Evernoteに保存   

国力を毀損する「事実誤認」2018/08/05

何日か前のブログでも書きましたが、事実に基づいて思考し発言している人は案外と少ない。 よく言われている“事実誤認”は次の5つ。 1.人口が減ると経済は絶対に成長しない… 2.日本は世界最大の借金国… 3.国家の財源には限りがある… 4.高齢化による医療費の拡大は国家財政を破綻させる… 5.資源輸入国の日本は輸出で外貨を獲得しなければならない… まず、1「人口が減ると経済は絶対に … “国力を毀損する「事実誤認」”の続きを読む


偉大なり、田中角栄。2018/08/04

戦後の日本で私が最も尊敬する政治家は、田中角栄(元総理)です。 田中政治の真骨頂は国土建設及びネットワークづくりにありました。 まずは高速鉄道。 おそらく高速道路網の整備については、角栄先生の生い立ちが大きく影響していたと思われます。 雪深い新潟では、交通網の不備と積雪の影響で病院までたどり着くことができず、命を落としてしまった人たちが少なくなかったといいます。 そうした体験が … “偉大なり、田中角栄。”の続きを読む


日本だけが経済成長していない本当の理由2018/08/03

事実に基づいて思考することは、意外と難しい。 過日も、ある知人が「日本は人口が減るから成長しない…」という前提で、私に持論を展開されていました。 一応、最後まで拝聴するわけですが、そもそも前提が間違っているから結論はとんでもない方向へ導かれることになります。 下のグラフのとおり、世界を見渡すと、この17年間で人口が減少した国は日本を含めて20カ国あります。 「人口が減るぅ~」と … “日本だけが経済成長していない本当の理由”の続きを読む


日に日に迫る「強制的な出口」2018/08/02

日銀は7月31日の金融政策決定会合で「強力な金融緩和継続のための枠組み強化」を決めました。 将来にわたって低金利を維持すると表明する「フォワードガイダンス(将来の指針)」を導入し、引き続き物価を前年比2%の上昇とする目標の達成に向けて金融緩和を続けるとのことです。 なお、黒田総裁は会合後の記者会見で、金融緩和終了にむけた「出口戦略」の可能性を改めて強く否定されました。 当たり前 … “日に日に迫る「強制的な出口」”の続きを読む


医療投資を阻む「根拠なき財政危機論」2018/08/01

高齢化社会を迎え… という言葉は、今や政治行政の世界では枕詞となりつつありますが、高齢化社会を迎えているのではなく既に突入しています。 2005年以来、我が国の高齢化率は世界一です。 ※ 高齢化率 = 総人口に占める65歳以上人口の割合  ただし問題は、たんに高齢者(65歳以上人口)の割合が増えていることではありません。 特に注視しなければならないのは、高齢化のスピード(高齢者 … “医療投資を阻む「根拠なき財政危機論」”の続きを読む


消費税増税による将来不安2018/07/31

去る6月15日に閣議決定された『経済財政運営と改革の基本方針 2018』(以下、「骨太の方針2018」と呼ぶ)によれば… 「現役世代の不安等に対応し、個人消 費の拡大を通じて経済活性化につなげるためには、2019 年 10 月1日に予定されている 消費税率の8%から 10%への引上げを実現する必要がある」(『骨太の方針2018』より)…とのことです。 http://www5.c … “消費税増税による将来不安”の続きを読む


亡国の「歴史的な政策転換」2018/07/30

去る7月24日、菅官房長官は閣議後の記者会見で次にように述べられました。 「一定の専門性・技能を有する外国人材の受入れを拡大するため、新たな在留資格を創設することになったことを踏まえ、閣議後に、外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議を開催し、日本語教育の充実等の受入れ環境の整備などについて、政府一体となって総合的な検討を行っていくことになりました」と。 現段階においては、「 … “亡国の「歴史的な政策転換」”の続きを読む


有事を想定した農業政策を2018/07/29

予測不能な動きをみせる台風12号は、近畿地方まで進んだようです。 気象庁は、静岡県では本日(29日)昼前まで土砂災害に、夕方まで高波に注意するよう促しています。 川崎市は、28日14時40分に災害警戒本部を設置しましたが、台風12号が通過したことから、つい先ほどの6時過ぎに本部を廃止しました。 本市では、強風に煽られ自転車が転倒して軽傷を負った方がお一人だけおられましたが、それ … “有事を想定した農業政策を”の続きを読む


神奈川県は医療インフラ貧困県2018/07/28

昭和22~24年生まれ世代のことを「団塊の世代」と言います。 「団塊の世代」の名付け親は、作家で元経済企画庁長官の堺屋太一氏です。 たしか堺屋太一氏が1975年に発表した小説『油断』の中で初めて登場した言葉だったと記憶しています。 この小説の中で氏は「人口構造上、このベビーブーム期(昭和22~24年)に生まれた人たちが、やがて巨大な人口の塊となって日本の政治・経済・社会に多大な … “神奈川県は医療インフラ貧困県”の続きを読む


「出口」よりも恐ろしい「デットライン」2018/07/27

本日(7月27日)の午前、債券市場で長期金利が上昇しました。 長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時、前日比0.020%高い(価格は下がる)0.105%で、2017年7月以来の高さになりました。 日本経済新聞は大げさに騒いでいますが、下のグラフのとおり長期的には下がり続けています。 因みに景気が堅調な米国では、米国10年債の利回りは 2.88%(本日のAm11:37 … “「出口」よりも恐ろしい「デットライン」”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。