〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



論より証拠2017/09/11

ブルームバーグによれば、今週(11日~15日)の債券市場は、長期金利がマイナス幅を拡大することが予想されているとのことです。 その理由として、米欧金利の先高観後退、北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりから円高圧力が掛かりやすく、市場ではそのことが債券の買い手掛かりになるであろう、というわけです。 念のため申し上げておきますが、債券利回りがマイナスになるということは、債券そのものの … “論より証拠”の続きを読む


なぜ、世田道「登戸陸橋」拡幅事業は進まないのか2017/08/31

私の選挙区である川崎市多摩区には、都市計画道路世田谷町田線(以下「世田道」)が区域を縦断するように貫かれています。 東京方面から多摩川を渡るとすぐに登戸陸橋という世田道の拡幅整備区間があるのですが、世田道(下り線)をご利用された方なら、多摩川を超えようとした途端に、急にひどい混雑に巻き込まれたご経験が何度もあろうかと思います。 むろん、上り線もまた然りです。 この拡幅整備事業が … “なぜ、世田道「登戸陸橋」拡幅事業は進まないのか”の続きを読む


改めて証明されたインフラ整備の重要性2017/08/20

内閣官房参与の藤井聡先生(京都大学教授)らが、『経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究』により、道路や高速鉄道の整備が国内総生産(GDP)の成長に寄与していることを明らかにされました。 藤井先生らは、欧米の先進各国に比べて交通インフラ整備が低水準にある我が国が経済成長を果たすためには、特に道路・鉄道の質的・量的な拡張への投資が必要であることを指摘されています。 … “改めて証明されたインフラ整備の重要性”の続きを読む


核シェルター機能付き地下街のすすめ2017/08/11

一昨日の8月9日、KCNA(北朝鮮の国営・朝鮮中央通信)は、北朝鮮が太平洋上の米領グアムに対して「火星12」なる中長距離ミサイルでの攻撃を検討していると伝えました。 それを受けてドナルド・トランプ米大統領は、「炎と激怒」で北朝鮮を攻撃すると威圧し、さらに滞在先のニュージャージー州で「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きることになる」(時事通信社) … “核シェルター機能付き地下街のすすめ”の続きを読む


忍びよる量的緩和の強制終了2017/08/07

誰かによって生産されたモノやサービスを、ほかの誰かがおカネを払って購入する。 究極的には、これが実体経済です。 そのとき、購入量が増えることを需要の拡大と言います。 例えば需要の一つである消費の量をみるには、物価の上昇率をみればいい。 なぜなら、物価はモノやサービスの購入量が増えたときに上昇しますので。 そこで、川崎市における6月の消費者物価指数をみますと、前年同月比0.3%で … “忍びよる量的緩和の強制終了”の続きを読む


労働分配率と単位労働コスト2017/07/28

China経済は既にピークを越え、成長率の鈍化から消費需要は低迷したものの、その落ち込みを投資需要で埋め続けてきた結果、今は過剰供給状態になっています。 その過剰供給能力を解消するべく、今度は一帯一路やらAIIB(アジアインフラ投資銀行)やらと新たな戦略を構築し取組みを進めています。 敵ながらあっぱれで、日本も見習うべきです。 さて、China経済はこれまで、その人件費(労働コ … “労働分配率と単位労働コスト”の続きを読む


PBを改善してデフォルトしたギリシャ2017/06/05

今日もしつこく、プライマリー・バランス(以下「PB」)のお話です。 注:PBとは、借金の元利金返済を除いた歳出と税収との差額です。 税収 > 歳出(借金の元利払いを除く) …ならPB黒字! 税収 < 歳出(借金の元利払いを除く) …ならPB赤字! 家計簿的発想からすると、PBは常に黒字であったほうがいい、ということになりますが、地方行政も含めた政府においては必ずしもそうではあり … “PBを改善してデフォルトしたギリシャ”の続きを読む


石原大臣の矛盾発言2017/06/03

石原伸晃経済財政・再生相が、またまた無知をさらけ出しています。 『石原経財相、20年度のPB黒字化目標「位置付け何ら変わらず」 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HSO_S7A600C1000000/ 石原伸晃経済財政・再生相は2日夕、経済財政諮問会議後の記者会見で、2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の黒字化 … “石原大臣の矛盾発言”の続きを読む


量的緩和の限界2017/06/02

本日(6月2日)、日本銀行から5月末時点のマネタリーベースが発表されました。 5月末の残高は455兆9275億円(約456兆円)とのことです。 さっそく、グラフにしました。 マネタリーベースとは、市中に出回っている現金(紙幣+硬貨)と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金残高の合計のことです。 日本銀行が言うところの、いわゆる「資金供給量」です。 前月(4月)末のマネタリーベース … “量的緩和の限界”の続きを読む


川崎の市内経済は再びデフレ化2017/05/15

川崎の市内経済が、再デフレ化しています。 下のグラフは、川崎市における生鮮食品とエネルギーを除いた総合消費者物価指数(コアコアCPI)の前年同月比の推移です。 主要エネルギーを輸入に依存する我が国ではエネルギー価格の変動分を除き、また日常的に購入される生鮮食品の価格変動分をも除いた「コアコアCPI」でインフレ率をみるのが一般的です。 この数カ月の推移をみますと、昨年2月(+0. … “川崎の市内経済は再びデフレ化”の続きを読む