〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



国民国家の「存立基盤」2019/04/25

本日、黒田日銀総裁は金融政策決定会合の後、記者会見を開きます。 会見を聞くまでもなく、どうせ結論は「現状維持」でしょう。 国内景気については「緩やかに拡大している」というテンプレフレーズを据え置くでしょうし、物価の見通しも目標とする2%には遠く及ばず目処もたたないので、ひきつづき事実上の「白旗」を上げるのだと思います。 経済番組などを観ますと、総裁の記者会見を「マーケットが注目 … “国民国家の「存立基盤」”の続きを読む


シェアエコノミーはデフレの産物 !?2019/04/24

近年、物・サービス・場所などを、多くの他人と共有(交換)して利用する、いわゆる「シェアエコノミー」が社会的な流行らしい。 シェアエコノミー、もしくは「シェアエコ」「共有型経済」などとも言われています。 例えば、自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングのほか、ソーシャルメディアを活用し、個人間の貸し借りを仲介する様々なシェアリングサービスが登場しています。 乗り物だけでなく、 … “シェアエコノミーはデフレの産物 !?”の続きを読む


経済成長が必要な理由2019/04/23

よく次のような、意見とも質問ともつかいないような言葉を投げかけられることがあります。 「なぜ、経済は成長しなければならいのか?」と。 べつに無成長でも「自分の生活には何ら支障は来さない」と言いたいらしい。 とりわけ、いわゆる団塊の世代(昭和22〜24年生まれ)の方々に多く投げかけられます。 戦後の日本において、もっとも経済成長の恩恵を受けてきた世代かと思われるのですが… 少なく … “経済成長が必要な理由”の続きを読む


池上解説の間違い(借金は悪ではない)2019/04/22

朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレ朝)で、お馴染み池上彰さんが「池上彰のニュース検定」というコーナーを持っています。 今朝、たまたま観ていましたら、「地方交付税が国家予算に占める比率は何割か?」という問題を視聴者になげかていました。 答えは約3割なのですが、驚いたことに、池上さんは解説の中でそのこと(地方交付税が国家予算の3割を占めていること)を問題視されていました。 し … “池上解説の間違い(借金は悪ではない)”の続きを読む


MMT(現代貨幣理論)2019/04/21

ご存知のように、米国では今、「現代貨幣理論(MMT)」をめぐって大論争が巻き起こっています。 MMTは、いわゆる主流派経済学による経済理論とは180度異なる理論で、いわば天動説と地動説ほどの違いがあります。 例えば「財政は赤字が正常で黒字のほうが異常、むしろ、どんどん財政拡大すべき」という、馴染みのない方には少々衝撃的な理論かもしれません。 この理論に米国・民主党のホープとも、 … “MMT(現代貨幣理論)”の続きを読む


資本装備率の向上なくして成長なし2019/04/20

世銀のデータによれば、我が国の65歳以上人口比率は27%(2017年現在)で、ダントツの世界ランキング第1位です。 といって「だから日本は衰退するぅ〜」と言いたいわけではありません。 65歳以上人口の比率が高まろうが、生産年齢人口(15〜64歳人口)の比率が低くなろうが、日本国民一人あたりの生産性(GDP)が向上できれば我が国は普通に発展します。 そのとき重要になるのが「資本装 … “資本装備率の向上なくして成長なし”の続きを読む


真摯な姿勢で歴史に向き合えないNHK2019/04/19

NHK(日本放送協会)という放送局の傲慢さには、まこと辟易とするほかありません。 昨夜もまた不愉快な歴史番組(午後8時〜9時)が放映されていました。 その番組とは『関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編』です。 NHKによれば「“関ヶ原の戦い”の勝負を分けたのは西軍の健康問題だった!?」らしい。 また、「西軍を裏切った小早川秀秋は深刻な病で自分が裏切ったことすら理解していなかった可能 … “真摯な姿勢で歴史に向き合えないNHK”の続きを読む


大切なのはモノやサービスを生産する力2019/04/18

2007年から2008年にかけて世界的に食料価格が上昇しました。 いわゆる食糧危機です。 その主因は穀物生産国における旱魃(かんばつ)及び原油価格の上昇だと一般的には言われていますが、株主利益を最大化するためのグローバリズム政策による犠牲がその背景にあったのは言うまでもありません。 因みに、ハイチやフィリピンではおコメを食べられなくなった人たちの暴動により死者が発生しています。 … “大切なのはモノやサービスを生産する力”の続きを読む


令和政治は平成政治の延長であってはならない2019/04/17

平成という御代が終わろうとしています。 2週間後には、いよいよ新元号「令和」に変わります。 消費税導入からはじまった平成は、30年という長きにわたって経済が成長せず、構造改革の名のもとに「緊縮財政」と「グローバリズム政策」が進められ、日本国の小国化、そして国民の総体的貧困化と格差拡大が顕著になりました。 また、自然災害の多発、他国による領土の侵食、デフレによる経済停滞、首都圏へ … “令和政治は平成政治の延長であってはならない”の続きを読む


食の独立を失う日本2019/04/16

メディアは真剣に報じようとしていませんが、私たち日本国民の食料安全保障を脅かす政治的手続きが着々と進められています。 まず、昨年(2018年)12月30日には、TPP11(米国抜きの環太平洋連携協定)が発効されています。 しかも、米国を含めたTPP12の内容を11カ国にそのまま譲歩して… それとセットで交渉されようとしているのが、TPP12以上の譲歩が為さられるであろう日米FT … “食の独立を失う日本”の続きを読む