Evernoteに保存   

「財政支出の拡大」という一石2019/05/27

先程、安倍総理とトランプ米大統領は迎賓館での首脳会談を終え、共同記者会見に臨みました。 総理は貿易交渉について「ウィンウィンとなる形の早期の成果達成に向けて議論を加速させることで一致した」と説明されていました。 一昨日、日本に着いたトランプ米大統領は、大使館にて日本企業の経営者たちを前に演説をされましたが、その中で大統領は「日本は長年にわたり有利な貿易環境で利を得てきた…」と述 … “「財政支出の拡大」という一石”の続きを読む


国民同士の助け合い精神2019/05/26

市場原理主義を主張したミルトン・フリードマンは、生活保護、国民保険、年金制度などのあらゆる社会保障制度を撤廃し、所得が最低保障額を下回った者に対しては差額の一定割合について現金給付を行う、という所得税の仕組みを唱えました。 いわゆる「負の所得税」です。 所得を稼ぐことのできない貧困層には一定の税金を投入するが、一切の社会保障プログラムは全廃する。 つまり、貧困層は所得税を払うの … “国民同士の助け合い精神”の続きを読む


消費税増税を正当化する理論の多くは嘘!2019/05/25

平成元年に消費税(3%)が導入されたとき、私は大学1年生でした。 その前年、つまり高校3年生のときには、ちょうどリクルート事件なども重なっていたことから、国会はもちろんテレビや新聞は、連日のように消費税問題をめぐって大騒ぎをしていました。 いまでも記憶に残っています。(因みに、皮肉にも川崎市は「リクルート事件」発祥の地でした) あのときもそうでしたが、消費税推進派は「将来の社会 … “消費税増税を正当化する理論の多くは嘘!”の続きを読む


健全な経済とは、マイルドにおカネの量が増えていく経済!2019/05/24

消費増税賛成派は、財務省様に阿ねたテレビ番組や新聞を通じて依然としてデタラメを垂れ流し続けています。 例えば「増税は将来の社会保障財源として必要だ」「増税しても景気への影響はほとんどない」という嘘が平然と世に流布していますが… ならばお尋ねしたい… 社会保障のためと言うのなら、どうして法人税は減税されてきたのですか? 増税は景気に影響を与えない、といって2014年4月に消費税が … “健全な経済とは、マイルドにおカネの量が増えていく経済!”の続きを読む


景気の先行指標、2四半期連続でマイナス!2019/05/23

内閣府が所管している「機械受注統計」は、国内企業の受注実績(毎月)を集計しています。 受注した機械を顧客企業に納入するのは数カ月先になることから、機械受注統計は半年から1年先の設備投資動向を示す重要な先行指標とされています。 昨日(5月22日)、その機械受注統計の最新情報が内閣府から発表されました。 機械受注統計のなかでも代表的な統計項目である「民間需要(船舶・電力を除く)」を … “景気の先行指標、2四半期連続でマイナス!”の続きを読む


国有財産売却と国民経済(GDP)2019/05/22

いま日本には、国有財産と呼ばれる固定資産が106兆8千億円あります。 そのうちの約2割、つまり18兆2千億円分が土地(国有地)です。 むろん、国有地については、財務省理財局が一括して管理しています。 国有地でもっとも大きいのは公用地の11兆円(うち、例えば防衛施設が4兆円、港施設が7千億円)だそうです。 あるいは、横田飛行場や横須賀海軍の施設など、在日米軍に提供している土地もあ … “国有財産売却と国民経済(GDP)”の続きを読む


政治家は統計を読み解く力をもて!2019/05/21

昨日(5月20日)、注目されていた1-3月期のGPD速報値が内閣府から発表されました。 日本経済新聞によると… 『1~3月GDP、年率2.1%増 個人消費は0.1%減 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HAG_Q9A520C1000000/ 内閣府が20日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で … “政治家は統計を読み解く力をもて!”の続きを読む


基幹交通網の整備負担を地元自治体に押し付けるな!2019/05/20

報道によると、九州新幹線(長崎ルート)のフル規格での整備について、佐賀県側が費用対効果の観点から難色を示しているらしい。 長崎ルートとは、新鳥栖から武雄温泉〜嬉野温泉〜諫早を経由して長崎まで行くルートのことで、この新鳥栖〜武雄間をフル規格の本格的な新幹線でいくのか、それともおカネをケチってミニ新幹線及びFGT(フリーゲージトレイン)でいくのかの検討がなされているわけです。 佐賀 … “基幹交通網の整備負担を地元自治体に押し付けるな!”の続きを読む


人命よりも優先されている「財政規律」2019/05/19

行政は、様々な住民ニーズを満たすために組織や制度を整え、予算をつけて事業を推進します。 時代とともに多様化する住民ニーズに対応するためにも、行政はその体制を強固なものにしなければならいわけですが、いつのころから「できうるかぎり行政(予算規模)は小さくあるべきだ」という新自由主義的なイデオロギーが政治の世界を席巻していきました。 結果、党派を問わず、議員といわれる方々の多くが選挙 … “人命よりも優先されている「財政規律」”の続きを読む


政治の機能不全2019/05/18

昨年来、当ブロクおいて指摘してきた「いくつかの2019年問題」が、次々と現実のものとなっています。 2019年問題とは… ・米中貿易戦争 ・米国によるイラン制裁 ・中国の成長鈍化 ・ブレグジットに伴う経済的打撃 ・働き方改革による所得の縮小 ・五輪需要の減退 ・消費税増税(これから実施される予定) …などなど。 まずその前に、日本のメディアは連日のように「米国(トランプ政権)の … “政治の機能不全”の続きを読む