〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



君が代記念日2017/08/12

本日(8月12日)は、君が代記念日です。 1893(明治26)年のこの日、文部省により「君が代」が小学校の儀式用の唱歌とされました。 もともとは西郷隆盛公の従弟にあたる大山巌元帥が、天皇陛下が臨席する儀式用の歌としてこれを選んだのがはじまりです。 正式に法制化されたのは1999(平成11)年で、つい最近のことです。 とはいえ、べつに法律で定められなければ国歌ではない、ということ … “君が代記念日”の続きを読む


半島の地政学的リスク2017/06/15

一説によると、半島情勢は、いずれ韓国が北朝鮮に吸収合併(合邦)される方向で進んでいるとも言われています。 なんでも文在寅大統領がそれを望んでいるのだとか。 真偽のほどは解りませんが、もしもそれらが事実であったとするならば、という前提で以下述べます。 文在寅大統領の真意など知る由もない韓国の大衆の多くは、南北統一に向けたシナリオがあるとすれば、経済力の強い韓国が、経済力の弱い北朝 … “半島の地政学的リスク”の続きを読む


グローバリズムとデフレとレント・シーキング2017/06/07

森友学園、加計学園、共謀罪… 今の国会をみていますと、あまりにも非建設的な批判と弁解が繰り返されるばかりで、与野党ともに何の提言も展望も示すことができません。 それは国際政治でも同様で、ロンドンでISのテロが再び発生しましたが、これに対して「断じて許さない」と批判するだけで何もできない。 空しい言葉だけで何もできない、という点では北朝鮮問題でも同じです。 我が国政府は「国際機関 … “グローバリズムとデフレとレント・シーキング”の続きを読む


正しい報道は数字だけか…!?2017/04/29

今朝ほど、北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました。 時事通信の報道によると韓国軍合同参謀本部は失敗と認定しているようですが、このブログを書いている段階(Am9:40)での日本政府の発表は「成功か失敗かを確認中」とのことです。 『北朝鮮のミサイル発射、失敗か=「数秒で爆発」と韓国軍 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042900248& … “正しい報道は数字だけか…!?”の続きを読む


あのオーストラリアまでもが2017/04/19

グローバリズムとは、カネ・モノ・ヒトの国境を越えた移動の自由を最大化すること。 人類史上、グローバリズムの時代は二つしかありません。 第一次グローバリズム時代は、1820年代から1919年まで。 第二次グローバリズム時代は、1950年代から現在まで。 グローバリズムは覇権国が国際平和を主導してはじめて成立するものです。 そうでないと、おちおち国境を越えることなどできません。 第 … “あのオーストラリアまでもが”の続きを読む


北朝鮮危機は続く2017/04/17

昨日(4月16日)、北朝鮮がミサイルを発射しました。 しかし、ICBM(大陸間弾道ミサイル)ではなく、中距離弾道ミサイルだったとのこと。 しかも、失敗。 うーん!?、おそらくは北朝鮮による「故意の失敗」ではなかろうか。 国際政治は各国の「威信=dignity」によって成り立っています。 米朝双方の威信さえ保たれれば、軍事衝突なしに危機が回避される可能性は高まります。 北朝鮮にと … “北朝鮮危機は続く”の続きを読む


もしも国土を動かせるものなら…2017/04/14

何日か前のエントリーで、我が国の外国人労働者数が既に100万人を突破している旨をとり上げさせて頂きました。 巷では「安倍内閣は保守政権」と言われているそうですが、あの民主党政権時代など比較にならないほどの勢いで安倍政権は外国人労働者を受け入れています。 昨年だけでも前年比2割増です。 安倍総理によれば「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去った」(2013年9月25日、ニューヨ … “もしも国土を動かせるものなら…”の続きを読む


退潮する米国でも「集団安保体制」は続く2017/04/12

昨日(4月11日)、北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)第13期第5回会議が開かれました。 4月15日に予定されている故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日に、平壌政府がどのような軍事的行動をとるのかが注目されます。 米国は空母機動部隊(最近では空母打撃群というらしい)を派遣し、北朝鮮にプレッシャーをかけています。 因みに、米国の空母1隻の攻撃能力は、世界の空軍力の7割を上回 … “退潮する米国でも「集団安保体制」は続く”の続きを読む


我が国のミサイル防衛の現実2017/04/11

先日の米国によるシリアへの空爆は「北京政府が北朝鮮の核開発阻止に協力しなければ、米国が独自に行動する用意がある」というトランプ大統領の習近平国家主席への警告だったと報道されています。 それに対し北朝鮮外務省は8日の談話で「一部にはシリアに対する米国の軍事攻撃が我々に対する警告的行動であると騒いでいるが、そんなことに驚く我々ではない」と米国の威嚇を一蹴しました。 更に11日未明に … “我が国のミサイル防衛の現実”の続きを読む


具体性なき安全保障戦略2017/04/10

北朝鮮情勢の緊迫が続いています。 また彼の国にとって、今月は各種記念日のオンパレードです。 まず4月11日は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最高指導者就任5年目の記念日。 次いで4月15日は、建国の父・金日成(キム・イルソン)生誕105周年記念。 そして4月25日は、朝鮮人民軍創設85周年記念です。 これまでのパターンですと、記念日の節目にあたり核実験やミサイルの … “具体性なき安全保障戦略”の続きを読む