Evernoteに保存   

期待されても困る日銀2019/01/30

昨日(1月29日)、政府から『月例経済報告』が発表されました。 『最長景気、円安・財政頼み 先行きにリスク色濃く https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40625210Z20C19A1EA2000/ 政府は29日公表した1月の月例経済報告で、2012年12月から始まった景気回復が「戦後最長となった可能性がある」とした。(後略)』 日本経済新聞 … “期待されても困る日銀”の続きを読む


三年殺しの消費税2019/01/29

日本銀行がマイナス金利政策(短期金利をマイナス0.1%に誘導)を決めてから、本日(1月29日)で3年になるとのこと。 『マイナス金利3年、日銀 次は追加緩和か利上げか https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40561000Y9A120C1EE8000/ 日銀が短期金利をマイナス0.1%に誘導する「マイナス金利政策」を決めてから29日で3年にな … “三年殺しの消費税”の続きを読む


自虐史観、自虐経済観、自虐財政観2019/01/28

先週のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)で、日本銀行の黒田東彦総裁が「高齢化といった人口構成の変化は長期成長率を押し下げ、日銀の取り組みを困難にする可能性がある」との認識を示されました。 加えて総裁は「人口構成の変化とともに長期成長率が低下すれば、自然利子率が低下するリスクが高まる」とし、「高齢化社会は借り入れ需要の減退につながる可能性があり、金融機関は高利回りを求めてリ … “自虐史観、自虐経済観、自虐財政観”の続きを読む


私は断固として「経世済民派」です。2019/01/27

いま世界は、人類の運命を変えるほどの歴史の分岐点にあるように思います。 その理由の一つ目は、英国のブレグジット、トランプ米大統領の誕生、フランスでの黄色いベスト運動、オーストリアやイタリアでの反移民政権の誕生などなど、いわゆる「グローバリズム」に抗おうという政治的な動き。 二つ目は、覇権国たる米国によるチャイナ・グローバリズム封じ込めの動き。 これは米中関税戦争のみならず、例え … “私は断固として「経世済民派」です。”の続きを読む


おカネの定義を誤ると、国は衰退する2019/01/26

昨日(1月25日)は、ラジオ日本『マット安川のズバリ勝負』(AM1422kHz)に出演させて頂きました。 多くのリスナーの皆様から、番組宛てに多くの暖かい応援メッセージを頂戴しました。 心より、感謝御礼申し上げます。 さて、番組でも申し上げましたが、現今日本における最大の政治問題は、為政者やメディアを含めた国民大多数の「財政認識」だと思います。 その「財政認識」とは即ち… 「日 … “おカネの定義を誤ると、国は衰退する”の続きを読む


「外国人専用医療ツーリズム病院」は川崎市だけの問題ではない2019/01/25

葵会という医療法人が川崎市内に「外国人向け医療ツーリズム病院」(病床100床)を開設しようとしています。 昨日(1月24日)も川崎市議会(健康福祉委員会)で、この件についての審議がありました。 外国人向け医療ツーリズムとは、わたくし流に定義すると「金持ち外国人を対象に日本の最先端医療を提供することで利益追求のみを目的とする病院」です。 さて、病床(病院のベッド)は日本国民の公共 … “「外国人専用医療ツーリズム病院」は川崎市だけの問題ではない”の続きを読む


依然として弱い国内需要2019/01/24

明日は、午後12:30からラジオ番組『ラジオ日本・マット安川のズバリ勝負』(AM1422kHz)に出演させて頂きます。 さて昨日(23日)、日銀では金融政策決定会合が開かれました。 結論は、賛成多数で現状維持とのこと。 現状維持とは、短期金利はマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する長短金利操作の継続です。 なお、2019年以降の物価見通しは下方修正されるのだとか。 黒 … “依然として弱い国内需要”の続きを読む


統計がデタラメな国は三流国家2019/01/23

中国株が下落しています。 上海市場は、昨日だけでも42ポイント下げています。 実体経済とは無関係にグローバルマネーが投資収益を求めて世界中の金融市場を駆け巡っていますので一概には言えませんが、経済成長の鈍化と対米貿易摩擦問題が影響しているのでしょうか。 それでも習近平政権は「中国経済は6.5%成長を維持している」と言っています。 しかしながら、例えば下のグラフのとおり、中国の鉄 … “統計がデタラメな国は三流国家”の続きを読む


もはや二島返還すらも絶望的2019/01/22

一昨日、ロシアの首都モスクワで北方領土の引き渡しに反対する抗議デモが行われました。 「クリルはロシアのものだ。日本には絶対に渡さない」のだと。 そうしたなか本日(12月22日)、安倍総理はプーチン大統領と首脳会談に臨みます。 会談に備えて安倍総理は「モスクワでは、じっくりと時間を取り、プーチン大統領と胸襟を開いて話し合い、平和条約交渉をできるだけ進展させたいと考えている」と述べ … “もはや二島返還すらも絶望的”の続きを読む


通貨とは表券化された「債務」だ2019/01/21

米国では、政府機関の一部閉鎖が続いています。 トランプ大統領はメキシコ国境に壁を建設するための予算を議会に要求していますが、連邦債務が上限を超えてしまうことからトランプ大統領と議会とが衝突しているわけです。 それが政府機関の一部閉鎖の原因ですが、メディアが騒いでいるほど経済的な悪影響は少ないようです。 この債務上限問題をきっかけとした政府機関の一部閉鎖は、今や米国の季節行事とな … “通貨とは表券化された「債務」だ”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。