Evernoteに保存   

9月27日(月) 質問にたちます。2010/09/23

9月27日の月曜日、決算審査特別委員会の質問にたちます。時間は、あさ10時から。質問時間は、30分間です。 川崎市議会ホームページでもインターネット中継されます。その二日後からは録画中継を見ることも可能です。ぜひ、ご覧ください。 川崎市議会インターネット議会中継サイトhttp://www.kawasaki-council.jp/


平和について2010/08/30

 8月も後わずかです。毎年のことですが、この8月は「戦争」や「平和」をテーマにした議論が盛んになります。今年もそうでした。そこで今日は、私の「平和」についての一考察を掲載します。 1.平和と軍事は対立しない!「平和」について考えるということは、実は「安全保障」について考えることであり、更にいえば「軍事」について考えるということである。 戦後日本においては、多くの日本人が「平和」 … “平和について”の続きを読む


通州事件について2010/07/29

昭和12年(1937年)の今日、シナ大陸の通州で日本人居留民(コリア人も含む)200名以上が虐殺された。虐殺したのは、シナ人保安部隊である。しかも彼らは、およそ人間とは思えないような凄惨な方法で惨殺した。しかし、現在の日本の教科書をはじめ、東京裁判史観に汚染された各種資料からはこの事件は完全に抹殺されている。 シナ大陸の通州には、当時は日本国民であったコリア人も含めおよそ300 … “通州事件について”の続きを読む


救急搬送時の現場滞在時間問題についての続報2010/07/22

これまで何度も指摘している問題ですが・・・ 救急搬送時、本市においては、救急車が重症患者を乗せ病院に向けて出発するまでの現場滞在時間が30分以上もかかってしまうケースの割合が多く、全国の政令指定都市の中でワースト1です。 (ワースト1である理由や原因については、これまでにもこのブログや市政レポートにおいて、くどいほどに説明してきましたので省略します) 結論からいえば、療養病床の … “救急搬送時の現場滞在時間問題についての続報”の続きを読む


日本国憲法第9条と武力行使について2010/05/03

本日、5月3日は憲法記念日である。 昭和22年の今日、日本国憲法が施行された。翌、昭和23年には、国の成長を期するため、5月3日を憲法記念日とし国民の祝日とした。 ただし現行憲法は、被占領下において制定されたものであることを忘れてはならない。 ここ数年、この5月3日を記念して、全国各地で「護憲集会」や「憲法9条を守る会」などの催しが行われているようである。 そこで今日は、「日本 … “日本国憲法第9条と武力行使について”の続きを読む


救急医療体制の改善にむけて2010/03/16

 救急車が患者を搬送する際、受け入れ病院が見つかるまでの間、その救急車は患者を乗せたまま現場で待機しなければなりません。 とりわけ、重症患者を搬送する際、現場滞在時間が30分以上かかったケースの割合が、川崎市は政令指定都市の中で最も多く最悪の状態です。この現場滞在時間を短縮することが本市の救急医療体制の大きな課題です。  私は、これまでも議会において、人口あたりの療養病床数が少 … “救急医療体制の改善にむけて”の続きを読む


外国人地方参政権を許すな!2010/01/05

 日本に在住している外国人に対し、地方自治への参政権(選挙権)を付与しようという動きがある。また、この動きを積極的に推進しようとしている自治体もある。私は、外国人への地方参政権の付与を断固として反対する。 推進派の主張は、概ね次の通りである。①外国人も税金を払っているのだから、地方参政権ぐらい与えてもよいのではないか。②韓国では外国人に対し地方参政権を付与している。従って相互主 … “外国人地方参政権を許すな!”の続きを読む


謹賀新年2010/01/01

 東の空からほのぼのと射す暁光が、新たな年のはじめりを告げました。元旦の今日は、さっそくお茶をたて神棚に供え、歳神様の神恩に感謝しつつ、決意を新たに致しました。  本年も一層のご指導を宜しくお願い申し上げます。


「子ども手当」の財源は全額国庫負担で!2009/12/15

 国政では、政権公約である「子ども手当」の財源問題をめぐって大きな議論を呼んでいる。先の総選挙で提示された民主党マニフェストでは、「子ども手当」の実施にあたっては、その全額を国庫負担によって実施することが約束されていた。 ところが現在、「子ども手当」の地方負担として、個人住民税の扶養控除廃止による増収分や現行の児童手当の地方負担分を充てることが検討されている。このことは「地方分 … “「子ども手当」の財源は全額国庫負担で!”の続きを読む


自治基本条例という「行政ゴミ」を無くそう2009/11/26

 全国の自治体で「自治基本条例」の制定が相次いでいます。国の地方分権一括法の制定を契機とし、各自治体において「自治基本条例」制定の動きが活発化しました。現在では、全国の約100自治体で制定の動きが広がっています。 川崎市においては、平成17年に「自治基本条例」が制定されました。制定以来4年以上が経過しましたが、制定された条例や制度が、きちんと機能しているのか、あるいは何らかの弊 … “自治基本条例という「行政ゴミ」を無くそう”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。