〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



全国無知知事会2018/09/01

我が国では、生産年齢人口(15~64歳人口)比率の低下から、人手不足が進んでいます。(景気が良いからではない) とりわけ、農業、介護、建設、宿泊、造船の5業種において人手不足が深刻です。 本来、人手不足は生産性向上のための官民合わせた各種投資によって克服されるべきところですが、残念ながら6月15日に閣議決定された「骨太の方針2018」でも明らかになっているように、政府は外国人労 … “全国無知知事会”の続きを読む


「人口こそ国力だ」は嘘2018/08/27

よく「人口こそ国力の源だ」という人がおられます。 そういう人は必ず「人口が減少する日本は国力が衰退する。だから外国人移民を入れろ」と言う。 はて…? もしも本当に「人口=国力」であるなら、人口爆発が問題となっているアフリカ諸国のほとんどが先進国になっていなければならないし、巨大人口を抱えているインドや中国などはとっくの昔に先進国となって英米に先駆けて覇権国になっていたはずです。 … “「人口こそ国力だ」は嘘”の続きを読む


ヒトや技術を大切にしない国2018/08/23

去る8月21日、OECDが「研究開発費の政府負担率」データを更新しました。 早速、G20に名を連ねる国々を抽出しグラフ化してみました。 残念ながら、日本はG20の中で最下位です。 因みに我が国の「特許取得件数」をみますと、下のグラフのとおり2012年以降は頭打ちとも言える状況です。 「国力」という言葉がありますが、真の国力とはモノやサービスを生産する力のことです。 むろん、自国 … “ヒトや技術を大切にしない国”の続きを読む


正気の沙汰とは思えない「受け入れ策」2018/05/30

正気の沙汰とは思えない、外国人労働者の受け入れ策(原案)が示されました。 安倍政権は、2025年ごろまでに人手不足に苦しむ分野(建設業や農業など5分野)において、なんと50万人超の外国人労働者を受けれるという恐ろしい計画を立ています。 『外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO311034 … “正気の沙汰とは思えない「受け入れ策」”の続きを読む


所得分配の不平等2018/02/19

本日はジニ係数について。 ジニ係数は、その国における所得分配の不平等さを測る指標です。 この指標を考案したのはコッラド・ジニというイタリアの統計学者で、ジニさんが考案した係数なので「ジニ係数」といいます。 ざっくり言うと、所得の累積比率を縦軸に、人数の累積比率を横軸にしてローレンツ曲線なるものを算出し、そのグラフの45度線を完全平等社会(全員の所得が全く同じ状態)を表す累積分布 … “所得分配の不平等”の続きを読む


お線香だけじゃぁ…2018/02/03

経済再生担当大臣が気前よく“お線香”を配りたくなっちゃうほどに、どうやらアベノミクスはうまくいっているらしいのですが、でもそれは日銀による量的緩和で円安が進んだことにより輸出産業を中心に業績が上がっているに過ぎません。 業績が上がっているといっても、あくまでも為替差益による額面価値の変更であって、生産量そのものが飛躍的に増えているわけではありません。 しかも、その利益の多くは内 … “お線香だけじゃぁ…”の続きを読む


脱グローバリズムのモデル国家2017/08/09

グローバリズムとは、ヒト・カネ・モノの国境を越えた移動の自由を「善」とする思想でありシステムのことです。 それを大規模かつ本格的に実践したのがEUです。 EUには、国境検査なしで国境を越えることをお互いに認め合おうという協定があります。 いわゆるシェンゲン協定です。 あるいはダブリン協定という協定もあって、EU域内に難民が入ってきた場合、最初に入った国(EU加盟国)で申請手続き … “脱グローバリズムのモデル国家”の続きを読む


もしも国土を動かせるものなら…2017/04/14

何日か前のエントリーで、我が国の外国人労働者数が既に100万人を突破している旨をとり上げさせて頂きました。 巷では「安倍内閣は保守政権」と言われているそうですが、あの民主党政権時代など比較にならないほどの勢いで安倍政権は外国人労働者を受け入れています。 昨年だけでも前年比2割増です。 安倍総理によれば「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去った」(2013年9月25日、ニューヨ … “もしも国土を動かせるものなら…”の続きを読む


理念条例には必ず「国家解体思想」が組み込まれている2017/03/26

1990年代の後半あたりから、我が国の地方行政に「理念条例」なるものが蔓延りはじめました。 理念条例とは、簡単にいうと例えば中学生の生徒手帳に書いてあるような綺麗ごとが並べたてられ、それを条例化(法制化)したものです。 そこには、一見、誰もが否定しがたい巧言(綺麗ごと)が書き連ねられています。 典型的な理念条例として… 『自治基本条例』 『議会基本条例』 『子供の権利条例』 … … “理念条例には必ず「国家解体思想」が組み込まれている”の続きを読む


属国根性の開国論2017/03/20

開いているように見せつつも、実は開いていないのが覇権国根性。 対して、既に開いているのにもかかわらず、更に開こうとするのが属国根性。 TPP問題をはじめ、ここのところ盛んに行われている自由貿易絶対論は、そのことを強く感じさせます。 竹中平蔵氏あたりに「TPPは自由貿易だからやるんですぅ~」と言われると… 「そうかぁ、自由貿易ならTPPをやらなきゃぁ~」と、つい納得してしまうお○ … “属国根性の開国論”の続きを読む