〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



生産性を高める政策2018/07/08

日本経済新聞が次のような記事を掲載しています。 『人手不足、先進国で成長の壁 生産性向上が課題 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32740710X00C18A7SHA000/ 先進国で失業率が下がっているのに、賃金がなかなか上がらない。背景にあるのが、人手不足が足かせとなって経済の活力が落ちる供給側の要因だ。企業は成長への期待を失えば、 … “生産性を高める政策”の続きを読む


実質賃金を低迷させている「株主資本主義」2018/05/12

野田聖子総務大臣が、ロイターのインタビューに対し次にように応じています。 1.金融政策について… 「マイナス金利のような異次元の金融緩和政策は、長く続けてはいけない」 2.日銀が物価目標を設定することについて… 「物価2%ありきではなく、経済の回復ありきの2%という原理原則に戻したほうがいいのではないか」「成長のためには個人消費が鍵となり、個人消費拡大には賃金上昇が重要だ」 は … “実質賃金を低迷させている「株主資本主義」”の続きを読む


都合の悪い統計を無視する政府2018/03/18

実質賃金は、国民の「豊かさ」を示す代表的指標といっていい。 3月9日に厚生労働省から発表された1月の実質賃金(きまって支給する給与)は、なんと -1.4%(速報値)という極めて衝撃的な数字でした。 下のグラフのとおり、一昨年(2016年)の9月以降、実質賃金(きまって支給する給与)は一度もプラスに転じたことがなく、ただただ下がり続ける一方です。 きまって支給する給与、即ち恒常的 … “都合の悪い統計を無視する政府”の続きを読む


労働分配率と株主資本主義2018/03/15

労働分配率は、生産されたモノやサービスに対しての人件費の割合を示す指標です。 即ち、会社の生産するモノやサービスから得られた「新たな所得」のうち、どれだけ人件費に分配されたかを示します。 もっとざっくばらんに言えば「日本全体で、企業の儲けがどれだけ人件費に回されたのか」です。 内閣府によれば、労働分配率の推移は下のグラフのとおりです。 労働分配率には、いくつかの定義があります。 … “労働分配率と株主資本主義”の続きを読む


最も割を食うのは若者世代2017/10/24

テレビや新聞、とりわけワイドショーは相も変わらず、どこの党とどこの党がくっつくだの、スキャンダル議員が再選しただの、小池人気がどうのこうのと、どうでもいい話しに終始していますが、そうした下世話な話しは極力…無視。 このブログでは、あくまでも低俗な政局ではなく現実的な政治(政策)について、濃い内容を取り上げていきたいと思っています。 本日は、雇用について…特に若者の雇用について。 … “最も割を食うのは若者世代”の続きを読む


長期金利が再びマイナス化2017/09/02

長期金利が再びマイナスになりました。。 長期金利の基準は、政府が新たに発行する10年物国債の利回りです。 なぜ、政府が発行する長期国債が長期金利の基準になるのでしょうか。 それは、政府が借金をするときの借用証書こそが、まさに「国債」だからです。 政府という日本で最も信用度の高い相手におカネを貸すのですから、その利回りは日本で最も低くてよいと考えられており、ゆえに国債金利(新発1 … “長期金利が再びマイナス化”の続きを読む


「構造改革」再考2017/04/23

松下政経塾とは、パナソニックの創業者である松下幸之助氏が設立した、未来のリーダーを育成することを目的にした公益財団法人だそうです。(出典:松下政経塾HP) 設立以来、松下政経塾から輩出された政治家は多く、現職の衆議院議員だけでも次のとおりです。(敬称略で失礼します) 逢沢一郎(自民党)、野田佳彦(民進党)、松原仁(民進党)、鈴木淳司(自民党)、原口一博(民進党)、伊藤達也(自民 … “「構造改革」再考”の続きを読む


ブラック企業2016/12/26

電通の新入社員だった高橋まつりさんが過労のために自殺されてから、本日で1年を迎えるのだそうです。 私は、企業をブラック化させている最大の理由は、①デフレと、②株主資本主義にあると考えております。 物価と所得(特に実質賃金)が相乗的に縮小していくデフレ期には、低価格・高付加価値のモノやサービスでなければ売れません。 いや、高付加価値というよりも、内閣官房参与の藤井聡先生がご指摘の … “ブラック企業”の続きを読む


モノ言う株主様2016/12/03

日本にはかつて「企業は社会の公器である」と言われていたまともな時代があります。 それが1990年代ごろから「企業は株主のものである」に変貌して現在に至っています。 例えば、主流派経済学の新古典派経済学は、マイケル・ジェンセン(シカゴ大学)の提唱した『エージェンシー理論』にみられるように株主主権を執拗なほどに重視します。 そんな風潮が蔓延って、村上ファンドの社長さんが「俺はモノ言 … “モノ言う株主様”の続きを読む


滑稽な総理の賃上げ要請2016/11/17

政府が経済界(経営側)に賃上げを要請する、いわゆる官製春闘が4年目を迎えました。 2013年9月に首相官邸が主催して、政府・経済界・労働界の合意形成を図る「経済の好循環実現に向けた政労使会議」の第1回が開催されたのがはじまりだったかと思います。 安倍総理は今年も経済界に賃上げ要請をする模様です。 『「官製春闘」首相正念場に 景気、賃上げ頼み http://www.nikkei. … “滑稽な総理の賃上げ要請”の続きを読む