〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



低い自己完結率、早い高齢化スピード2019/03/30

現在、高齢者福祉施設が医学的管理(医療的ケア)を救急車に丸投げしてしまう、いわゆる「押しつけ救急」が増えていることから、せっかく改善した救急車の現場滞在時間が再び悪化する懸念が高まっています。 であるからこそ私はここ数年間、川崎市議会において高齢者福祉施設における医学的管理(医療的ケア)の重要性について指摘をさせて頂いているわけです。 さて、我が国では、その地域での入院に係る適 … “低い自己完結率、早い高齢化スピード”の続きを読む


川崎の救急医療体制に新たな課題(後半)2019/03/29

「押し付け救急」の理由としては、次の2つもしくはその組み合わせが考えられます。 ① 高齢者福祉施設における医学的管理に問題があること。 つまり日頃からの医学的管理について家族への説明がなされていないなどのため、家族からの苦情回避の手段としてすぐに救急車を呼んでしまうことなどが考えられます。 ② 川崎市の療養病床の「自己完結率」(その地域の患者がその地域の療養病床に入院できる割合 … “川崎の救急医療体制に新たな課題(後半)”の続きを読む


川崎の救急医療体制に新たな課題(前半)2019/03/28

本市では、救急車が到着してから病院へ向かうまでの現場滞在時間が30分以上も要してしまう割合が、政令指定都市の中で平成19年度から3年連続でワーストワンとなりました。(最悪時の割合は16.5%) そうした状況を踏まえ、私は平成22年から当議会において、国の特例病床制度を活用し、三次救急を除く重症患者を24時間365日体制で受け入れる機能を備えた病院の整備を求めました。 その後、平 … “川崎の救急医療体制に新たな課題(前半)”の続きを読む


小田急線の連続立体交差事業 その3(財源)2019/03/27

本日も、小田急線の連続立体交差事業(一石三鳥案)についてです。 連続立体交差事業は、基本的に「一時期・一事業の原則」があります。 よって、いま行われている京急大師線の連続立体交差事業が終わり次第、速やかにJR南武線の連続立体交差事業(川崎駅〜武蔵小杉駅)に入る予定です。 JR南武線の連続立体交差事業の事業完了まではだいぶ時間がありますので、それまで世田谷町田線(世田道)拡幅のた … “小田急線の連続立体交差事業 その3(財源)”の続きを読む


小田急線の連続立体交差事業 その2(一石三鳥案)2019/03/26

昨日(3月25日)のブログの続きですが、多摩区には小田急線の踏切が10ヶ所あり、そのすべてが国土交通省が定義するところの「開かずの踏切」です。 地上を走る鉄道は、街(地域)を分断し、ヒトや物流の交通流を妨げて市内経済の発展を阻むだけではなく、救急医療をはじめ災害時には避難路や救援路にもなる道路を分断してしまうことから住民の生活安全保障を脅かしています。 さてそこで、これらの問題 … “小田急線の連続立体交差事業 その2(一石三鳥案)”の続きを読む


小田急線の連続立体交差事業 その1(多摩区の現状)2019/03/25

私の住む川崎市多摩区には、小田急線だけで10ヶ所、JR南武線に至っては22ヶ所もの、合計して32ヶ所の踏切があります。 踏切があるということは、むろん小田急線もJR南武線もともに地上を走っていることになります。 JR南武線については、武蔵小杉駅から溝口駅まで、及びお隣の稲城市(矢野口駅)から終点となる立川駅までは既に高架化されています。 そして武蔵小杉駅から川崎駅までの連続立体 … “小田急線の連続立体交差事業 その1(多摩区の現状)”の続きを読む


もはや安倍政権下でのデフレ脱却は不可能なのか2019/03/13

我が国がデフレ(物価と賃金の相乗的縮小)経済に突入したのは1998年のことで、今年で20年目になります。 依然として、デフレ脱却の気配なし。 そのためか、政治家や官僚を含め多くの日本国民がデフレ経済に慣れきっているようです。 むろん、デフレ経済は国民を貧困化させ、国を小国化させる不健全な経済であり、こんなものに慣れきってはいけません。 上のグラフのコアコアCPIとは、生鮮食品と … “もはや安倍政権下でのデフレ脱却は不可能なのか”の続きを読む


福祉施設における「働き方改革関連法」の影響2019/03/09

「働き方改革関連法」が施行され、この4月から福祉現場についても年次有給休暇を10日以上与えられた職員に、付与日から1年以内に5日間取得させることが義務付けられました。 しかしながら、社会福祉法人などの運営事業者は、この年次有給休暇とは別に、年末年始や祝祭日、土曜日、日曜日などの年間休日数をそれぞれ付与して、さらに夏季休暇などの特別休暇を付与している事業者もあります。 ご承知のと … “福祉施設における「働き方改革関連法」の影響”の続きを読む


2019年危機 !?2019/02/21

米国の中央銀行(FRB=連邦準備理事会)は昨日(2月20日)、1月29~30日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表しました。 取り沙汰されてきたように、FRBの保有資産を縮小する「量的引き締め」を巡って議論され、どうやら引き締め時期は2019年後半あたりになるようです。 因みに、中央銀行の資産拡大は通貨発行量の拡大を意味し、資産縮小(引き締め)は通貨発行量 … “2019年危機 !?”の続きを読む


条例改正案に対する意見募集2019/02/13

このたび、私ども川崎市議会議員の有志による条例改正検討プロジェクトチームは、市から町内会・自治会に交付される謝礼金・補助金について明確な基準が存在していないことに鑑み、市が町内会・自治会に謝礼金・補助金を支出する場合においては、あらかじめ要綱等を作成することが必要であると判断し、「川崎市町内会・自治会の活動の活性化に関する条例の一部改正の骨子(案)」をまとめました。 つきまして … “条例改正案に対する意見募集”の続きを読む