンデーモーニング』だった、ということがよくあります。 本日もそうで、年が明けて「初不愉快」を感じました。 私の長年の印象ですが、この番組ほど偏向的な報道もめずらしい。 番組の特徴として、まず一定の結論ありきで、そこに誘導するように巧みに番組の流れをもっていきます。 その演出は絶妙で、いかにも「暗~い」イメージを印象付ける音楽 … “偏向的なくせに「迷える番組」”の続きを読む