Evernoteに保存   

悲しいジレンマ2018/06/04

過日のイタリア総選挙で、反グローバリズム政党である「五つ星運動」と「同盟」が躍進したことを受け、グローバリズムに与するメディアはこぞってこれらの政党を「右寄り」だの「極右」だの、あるいは「ポピュリズム政党」だのとレッテル貼りをして必死に貶めようとしています。 躍進した「五つ星運動」にしても「同盟」にしても、ふつうに「グローバル投資家やグローバル企業のための政治ではなく、イタリア … “悲しいジレンマ”の続きを読む


疑うべきは政府と日本経済新聞の理解度2018/06/03

いよいよ運命の6月に突入しています。 何が運命かといえば、今月中旬、我が国の政治の最重要案件である『骨太の方針2108』が閣議決定されます。 そこに“PB黒字化目標”など、デフレ脱却のための財政出動を制約するような健全化目標が盛り込まれてしまえば、我が国は「万事休す」です。 デフレは脱却されず、インフラ、防衛、教育、科学技術、介護や医療などの福祉への支出は今以上に抑制されること … “疑うべきは政府と日本経済新聞の理解度”の続きを読む


企業と国民の利益が一致しないシステム2018/06/02

昨日(6月1日)、3月の実質賃金(きまって支給する給与)の確定値が厚生労働省から発表されましたが、結局は速報値を下回ってしまい5カ月連続でのマイナスです。(実質賃金は、名目賃金から物価上昇分を差し引いて算出) 実質賃金では「きまって支給する給与」と、賞与などの「特別に支払われた給与」との合計を「現金給与総額」と言います。 厚労省やメディアは「きまって支給する給与」よりも「現金給 … “企業と国民の利益が一致しないシステム”の続きを読む


総理と経団連2018/06/01

昨日(5月31日)、経団連の総会が開かれ、東レの榊原氏が会長を退き、日立製作所の中西氏が新たな会長に就任されました。 総会には安倍総理も出席し挨拶されたようです。 その挨拶で総理は「日本経済はデフレ脱却の正念場にある」との見解を示され、また、退任する榊原氏に対し「二人三脚でアベノミクスを大いに前進させてきた」とも述べ、とりわけ、法人実効税率を大幅に引き下げてきた成果(!?)を強 … “総理と経団連”の続きを読む


「経営のプロ」は必ずしも「経済のプロ」ではない2018/05/31

本日(5月31日)、日本経済団体連合会(以下「経団連」)では総会が開かれ、日立製作所会長の中西宏明氏が会長に就任される予定です。 その中西新会長が、日本経済新聞のインタビューに対して次のようにお答えになっています。 1)経団連会長として取り組む施策の柱は? …「経済成長、財政再建と社会保障改革などの構造改革、経済外交だ。外交は国の責任だが、国だけで国際関係がつくれる時代ではない … “「経営のプロ」は必ずしも「経済のプロ」ではない”の続きを読む


正気の沙汰とは思えない「受け入れ策」2018/05/30

正気の沙汰とは思えない、外国人労働者の受け入れ策(原案)が示されました。 安倍政権は、2025年ごろまでに人手不足に苦しむ分野(建設業や農業など5分野)において、なんと50万人超の外国人労働者を受けれるという恐ろしい計画を立ています。 『外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO311034 … “正気の沙汰とは思えない「受け入れ策」”の続きを読む


モリカケ問題はレントシーキング問題2018/05/29

モリトモ・カケイ問題にしか関心のない野党とマスコミには、いいかげんに辟易としていますが、今日はあえてこの問題を取り上げたいと思います。 ある尊敬する先生から「狐借虎威(こしゃくこい)」という言葉を教えて頂きました。 「狐借虎威」とは「狐、虎の威を借る」、即ち「虎の威を借る狐」という意味で『戦国策』に由来する言葉なのだとか。 なるほど、首相という「虎」の威を借る明恵夫人がまるで「 … “モリカケ問題はレントシーキング問題”の続きを読む


それでも北朝鮮が米朝会談を乞う理由2018/05/28

相変わらず、米朝首脳会談をめぐって二転三転しています。 『米朝、板門店で実務者協議 首脳会談へ調整 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31033380Y8A520C1000000/?nf=1 トランプ米大統領は27日、米朝首脳会談の調整に向けて米朝の代表団が協議に臨んでいることを明らかにした。(後略)』 「止める…」と言ったり、「やっぱり … “それでも北朝鮮が米朝会談を乞う理由”の続きを読む


民間議員の呆れた提言2018/05/27

明日(5月28日)、安倍総理を議長とする「経済財政諮問会議」が開かれます。 この経済財政諮問会議が6月にまとめる予定の『経済財政運営の基本方針(骨太の方針)2018』に「基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の黒字化目標」が謳われてしまうと、政府財政(政府支出)に「枠」がはめられます。 政府財政にPBという「枠」がはめられると、デフレ脱却のための財政支出の拡大が不可能にな … “民間議員の呆れた提言”の続きを読む


良い報告書とダメな報告書2018/05/26

昨日(5月25日)、自民党の財政再建特命委員会(岸田文雄政調会長)の提言書が自民党総務会で了承され、正式な党決定となりました。 『財政再建に関する特命委員会報告』 https://kiharaseiji.com/wp-content/uploads/2018/05/81730ef9a749e76355e48e434bfd7337.pdf 読んでみると非常に残念な報告書で、歴史あ … “良い報告書とダメな報告書”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。