Evernoteに保存   

法人税率が企業の投資判断なのか2016/03/15

 昨日の『消費税は法人減税の穴埋め財源』・・・の続きです。 『法人税減税を正式決定 政府・与党 28年度29・97%、30年度29・74%と二段構えhttp://www.sankei.com/economy/news/151208/ecn1512080029-n1.html 政府・与党は8日、法人税改革の全容を固めた。現在32・11%の法人実効税率を平成28年度に29・97%、 … “法人税率が企業の投資判断なのか”の続きを読む


法人減税の穴埋め財源2016/03/14

 過日の川崎市議会(予算審査特別委員会)でも取り上げましたが、本日は消費税についてです。 『消費税「予定通り増税」、自民5割どまり 党県連アンケートhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H0G_T10C16A3PE8000/ 日本経済新聞社は自民、民主両党の地方組織にアンケート調査を実施した。自民党で「来年4月に予定通り消費税率を10% … “法人減税の穴埋め財源”の続きを読む


魔法のような経済政策2016/03/13

 地方自治体には必ず地域の産業・経済を所管する部署がございます。川崎市でいうと「経済労働局」。  その自治体によって局の名称は様々です。例えば、お隣の横浜市さんは単に「経済局」。東京都さんは「産業労働局」などなど。  小規模な自治体は別として、東京都はもちろん川崎市や横浜市のような一定程度の経済規模(GDP規模)を有する都市行政では、その地域の経済情勢をマクロな視点から俯瞰する … “魔法のような経済政策”の続きを読む


市税収入の国際的連関2016/03/12

 川崎市の市内総生産(GDP)は約5兆円、人口は約147.7万人です。ちょうど日本のGDPの1%、人口の1.2%くらいの規模の都市となっています。  実は、日本の国税収入が名目GDPと相関するように、川崎市の市税収入も市内GDPと相関しています。  日本の名目GDPと税収の推移は以下のとおり・・・  つづいて、川崎市のGDPと税収の推移は以下のとおり・・・  さらに興味深いのは … “市税収入の国際的連関”の続きを読む


政府試算は客観的か2016/03/11

 今年の2月、川崎市財政局は『今後の財政運営の基本的な考え方(案)』を策定し、平成32年度までの財政収支フレームを示しました。  ところが、その算定根拠として、内閣府の『中長期の経済財政に関する試算』にある経済成長率や消費者物価指数が使用されています。  そこには、「経済再生ケース」、あるいは「ベースラインケース」のそれぞれのケースの試算があるのですが、いずれもその数字はあまり … “政府試算は客観的か”の続きを読む


科学的事実に基づいた対策を2016/03/10

 昨日の質疑をご覧になってくださった皆さま、誠にありがとうございました。多くの皆さまから激励やご評価のお声を頂戴しました。深く感謝申し上げます。  以下、ご覧頂けなかった皆さまのためにも質疑内容の一部をご紹介させて頂きます。  我が国の喘息死亡数の推移をみると、下のグラフのとおり1995年以降、喘息死亡数は急激に減少しています。  本市健康福祉局によればその最大の理由は「標準化 … “科学的事実に基づいた対策を”の続きを読む


マニフェスト2016/03/09

 本日(3月9日)、川崎市議会予算審査特別委員会で質問にたちます。順番からすると、私の質問は概ね午後5時ごろからだと思います。  インターネット議会中継もございますので、ぜひご覧ください。 (後日、録画中継もあります) http://www.kawasaki-council.jp/  質問内容は、  ①アレルギー性疾患対策について  ②財政の収支フレームと経済見通しについて   … “マニフェスト”の続きを読む


「所得を取り込む」の意味2016/03/08

 今日もまた、亡国の「TPP」について取り上げます。  本日(8日)、政府は今国会に提出するTPP法案を閣議決定します。 『TPP法案、8日閣議決定へ 4月から審議http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF07H14_X00C16A3EE8000/ 政府は8日、環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連11法案を閣議決定する。政府・与党は4月 … “「所得を取り込む」の意味”の続きを読む


憲法改正でも属米化する日本2016/03/07

 戦後レジームからの脱却を・・・  それが第一次安倍内閣の最大のテーマだったと記憶しています。当時の安倍総理の意気込みに、私も大いに期待したひとりです。  ところが、第一次安倍内閣は短命で終わってしまいました。その反省もあってか、第二次安倍内閣では体制変革のことにはあまり触れず、アベノミクスという経済政策を全面に押し出し、株価と支持率を上昇させることで長期政権を実現しました。 … “憲法改正でも属米化する日本”の続きを読む


改憲もいいけど・・・2016/03/06

 報道によると、安倍総理は憲法改正に意欲を示しておられるようです。 『参院予算委 安倍首相「憲法改正、在任中になしとげたい」 http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0302/san_160302_6689921338.html 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、夏の参院選に掲げる憲法改正について「在任中に成し遂げたいと考えている」 … “改憲もいいけど・・・”の続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。