〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



株式時価総額を上昇させるこはできても…2019/06/08

収入を得る人…と言ったとき、世の中には次の二種類の方々がおられます。 1. モノやサービスを生産して所得を稼ぐ人 2. 金融資産を転がして投資収益を稼ぐ人 (もしくは、その両方) 1.はGDPを創出し、2.はGDPを創出しません。 ただし、例えば株式投資で儲けた人が、その収入で何らかのモノやサービスを購入した場合には新たなGDPが生まれますが、購入されたモノやサービスを生産して … “株式時価総額を上昇させるこはできても…”の続きを読む


クニのシャッキン問題こそ最大のフェイクニュースだ!2019/06/07

米国の中央銀行であるFRB(フィデラル・リザーブ・バンク)。 FRBは「物価安定の維持」と「雇用の最大化」という2大目標を掲げつつも達成できていない。 米国の失業率(4月)が約49年ぶりの水準にまで改善したことから、一見すると雇用の最大化という目標は達成したと評価もあるようですが、平均時給が伸びておらず「達成とは言い難い」との指摘が大勢のようです。 同じく我が国の中央銀行たる日 … “クニのシャッキン問題こそ最大のフェイクニュースだ!”の続きを読む


日銀の限界論2019/06/06

本日、安倍総理は総理大臣官邸で、総理在職日数が歴代3位になったことについての会見を行いました。 会見で総理は「第一次政権の様々な経験の上に、第二次政権において5回の国政選挙を国民の皆様から力強い御支援を頂いたお陰で、ここまで来ることができました。(後略)」と述べら国民への感謝の意を示されました。 ただ、感謝するのは国民よりも米国様かもしれない。 戦後政治の悲しい現実として、我が … “日銀の限界論”の続きを読む


副読本『かわさき2019』2019/06/05

過日、川崎市教育委員会から副読本『かわさき2019』が発行されました。 副読本には、川崎の地理や歴史のみならず産業面や文化面についても詳しく解説がなされており、主として市立小学校等の学習教材として使われています。 実は…この川崎市の副読本、昔は実に酷い内容のものでした。 例えば、稲作伝来についての記述は「稲作は朝鮮半島からもたらされた」と断定的に記載し、あるいは「日中戦争」「太 … “副読本『かわさき2019』”の続きを読む


正しい処方箋を…2019/06/04

現在の我が国における経済的(政治的)な危機の一つは、日本人の多くが「デフレ慣れ」(悪い意味で)してしまっていることだと思います。 「デフレ!?…なにそれっ」的な… 少なくとも平成10年以降に生まれた人はデフレ経済の経験しかないし、例えバブル経済絶頂のインフレ経済だった平成元年に生まれた人であっても、ものごころついた歳には世は既にデフレ経済のなかにあり、所得が年々増えていく経済を … “正しい処方箋を…”の続きを読む


伸び悩む設備投資計画2019/06/03

1929年からはじまった世界恐慌によって、世界経済はデフレ化しました。 デフレとは、需要不足(=供給過剰)によって実質賃金と物価とが相乗的に縮小し、日に日に国民が貧しくなっていく現象です。 ご承知のとおり、その発端はNY(ウォール街)でした。 米国はもちろん、日本も例外ではなく、因みにドイツではデフレの中からナチスが生まれています。 幸いにして我が国は、高橋是清という天才的政治 … “伸び悩む設備投資計画”の続きを読む


政府債務が「ケシカラン」と言うのであれば…2019/06/02

先月末(5月31日)に内閣府が発表した「地域経済動向調査」では、全国12地域のうち南関東や近畿など8地域の景況判断が引き下げられました。 その背景を日本経済新聞は「中国経済の減速による影響が各地に及んでおり、輸出の減少による生産の落ち込みが目立つ」としていますが、であるならば、そもそも輸入の落ち込みが国内景気の落ち込みそのものに直結してしまうこと自体が実に不健全です。 内需低迷 … “政府債務が「ケシカラン」と言うのであれば…”の続きを読む


まるで大東亜戦争末期の大本営発表みたい2019/05/31

昨日(5月30日)、日銀の桜井真審議委員が記者会見で、米中貿易摩擦の再燃などを踏まえて「景気はかなり微妙な段階に来ており、(先行きの)不確実性も高まった」と述べました。(日本経済新聞) また櫻井氏は、景気や物価を下支えするために大規模な金融緩和が長期化するが、「現時点での追加緩和は必要ない」との認識を示しました。 景気はかなり微妙な段階というより、かなり「深刻な段階」だと思うの … “まるで大東亜戦争末期の大本営発表みたい”の続きを読む


ネオリベ法案がまた…2019/05/30

「自由な競争市場が資源配分を効率化し経済厚生を最大化させる」という考え方をネオリベラリズム(新自由主義)と称するのであれば、ネオリベラリズムに基づく政治はやがて国民経済を疲弊させ国を滅ぼします。 彼らが言うところの「競争市場」とは、完全情報を有した合理的個人が最適化行動をとる“完全競争市場”のことで、例によって主流派経済学の「一般均衡理論」を前提にしてます。 つまり「市場機能こ … “ネオリベ法案がまた…”の続きを読む


悪魔の税金2019/05/29

きのうの通り魔事件で、小学6年生の女児と外務省職員の男性がお亡くなりになられました。 心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、他の犠牲者及びご家族の皆様におかれましても深くお見舞い申し上げます。 容疑者の男は自分の首を刃物で切り、そののちに死亡しましたが、なぜあのような行為に及んだのか、なぜあの現場であったのか、そしてどのような経路をたどって現場までアクセスしたのか等々、今後 … “悪魔の税金”の続きを読む