Evernoteに保存   

国民経済のための政治2016/01/25

  ここのところ、2つの解散をめぐるニュースが賑やかです。  一つはSMAPの解散で、もう一方は衆議院の解散です。  どうやらSMAPのほうは会社に詫びを入れて解散せずに踏みとどまるようですが・・・この手の話題は私は全くのド素人なのでコメントはこの程度で・・・  一方、国民生活に直結する衆議院解散については、今夏予定の参議院選挙と同日になるのかどうか、が話題になっています。   … “国民経済のための政治”の続きを読む


高齢者福祉施設での医学的管理2016/01/24

 一昨年(平成26年)の12月12日に開催された「第5回地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」で二次医療圏別療養病床の平均在院日数が公表されました。  下の図をご参照ください。小さくて見にくいですが、図をクリックすると拡大されます。  川崎南部医療圏(川崎区、幸区、中原区)は158.1日と全国的にも平均的な数値となっています。  それに対して、川崎北部医療圏(多摩区、麻 … “高齢者福祉施設での医学的管理”の続きを読む


急増する医療難民2016/01/23

 昨年の6月15日、内閣官房の有識者調査会が「医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会第1次報告」をまとめました。   この報告によると、今後10年間で神奈川県の病床を9400床増やさなければならない計算になっています。   もちろんこれは高度急性期・急性期・回復期・慢性期と4つの病床数の合計でありますが、このような機能別病床数の過不足問題は、二次医療 … “急増する医療難民”の続きを読む


行き詰まるアベノミクスと黒田日銀2016/01/22

 いよいよ、アベノミクス及び黒田日銀が行き詰まってきました。  もともとアベノミクス三本の矢は、デフレ脱却を目的とするものでした。 ①の矢は、日銀によるマネタリーベース(日銀当座預金と流通する紙幣と貨幣の合計)の拡大 ②の矢は、政府の財政出動 ③の矢は、成長戦略  まず、日銀がコミットメントつきでマネタリーベースを拡大する。コミットメントというのは責任を伴う宣言(約束)です。黒 … “行き詰まるアベノミクスと黒田日銀”の続きを読む


濱口梧陵と経世済民2016/01/21

 我が国において、幕末の志士、といえば…誰しもが西郷隆盛、大久保利通、坂本龍馬、高杉晋作などなど、ポピュラーなところで名前を挙げることができるでしょう。しかし下級武士だった人たちだけが、のちに志士と呼ばれる偉人になったわけではありません。  例えば、ヤマサ醤油の7代目当主であられた濱口梧陵(はまぐち ごりょう)という実業家もまた、私たち日本人にとって立派な幕末の偉人です。ヤマサ … “濱口梧陵と経世済民”の続きを読む


発展途上国化する日本2016/01/20

 本日、参議院において2015年度の補正予算が成立しました。その補正額は3.3兆円というショボさで、使途の中身をみてもTPP対策やら低所得高齢者への所得移転とやらで、深刻化を極めているデフレへの対策は無きに等しい補正予算となりました。  政府が少なめに見積もっているインチキ試算でも現在の日本デフレギャップは、2015年1-3月期で6.4兆円、4-6月期で8.6兆円、7-9月期で … “発展途上国化する日本”の続きを読む


鉄道インフラ2016/01/19

 昨日、都心部では各鉄道会社が運転本数を減らす、いわゆる間引き運転により多くの通勤者の足に影響がでました。 『雪で「間引き運転」、朝の混乱に拍車 首都圏の各鉄道 http://www.asahi.com/articles/ASJ1L56V3J1LUTIL04G.html 首都圏の各鉄道は18日、積雪で朝のラッシュ時のダイヤが大幅に乱れた。乗客が列車に乗りきれず、駅の入場規制が相 … “鉄道インフラ”の続きを読む


世界平和に貢献しつつ、現実の驚異を克服する日本2016/01/18

  『時代は再び第一次世界大戦前~日本よ、備えはあるか』  第30回(最終回)  昨夜から降り続いた雪により、川崎市にも積雪による被害がでております。私の住む多摩区では、明け方から3,700世帯の地域で停電が発生しています。(午前8時前には復旧したようです)  故・渥美清さんの演じる寅さんがよく言ってました。 「的屋殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降ればいい」と。 … “世界平和に貢献しつつ、現実の驚異を克服する日本”の続きを読む


一極秩序の維持=対米追従、ではない!2016/01/17

 『時代は再び第一次世界大戦前~日本よ、備えはあるか』  第29回  元京都大学教授の故・高坂正堯氏は、国家というものを極めて明確に定義されました。即ち、国家とは「力の体系」であり、「利益の体系」であり、「価値の体系」である、と。  要するに国家とは、軍事、経済、価値の3つ体系から成る存在である、と定義されています。  一方、『文明の衝突』で有名なサミュエル・ハンチントン氏は、 … “一極秩序の維持=対米追従、ではない!”の続きを読む


自衛隊の治安行動2016/01/16

 『時代は再び第一次世界大戦前~日本よ、備えはあるか』  第28回  自衛隊の活動要件というものは、発生する各種事態ごとにそれぞれ法律で制約されています。  最も典型的な例として、外部からの武力攻撃が発生した事態、あるいは明白な危険が切迫していると認められるに至った事態、つまり我が国を防衛するため必要があると認められる場合、内閣総理大臣は国会の承認のもとに自衛隊に対して「防衛出 … “自衛隊の治安行動”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。