〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



黒字化する行政、赤字化する民間2018/02/21

経済の目的は、国民の所得を増やすことです。 少なくとも、国民の所得や生活安全保障を犠牲にして、グローバル株主の利益を最大化することではありません。 また、株価はあくまでも金融経済(ストック)の世界であり、より重要なのは所得(フロー)を創出するという国民経済の世界です。 国内で稼がれた所得の合計が、いわゆるGDP(国内総生産)です。 所得創出のプロセスは次のとおりです。 誰かが生 … “黒字化する行政、赤字化する民間”の続きを読む


その国の未来を決定するもの2018/02/12

福井県の豪雪災害に続き、広島県の北広島町でも最大積雪量が7年ぶりに2メートルを超えました。 いずれも除雪車がフル稼働しているようですが、積雪量に対する除雪能力が追いていないようです。 それもそのはずで、なにしろ我が国では都市部のみならず、地方においても公共事業を削減し続けては「談合禁止」だの「一般競争入札化」だのと言って、ひたすらに建設業者を痛めつけ、その供給能力を毀損してきた … “その国の未来を決定するもの”の続きを読む


改めて証明されたインフラ整備の重要性2017/08/20

内閣官房参与の藤井聡先生(京都大学教授)らが、『経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究』により、道路や高速鉄道の整備が国内総生産(GDP)の成長に寄与していることを明らかにされました。 藤井先生らは、欧米の先進各国に比べて交通インフラ整備が低水準にある我が国が経済成長を果たすためには、特に道路・鉄道の質的・量的な拡張への投資が必要であることを指摘されています。 … “改めて証明されたインフラ整備の重要性”の続きを読む


家計簿におきかえるのは止めろ!2017/07/19

政府(行政)の財政運営をまるで家計簿のごとく考えてしまう、いわゆる「家計簿ポリティクス」に汚染されている今の日本。 地方行政には徴税権があり、その親会社たる中央政府には徴税権どころか通貨発行権という伝家の宝刀さえもあります。 むろん家計には徴税権もなければ通貨発行権もない。 それを同列に論じてしまう悪しき風潮がまかり通っています。 あるいは、一般個人が金融機関からおカネを借りる … “家計簿におきかえるのは止めろ!”の続きを読む


単年度PB黒字化教団の罪2017/06/21

明日(6月22日)、関係閣僚会議が開かれ、6月の『月例経済報告』が決められます。 日本経済新聞の報道によれば、今回、景気の基調判断が引き上げられるとのことです。 引き上げ理由は、「個人消費が堅調に推移している!? 」ことなのだとか。 よって、基調判断から「一部に改善の遅れもみられる」との表現が削除されます。 政府が基調判断を上げるのは2016年12月以来、6カ月ぶりなわけですが … “単年度PB黒字化教団の罪”の続きを読む


求められる「借金」と「投資」2017/06/14

国がそうであるように、川崎市もまた、やらねばならないインフラ事業への投資がまだまだ控えています。 現在行われている京急大師線の連続立体交差化事業に加え、羽田連絡道路や川崎縦貫道路の第二期、国道357号線、あるいは都市計画道路として宮内新横浜線(目黒通りと結ぶ多摩川の橋梁も含む)があり、世田谷町田線の拡幅事業があり、更には南武線の連続立体交差化事業やら橋上駅舎化事業があり、ゆくゆ … “求められる「借金」と「投資」”の続きを読む


負のスパイラル2017/03/09

昨日(3月8日)の議会質問をご覧頂きました皆様、ありがとうございました。 質問のポイントは、生産年齢(15~64歳)人口が減少していくなかで、いかにして税収を増やし国民福利を充実させていくのか、そして、そのためにやるべきことは既に明白である、という点でした。 川崎市の人口推計では、生産年齢人口のピークは2025(平成37)年となっています。 しかし、生産年齢人口比率という概念で … “負のスパイラル”の続きを読む


公的固定資本形成の対GDP比率2017/01/25

トランプ新米国大統領は、10年間で1兆ドルにおよぶ米国でのインフラ投資を宣言しています。 その期待感から、株価が上昇しています。 『NY株式市場 値上がり 米インフラ投資の実現に期待感 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170125/k10010851941000.html 24日のニューヨーク株式市場は、トランプ大統領が掲げるインフラ投資など … “公的固定資本形成の対GDP比率”の続きを読む


高速道路は既に韓国に負けている2017/01/16

昨日(平成29年1月15日)のブログの続きですが、かつて高度経済成長期の我が国は、公的部門は公共インフラへの投資を飛躍的に伸ばし、民間部門においても設備投資及び技術開発投資を怠ることなく着実な資本が投じられました。 そして何よりも、高度経済成長期の企業は人材を大切にしていました。 国内への各種投資が盛んになり、かつ人材が大切にされたことから、一人当たりの生産性が向上しました。 … “高速道路は既に韓国に負けている”の続きを読む


国力の差はインフラの差
 [ 公的固定資本形成(対GDP比) ]
2017/01/15

国民経済計算(GDP統計)は、その国の経済の全体像を国際比較可能な形で体系的に記録することを目的にしています。 内閣府によると、国連の定めている国際基準(SNA)に準拠しつつ、国民経済計算(GDP統計)の作成基準及び作成方法に基づいて作成されているとのことです。 GDPは、生産面=分配面=支出面の3つの面から成り、統計上それぞれ3つの金額は必ず一致します。 それをGDPの三面等 … “国力の差はインフラの差
 [ 公的固定資本形成(対GDP比) ]”の
続きを読む