〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



歳出の抑制ではなく、歳入の拡大を2018/03/26

主流派経済学は、おカネというものを、商品を購入するための「交換用商品」とみなしています。 現に、主流派経済学(経済自由主義)の祖師であるアダム・スミスはそう言っています。 要するに、おカネは「モノ」の一つであると。 とごろが、現実の経済では、おカネは「モノ」としてではなく「負債」として流通しています。 ご承知のとおり、私たち日本国民が普段から使っている千円札とか五千円札などに紙 … “歳出の抑制ではなく、歳入の拡大を”の続きを読む


歴史に学ぶ「脅威認識」2018/02/24

いつの時代でも、時の政府が国民のために正しい政策を行うための大前提は、「いま国家にとって何が脅威であるのか」という、政府としての共通認識をもつことだと思います。 我が国にとって誠に苦く辛い経験となった、あの大東亜戦争の敗戦には様々な教訓が刻まれています。 例えば日露戦争までの日本では、政府も陸軍も海軍も常に一体となって共通の敵(脅威)と向き合い、国家組織として和(適材適所)を作 … “歴史に学ぶ「脅威認識」”の続きを読む


ミザリー指数(悲惨指数)2018/02/16

ブルームバーグは、66カ国・地域のインフレと失業の見通しを基にミザリー(悲惨)指数というものを発表しています。 今年(2018年)、経済面で最も惨めな国になると予想されているのは南米のベネズエラで4年連続です。 しかも、ベネズエラの悲惨指数は昨年の3倍に上昇したとのことです。 因みに、2位は南アフリカ共和国、3位はアルゼンチンと続きます。 ここで改めて国力というものを考えさせら … “ミザリー指数(悲惨指数)”の続きを読む


経常収支の黒字を喜ぶ前に…2018/02/08

本日(2月8日)、財務省から2917年の国際収支統計が発表されました。 『経常黒字リーマン後最大 17年21.8兆円、海外配当けん引 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26668550Y8A200C1MM0000/?nf=1 財務省が8日発表した2017年の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を示す経常収支は … “経常収支の黒字を喜ぶ前に…”の続きを読む


訊いてみたい、茂木大臣の物価論2018/02/04

お線香でお馴染みの茂木大臣が、2月2日に行われた閣議後の記者会見で「2%の物価目標に到達することができないのには様々な要因がある」と述べられました。 『物価目標未達成、さまざまな要因ある=茂木経済再生相 https://jp.reuters.com/article/motegi-price-target-idJPKBN1FM056 茂木敏充経済再生担当相は2日の閣議後会見で、日 … “訊いてみたい、茂木大臣の物価論”の続きを読む


増える続ける飲食業の倒産2018/01/21

東京商工リサーチによれば、2017年における「飲食業」の倒産件数は766件となり、前年より約2割増になったとのことです。 750件を上回ったのは3年ぶりで、政府が喧伝している景況感とは裏腹に実体経済の深刻さを象徴しています。 飲食業経営を圧迫しているのは、主として仕入価格の高騰、及び人手不足による人件費増加などのコストアップがあります。 そして何よりもデフレという需要不足、とり … “増える続ける飲食業の倒産”の続きを読む


インフレを知らない新成人たち2018/01/08

本日、川崎市では、「成人の日を祝うつどい」が等々力アリーナで開催されます。 私も来賓としてご案内を頂いておりますので、午後の部にお邪魔する予定です。 川崎市においては、2017年10月1日の時点で 20歳になった市民が15,791人(男性 8,137人 ・ 女性 7,654人)おられます。 総務省の人口推計によれば、今年の新成人人口(1997年生まれ)は、123万人(男性  6 … “インフレを知らない新成人たち”の続きを読む


拡大する銀行カードローン残高2017/12/25

銀行の個人向けカードローンの残高が急増しています。 国内銀行138行の6月末時点の貸出残高は5兆6793億円にまで膨れ上がっています。 銀行カードローンとはいえ消費者金融並みの高金利で、また貸金業法で定められた融資額の制限が適用されていないため、一部報道では多重債務対策の抜け穴になりかねないという指摘もでています。 過剰融資を懸念する声が強まっているのも頷けます。 3月の段階で … “拡大する銀行カードローン残高”の続きを読む


都合よく指標の定義を変えてしまう姑息さ2017/08/25

本日(8月25日)、総務省から消費者物価指数が発表されました。 消費者物価指数とは、モノやサービスなどの価格(物価)がどの程度上がっているのか、あるいは下がっているのかを把握する統計です。 前月と比べてどうか、もしくは前年同月と比べてどうかなど、それぞれ個別の商品ごとに全国各地で調査しています。 消費者物価が継続的に上昇していれば、モノやサービスの購入が盛んになっていることを示 … “都合よく指標の定義を変えてしまう姑息さ”の続きを読む


技術力を疎かにする国…2017/08/17

去る8月8日、財務省から経常収支が発表されました。 2017年上半期における日本の経常収支は10兆5101億円の黒字で、黒字幅はリーマン・ショック以降最大です。 こうした「黒字系!?」のニュースが流れると、なんとなく「日本の景気は上向いているのではないか」と思われる方もおられるでしょうし、これを材料に「景気対策(財政出動)は不必要です」と言いたげな政府(財務省)の思惑も見え隠れ … “技術力を疎かにする国…”の続きを読む