Evernoteに保存   

歴史という情報戦を戦う(その12 -最終編-)2019/03/08

1945(昭和20)年12月29日の午後7時頃、新潟発大阪行の列車が国鉄(現:JR)信越本線黒井駅に到着しました。 そのとき、3人の朝鮮人男性が列車に乗ろうとしましたが、満員のため乗車することができませんでした。 そこで彼らは、なんと列車の窓ガラスを叩きわって無理やり乗車しようとしました。 しかし、心ある日本人乗客(当時29歳)に阻まれたため、電車のデッキにぶら下がって次の直江 … “歴史という情報戦を戦う(その12 -最終編-)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その11)2019/03/07

これまで述べてきましたとおり、明治政府は発足以降、一貫して韓国を自主独立の国家として認め、彼の国の近代化に惜しみない努力を尽くして参りましたが、残念ながらその労力と期待はことごとく裏切られ続けてきました。 そうした経緯の上に、韓国併合という歴史があったことを私たち日本国民は決して忘れてはならないと思います。 なお、韓国を併合するにあたっては、日本国内にも反対意見がありました。 … “歴史という情報戦を戦う(その11)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その10)2019/03/06

なんとしてでも大国ロシアとの戦争を回避したい日本は、ロシアとの外交交渉をはじめます。 日本の主張は、満洲における権益はロシア、韓国における権益は日本、これを双方が認めることでした。 一方、ロシアの主張は、満洲は交渉の対象外であるとし、韓国は北緯39度以北を中立地帯とする、というものでした。 日本とロシアの主張が交錯します。 日本としては、もしも満洲を日本の権益対象外するのであれ … “歴史という情報戦を戦う(その10)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その9)2019/03/05

日清戦争が、朝鮮の独立をめぐる戦争であったことは、両国の宣戦布告書をみるとよく解ります。 日本は宣戦布告の中で「日本は朝鮮を啓蒙し、他の国と一緒になって朝鮮を独立国にしようと努めましたが、清国は朝鮮を属邦と言って陰に陽に内政干渉している」として、あくまでも朝鮮の独立のために戦うとしています。 一方、清国は宣戦布告の中で「朝鮮が清国の属邦であることは二百年以上にも及び、毎年貢ぎ物 … “歴史という情報戦を戦う(その9)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その8)2019/03/04

「甲申の変」によって、朝鮮独立党による近代化路線は失敗に終わりました。 さて、遡ること「壬午の乱」の際、清国は朝鮮に対して西洋列強との修好条約を結ばせています。 おそらくは、朝鮮の独立と近代化に力を貸している日本の影響力を削ぐための外交的措置だったと思われます。 しかしその結果、それを足がかりにして、ついにロシアが朝鮮半島に触手を伸ばしてくることになりました。 当時、日本にとっ … “歴史という情報戦を戦う(その8)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その7)2019/03/03

壬午の乱に乗じ3千の兵を朝鮮に留め置いた清国は、閔妃(国王の后)一派を傀儡化し、日本式改革をすべて取り止めさせました。 せっかく進み始めた朝鮮の近代化路線は、はやくも暗礁に乗り上げます。 しかし、そんな朝鮮にも、金玉均(キンギョッキン)や朴泳孝(ボクエイコウ)など「日本式に近代化をしなければならない」と考える改革独立派がわずかながらにも存在しました。 清国の傀儡であった閔妃一派 … “歴史という情報戦を戦う(その7)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その6)2019/03/02

李氏朝鮮では、王位が父から子への直系継承が行われなかった場合、新しい国王の実父に対して「大院君」という称号が与えられます。 日本が必死に修好条約の締結を求めていたころの朝鮮では、その大院君に与する勢力が排外主義を標榜し権勢をふるい、何かと難癖をつけては明治新政府との国交に異を唱えていました。 しかしながら江華島条約が締結されて以来、大院君派は力を失います。 その後、国王の后であ … “歴史という情報戦を戦う(その6)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その5)2019/03/01

我が国の国書を頑なに拒み続ける朝鮮でしたが、1871(明治4)年には朝鮮が宗主国と崇め奉る清国との間に『日清修交条規』が先に締結されています。 1874(明治7)年、気を取り直した日本政府は外務省の役人を再び朝鮮に派遣します。 外務官僚の頑張りもあって、そこでようやく「新たな書簡を送ったら朝鮮側が必ず受け取る」という確約をとりつけました。 やれやれ… 翌1875(明治8)年、そ … “歴史という情報戦を戦う(その5)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その4)2019/02/28

当時の朝鮮が頑なに日本との修交を拒んだ理由の一つに「シャーマン号事件」があったと思われます。 現在でも平壌ちかくに大同江という大河が流れています。 その大同江で米艦「シャーマン号」が通商開始と食料供給を求めたところ、なんとシャーマン号は焼き討ちされ、乗組員全員が殺害されてしまいました。 むろん、朝鮮の攘夷感情の高まりによって生じた事件だったと思われます。 また、ソウル市北西の京 … “歴史という情報戦を戦う(その4)”の続きを読む


歴史という情報戦を戦う(その3)2019/02/27

1868(明治元)年、明治政府は朝鮮に対して修交回復を希望する旨の国書を提出しました。 しかし、その国書の中に「皇」「勅」「朝廷」などの文字があり、なお書簡の形式も前例と違うこと理由に朝鮮は国書の受理を拒否しました。 よって日本政府は丁寧に説明を試みます。 日本では二千有余年にわたり、天皇が大政を総攬してきたことは朝鮮も承知しているところであり、「皇」の文字を使うのは明治のご一 … “歴史という情報戦を戦う(その3)”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。