Evernoteに保存   

高まるテロリズムの脅威2017/11/01

日本時間の本日早朝、ニューヨーク・ハッタンでテロが発生しました。 『NYで車突入テロ、8人死亡 容疑者を拘束 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22970380R01C17A1000000/?dg=1&nf=1 ニューヨーク・マンハッタン南部で10月31日夕(日本時間11月1日早朝)、ピックアップトラックが自転車専用道に突入し、ニ … “高まるテロリズムの脅威”の続きを読む


トリクルダウンなる幻想2017/10/31

有効求人倍率が1.5倍を超えて1.52倍になったことを、日本経済新聞が嬉しそうに報道しています。 『有効求人倍率 9月も高水準 1.52倍、正社員は最高 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HQX_Q7A031C1000000/?dg=1&nf=1 厚生労働省が31日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比横ばいの1 … “トリクルダウンなる幻想”の続きを読む


それでも「安倍デフレ継続政権」を信任する日本人の我慢強さ2017/10/30

デフレ = 総需要の不足 ここでいう「総需要」とは、政府、企業、家計、海外という各経済主体による投資と消費の総額を指します。 また、各経済主体による投資と消費の総額を「GDP」ともいいます。 (※金額でみたGDPを名目GDPという) 我が国のGDPが世界のGDPに占める割合を時系列でみますと、下のグラフのとおりです。 1995年には17.6%を占めていましたが、今や6.5%(2 … “それでも「安倍デフレ継続政権」を信任する日本人の我慢強さ”の続きを読む


報道されるべきはデフレの深刻さ2017/10/29

昨日(10月28日)の朝のことだったか、何気なくテレビを観ていましたら、「世界では自動車のEV(電気自動車)化が進んでいる。このままでは、ハイブリッド車などのエンジン技術に強みをもつ日本の自動車産業が衰退してしまう。日本の貿易黒字の50%は自動車産業が担っているので深刻な問題だ」という問題提起がなされていました。 おそらくこの問題提起の背景には「日本は貿易立国で、その黒字の50 … “報道されるべきはデフレの深刻さ”の続きを読む


カタルーニャ州の独立運動とは2017/10/28

スペイン中央政府は、カタルーニャ州議会による独立宣言を受けて、州の自治権を停止するなどの措置をとりました。 『スペイン、カタルーニャ州首相を解任 12月に州議会選 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22842580Y7A021C1NNE000/ スペイン北東部カタルーニャ州の独立問題で、中央政府のラホイ首相は27日、自治権停止措置の一環と … “カタルーニャ州の独立運動とは”の続きを読む


経済財政家計簿会議2017/10/27

昨日(10月26日)、あの「経済財政諮問会議」が開催されました。 経済財政諮問会議とは、 内閣総理大臣の諮問に応じて、日本政府の①経済全般の運営の基本方針、②財政運営の基本方針、 ③予算編成の基本方針、及びその他の経済財政政策に関する重要事項について調査審議するため、法律に基づいて内閣府に設置された合議制機関です。 因みに、そのメンバーは安倍総理のほか、以下10名です。 麻生 … “経済財政家計簿会議”の続きを読む


正気の沙汰とは思えない「報酬カット」2017/10/26

来年は、診療報酬と介護報酬の同時改訂年度です。 改訂といっても、近年ではほとんど引き上げられたことはなく、常に引き下げの連続です。 そしてまた来年も… 『診療報酬2%超下げ提案 財務省、社会保障費抑制目指す http://www.sankei.com/economy/news/171025/ecn1710250047-n1.html 平成30年度予算案編成に向け、財務省は25日 … “正気の沙汰とは思えない「報酬カット」”の続きを読む


ネオリベラリズムによって成長力は失われた2017/10/25

昨日(10月24日)午後0時40分ごろ、東京都中央区の東京メトロ・日比谷線の茅場町駅と八丁堀駅の間で、中目黒駅に向かう8両編成の電車の窓ガラスが、なぜか突然に割れました。 『東京メトロ日比谷線 走行中に車内の窓ガラス突然割れる http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171024/k10011195861000.html 24日昼すぎ、東京メトロ・日 … “ネオリベラリズムによって成長力は失われた”の続きを読む


最も割を食うのは若者世代2017/10/24

テレビや新聞、とりわけワイドショーは相も変わらず、どこの党とどこの党がくっつくだの、スキャンダル議員が再選しただの、小池人気がどうのこうのと、どうでもいい話しに終始していますが、そうした下世話な話しは極力…無視。 このブログでは、あくまでも低俗な政局ではなく現実的な政治(政策)について、濃い内容を取り上げていきたいと思っています。 本日は、雇用について…特に若者の雇用について。 … “最も割を食うのは若者世代”の続きを読む


アベノミクスは信認されたのか!?2017/10/23

昨日(10月22日)開票された第48回衆院選は、与党が総定数465のうち3分の2にあたる310以上の議席を獲得し、希望は失速、立憲民主は棚ぼた的に躍進するという、概ね予想どおりの結果で終わりました。 誠に残念だったのは、アベノミクスや財政問題、とりわけ日本財政破綻論のウソ、消費税再増税の愚策、プライマリー・バランス(基礎的財政収支)目標凍結の必要性、国民を貧困化させているデフレ … “アベノミクスは信認されたのか!?”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。