Evernoteに保存   

川崎市の救急医療が改善2013/01/25

救急車が現場に到着しても、受け入れ先病院が決まらずに30分以上も現場に滞在してしまうケースの割合が川崎市は全国の政令指定都市の中でもワースト1でした。 そこで私は、川崎市立の病院が保有している未稼働の病床(特例病床)を使って救急医療を整備する必要性を提言してきました。 具体的には、受け入れ先の選定が困難な重症患者を24時間体制で絶対的に受け入れることを条件に、川崎市のもつ余剰病 … “川崎市の救急医療が改善”の続きを読む


川崎社会保険病院の会計処理に関して本市当局に要望2013/01/05

昨日(1月4日)、川崎社会保険病院の財務内容及び会計処理に関して、川崎市長および川崎市議会議長に対し要望書を提出しました。 昨年12月21日、厚生労働省は、社会保険病院の財務内容を調査したところ、少なくとも4カ所の病院で約5億円が使途不明のまま処理されていたと公表しました。51の社会保険病院のうち19の病院を調査し、ずさんな会計管理の実態が浮き彫りとなりました。残る30の病院も … “川崎社会保険病院の会計処理に関して本市当局に要望”の続きを読む


川崎市立3病院の治療費未納問題2012/12/19

昨日、平成24年第4回川崎市議会定例会にて一般質問にたちました。 質問項目は①在宅医療について②公立病院の運営について③歴史教育について、です。②については川崎市立3病院の治療費未納問題について質問しました。その質疑の一部が本日付の『産経新聞』に掲載されました。 http://sankei.jp.msn.com/region/news/121218/kng12121820490 … “川崎市立3病院の治療費未納問題”の続きを読む


教育改革の本丸2012/11/13

先週、神奈川県逗子市でデザイナーの女性が以前つきあっていた男に刺殺されるという事件が起きた。被害者女性はこの男のストーカー行為に以前から悩み警察に相談していたという。昨年、男は女性に脅迫メールを送りつけた疑いで逮捕されたのだが、その際、引越し先や結婚後の姓が警察から男に伝わってしまった。 警察が犯人を逮捕する際、被害者がどこの誰なのかをきちんと伝えることが法的なルールでありマニ … “教育改革の本丸”の続きを読む


知財防衛2012/10/12

川崎市殿町の国際戦略総合特区が生命科学分野の一大研究拠点として動き出しています。これら生化学をはじめ、航空産業や宇宙産業のほか、海洋、情報、医療、農林水産など、これらの分野は今後の世界を変えうる分野です。私は、こうした分野を国家経済戦略の中核におき知財覇権の獲得とその維持を図っていくことが国家的課題であると考えています。 その一方、大きな問題となっているのが、情報通信技術を用い … “知財防衛”の続きを読む


「売国無罪」の政治家たち2012/09/19

今日、渡辺防衛副大臣が昼のテレビ番組に出演し、尖閣諸島問題について発言していた。 彼は「国連海洋法条約により、領海に外国船が侵入してきてもなかなか手を出せない」という趣旨のことを発言し、なお「海上自衛隊がでていくと相手を刺激することになってしまう」とも言っていた。 現職の防衛副大臣がこの程度の発言しかできないことに慨嘆した。この人は、そもそも自衛隊に領域警備の任務とそれに必要な … “「売国無罪」の政治家たち”の続きを読む


何度でも言う! 『領域警備法』を制定せよ。2012/08/16

15日の午後5時半ごろ、我が国固有の領土である尖閣諸島・魚釣島に香港の活動家らが上陸した。 このブログでも再三述べてきたことであるが、不思議なことに我が国の主権(領土を含む)を守るべき自衛隊には、領域警備の任務が課されていない。例のごとく、領海侵犯者に対して海上保安庁と警察が対応している。これほど危うい国防はない。 不法に領海・領空に接近してくるものに対しては、警告を発し、警告 … “何度でも言う! 『領域警備法』を制定せよ。”の続きを読む


国会こそが国民会議ではないのか?2012/08/03

国会では、社会保障制度改革を話し合う「国民会議」なるものが設置されようとしている。国会議員を除いて専門家に議論してもらったほうが意見集約しやすい、というのがその設置理由らしい。 しかし、そもそも国会こそが国民会議ではないのか。国民会議の設置は国会そのものの自己否定になる。あろうことか、自分たちは専門家でない、と公言して憚らない国会議員もいる。 地方議会でもそうだが、既存の制度を … “国会こそが国民会議ではないのか?”の続きを読む


稲作の朝鮮半島南下説に異議あり2012/07/15

去る6月の川崎市議会定例会で、本市教育委員会が発行する副読本『かわさき2012』について質問しました。この副読本については様々な問題点があり、これまでにも何度か市議会で指摘をしてきました。一部については改善されたものの、未だ不適切な記述が残っています。その一つが「稲作の伝来」に関わる記述です。 副読本の114頁に「稲をつくる方法が現在の朝鮮半島や中国から移り住んだ人々から伝わり … “稲作の朝鮮半島南下説に異議あり”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。