Evernoteに保存   

「川崎市の市税収入」と「米国経済」との連関2018/07/25

米国経済が堅調です。 6月の物価上昇率は、2.3%(前年同月比)でした。 ここで言うところの物価とは、食料とエネルギーを除いたコアCPI(消費者物価指数)のことです。 税率を上げることなく物価が安定的に上昇しているということは、米国内で生産されたモノやサービスが順調に購入されている、ということを示してます。 米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)の物価目標(コアCPI … “「川崎市の市税収入」と「米国経済」との連関”の続きを読む


3人のウソつき経済学者2018/07/24

昨日(7月23日)、厚生労働省から発表された5月の実質賃金(確報値)は、速報値よりも0.1ポイント減って0.6%(前年同月比)となりました。 2カ月連続で若干プラス化していますが、下のグラフのとおり、国際的に比較してみますと我が国の実質賃金は惨憺たる推移です。 およそ先進国と呼ばれる国の中で、実質賃金がここまで落ち込んでいる国は残念ながら我が国だけです。 即ち、日本国民だけが貧 … “3人のウソつき経済学者”の続きを読む


議論の経緯と結果を無視する人たち2018/07/23

自分の考えを述べたり他人の考えを批評したりして論じ合うことを「議論」というのであれば、議論こそは民主制度を正しく機能させるための根幹かと思われます。 議論は、その溝が埋まるときもあれば、埋まらないときもあります。 むろん埋まるまで議を尽くすのが、とりわけ議会を構成する議員が果たすべき最大の責務であろうかと考えます。 ところがこの世には、充分に議が尽くされ、既に勝敗が決着して、そ … “議論の経緯と結果を無視する人たち”の続きを読む


安倍政権は革命政権2018/07/22

一昨日の7月20日、衆議院本会議で内閣不信任案が否決、参議院本会議ではIR(カジノを含む統合型リゾート)実施法案が可決されました。 そして22日の今日、会期末を迎え、第196回通常国会は閉会となりました。 モリカケ問題や日報問題での官僚の責任について何ら厳正な処分がなされないまま、なかなか本質論に迫ることにできない政治に辟易とし、いよいよ政治離れが進んでいる国民感情の間隙を縫う … “安倍政権は革命政権”の続きを読む


不作為の殺人2018/07/21

世界銀行が、各国の人口密度を国別ランキングにして公表しています。 それをOECD加盟国だけで順位づけすると、我が国は上から数えて5番目です。 グラフの単位は「人/km2」(国土面積一平方キロメートル当たりの人口)で、我が国は348人、一番少ないのはオーストラリアの3人です。 因みに、ここで言うところの国土面積は、河川・湖沼などの内水面を除いた陸地面積のことです。 一方、我が国の … “不作為の殺人”の続きを読む


「地方財政法」及び「地方財政健全化法」の改正を2018/07/20

岐阜県の多治見市は、「日本一暑い町」として知られています。 その多治見市では市立小中学校のエアコン設置率は,まさかの「0%」。 理由は、例によって「財政問題」らしい。 とはいえ「おカネがないから…」では理由として格好がつかないとでも思ったのか、設置しないもう一つの言い訳が、「冷房の効いた涼しい教室から、いきなり猛暑でうなる校庭にでると子供たちの体に悪いから…」だそうです。 因み … “「地方財政法」及び「地方財政健全化法」の改正を”の続きを読む


緊縮財政による被害者!?2018/07/19

西日本豪雨災害では、200名を超える方々の人命が奪われ、多くの方々が家族と住居と職場を失われました。 改めて、犠牲者の皆さまのご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災者の皆様にお見舞い申し上げます。 中でも岡山県倉敷市の真備町は、最も被害の大きかった地域でした。 倉敷市全体の死者数51人のほとんどを真備町の住民が占めています。 その真備町で、ロイターが住民や自治体、そして専門家等 … “緊縮財政による被害者!?”の続きを読む


世界が注目する日本の高齢化2018/07/18

総人口に占める65歳以上人口の割合のことを「高齢化率」といいます。 下のグラフのとおり、先進諸国の高齢化率と我が国のそれとを比較してみますと、我が国は1980年代までは下位、90年代にはほぼ中位、2005年には最も高い水準となって今後も高水準を維持していくことが見込まれています。(内閣府) 問題は、高齢化の速度(増加率)です。 高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するま … “世界が注目する日本の高齢化”の続きを読む


求められる名目賃金の上昇2018/07/17

労働生産性とは、一人の労働者がどれだけのモノやサービスを生産することができるかどうかを表すものです。 解りやすくいえば、一人当たりの実質GDPです。 なので基本的には、労働生産性が向上するということは一人当たりの所得が増えることを意味します。 一方、1単位のモノやサービスを生産するのに必要な人件費のことを、単位労働コストといいます。 我が国の単位労働コストの推移をみてみますと、 … “求められる名目賃金の上昇”の続きを読む


経済が成長しなければならない理由2018/07/16

過日、ある川崎市民のかたから「どうして経済は成長しなければならないのですか?」というご質問を頂きました。 素朴かつ純粋な疑問としてお尋ねになられたので、私は懇切丁寧に誠意を込めて次にようにお答えしました。 まず、「経済成長」の定義は国民一人当たりの所得(GDP)が増えること、と前置きした上で、「もしも地球上に日本国だけしか存在しないのであれば、べつに成長しなくてもいいです」と。 … “経済が成長しなければならない理由”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。