Evernoteに保存   

再生可能エネルギー固定価格買取制度の弊害2017/07/04

ここ数年、東京電力から『電気使用量のお知らせ』が届くたびに私は腹が立っています。 何に腹が立っているのかといいますと、請求予定金額の一つ「再生エネ発電賦課金等」という項目、即ちFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に対してです。 FITは東日本大震災や福島第一原発事故による国民的ショックを利用することで成立したショック・ドクトリン制度ですが、以来、我が国では、安定的な電源 … “再生可能エネルギー固定価格買取制度の弊害”の続きを読む


有権者の鬱屈とした不満を増長するデフレ2017/07/03

東京都議会議員選挙が終わりました。 なぜ都民ファーストが躍進し、自民、民進が大敗したのかについて、個人的にはあまり関心はありません。 それよりも、国政であれ、都政であれ、市政であれ、現在の我が国にとって最大の懸案事項は、財務省が主導する緊縮財政路線です。 安倍政権は2020年プライマリーバランス(以下、PB)の黒字化目標にむけて憲政史上最大の緊縮を進め、各地方自治体も単年度PB … “有権者の鬱屈とした不満を増長するデフレ”の続きを読む


農業の目的とは2017/07/02

農業の目的の第一は、国民の胃袋を満たすこと、即ち国民をい飢えさせないことです。 その第二は、治水機能の保全のほか、国内作物の原種、原原種を保護するなどの環境的側面です。 そして第三に、ビジネス目的といったところでしょうか。 要するに、農業の目的の大部分は食料安全保障です。 なので私は、川崎市のように農業を所管する部局が経済担当局に属していることに対し、強く異を唱えているわけでご … “農業の目的とは”の続きを読む


憲政史上ワースト1ばかり「内閣」2017/07/01

昨日(6月30日)、総務省から発表された家計調査によれば、実質消費支出がまたまたマイナスでした。 消費支出は1世帯当たり283,056円で、前年同月比で実質0.1%の減少です。 実質消費とは、物価変動分の影響を除いた消費支出の実質額のことで、例えばどんなに給料が上がっても、それ以上に物価が上昇すると実質賃金は下落していることになります。 逆に、給料が下がっても、それ以上に物価が … “憲政史上ワースト1ばかり「内閣」”の続きを読む


仮想通貨・ビットコイン2017/06/30

決済網が広がっているビットコインですが、国内ではビットコインを決済するにあたり、正常に送受金できないケースが発生しているようです。 日本経済新聞によれば、仮想通貨取引所であるビットフライヤーとコインチェックとが損害保険会社と連携し、利用者がビットコインで支払った際にシステムの問題などで正しく送金されなかった場合に店舗に補償するサービスを始めるとのことです。 ビットコインの世界は … “仮想通貨・ビットコイン”の続きを読む


政府債務と民間債務2017/06/29

よく言われていますように、日本の政府債務残高対GDP比率は2016年時点で239%です。 ただし、ここで言う政府債務はあくまでも「政府の負債」であって、「国の借金」ではありませんのでご注意を。 確かに、米国やChinaに比べてもかなり大きな数値になっています。 しかしながら、だからと言って日本政府が財政破綻(デフォルト)することはありませんのでご安心を。(※デフォルトとは債務不 … “政府債務と民間債務”の続きを読む


食の安全を破壊する「モンサント法」2017/06/28

昨日(6月27日)の市議会定例会(一般質問)で、主要農作物種子法廃止による食の安全への影響について、本市当局(経済労働局長)に質問しました。 主要農作物種子法(以下、種子法)はこれまで、安価で優良で地域にあった多種多様な公共財としての種子を農家に提供することで、国民の食料安全保障の一角を担って参りました。 ところが、過日閉会した通常国会において、おどろくようなスピード審議によっ … “食の安全を破壊する「モンサント法」”の続きを読む


歴史は繰り返す ー 政治主導のレントシーキング ー2017/06/27

明治維新は、政治主導によって実現されました。 維新後しばらく政治主導がつづくのですが、明治14(1981)年に開拓使官有物払下事件が発生します。 この事件はまさに政治主導によって行われたレントシーキング事件です。 やがて大隈重信が下野することになる「明治十四年政変」の原因となった事件でもあります。 その後日本は、薩長藩閥体制がいよいよ強化されていき、徐々に官僚制が確立されていき … “歴史は繰り返す ー 政治主導のレントシーキング ー”の続きを読む


3年殺しの消費税増税2017/06/26

現在、川崎市議会では第2回定例会が開催されています。 明日、一般質問に立ちます。 (質問時間は夕方5時頃) さて、格闘技の世界では、相手の特定の部位を打撃して大きなダメージを与え、その3年後には相手を死なせる技を「3年殺し」というのだそうです。 京都大学教授で内閣官房参与の藤井聡先生は、デフレ期の消費税増税こそまさに「3年殺し」のダメージを日本経済に与えるものだ、と言われました … “3年殺しの消費税増税”の続きを読む


有害情報垂れ流しの罪2017/06/25

今朝、TBS『サンデーモーニング』を観ていましたら、あるコメンテーターが、日銀の総資産額が既にGDPを超えていることを殊更に問題視していました。 ただ、そのことに何の問題があるのかの具体的な解説はなく、ひたすらに戦時体制下の国債増発を引き合いにだして批判しているだけでした。 別に政府は戦争目的で日銀の資産を膨らませているわけでもないのに… 私はこれまで、この番組でまともな経済評 … “有害情報垂れ流しの罪”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。