〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



「終わりの始まり」が始まった2018/12/08

8日未明、改正出入国管理法が成立しました。 『改正入管法が成立、外国人材受け入れ拡大 来年4月施行 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38705720Y8A201C1000000/?nf=1 政府・与党が今国会の最重要法案と位置づけてきた改正出入国管理法が8日未明の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。(後略)』 この … “「終わりの始まり」が始まった”の続きを読む


亡国に突き進む日本2018/11/29

わずか15時間程度の審議により衆議院で可決された「出入国管理法改正案」は、そのスピードを弱めることなくするすると参議院でも可決・成立する見通しです。 総理は「移民じゃない」というけれど、例えば特定技能2号は家族の帯同が可能で、かつ永住も可能なのですから、これを「移民政策ではない」というのはかなり無理があります。 「特定技能2号については当初は受けれいない」といっても、特定技能1 … “亡国に突き進む日本”の続きを読む


中央支援学校を視察2018/11/23

昨日(11月22日)はJR南武線の稲田堤駅頭に立った後、川崎市立の中央支援学校(養護学校=特別支援学校)を視察させて頂きました。 ご承知のとおり養護学校とは、知的障害者、肢体不自由者または病弱者に対して幼稚園、小学校、中学校、高等学校に準ずる教育を施し、障害を補うための知識や技能を授けることを目的にした学校です。 都道府県に養護学校の設置義務が課せられたのは1979(昭和54) … “中央支援学校を視察”の続きを読む


未来を見据えた小栗、目先しか見えない総理2018/10/26

24日から第197臨時国会が開会されました。(会期は12月10日までの48日間) 今国会では、西日本豪雨や北海道地震に対応するための2018年度第1次補正予算案が審議されるほか、外国人労働者の受け入れを拡大するための出入国管理法改正案が一つの焦点になります。 出入国管理法の改正は、明かな「移民政策」です。 政府の骨子案(新たな在留資格)によれば、介護、農業、建設、外食など14の … “未来を見据えた小栗、目先しか見えない総理”の続きを読む