〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会の役割2017/07/11

過日の東京都議会議員選挙では、小池都知事の率いる都民ファーストが躍進しました。 その最大の功労者は果たして小池都知事であったのか、あるいは不祥事続きの自民党であったのかどうかは別として、選挙の結果、公明党を含めた小池与党が都議会の過半数を占めることになりました。 さて、東京都議会に限ったことではないのですが、どこの地方議会も硬直化していて、首長(知事とか市長とか町長のこと)提案 … “議会の役割”の続きを読む


新たなGDPから新たな税収が生まれる2017/07/10

本日(7月10日)、内閣府から発表された5月の機械受注統計によりますと、船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.6%減の8,055億円でした。 2カ月連続でのマイナスです。 というか、長期的に低迷が続いている中で、昨年以降、再び落ち込んでいます。 機械受注は、景気の先行指標とされています。 なぜなら設備用機械は受注から納入までに時間がかかるため、3カ月から6カ … “新たなGDPから新たな税収が生まれる”の続きを読む


所得で暮らす国民 vs 投資収益で暮らすグローバリスト2017/07/09

グローバリズムとは、カネ、モノ、ヒトの国境を越えた移動を最大化することです。 その最大の受益者はグローバル投資家及びグローバル企業なので、即ちグローバリズムは株主資本主義を追及するシステムといっていい。 詰まるところグローバリズムは国境(国家)の否定ですので、国境によって守られてきた国民経済や安全保障(ナショナリズム)が破壊されていくことになります。 そのグローバル投資家やグロ … “所得で暮らす国民 vs 投資収益で暮らすグローバリスト”の続きを読む


政府支出を消費しているのは政府でなく国民2017/07/08

昨日(7月7日)、厚生労働省から5月の実質賃金の速報値が発表されました。 5月の実質賃金(きまって支給する給与)の対前年比は、0.1%でした。 早速、時系列でグラフ化してみました。 昨年の10月以降、明らかなマイナス水準です。 実質賃金は、名目賃金(額面の賃金)を消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)で除して算出されています。 なぜなら、どんなに名目賃金(額面の賃金)が上昇 … “政府支出を消費しているのは政府でなく国民”の続きを読む


必要なのは「投資」であって「増税」じゃない2017/07/07

適切な管理が行われていない、いわゆる「空き家」が、防災、衛生、景観などの面で住民の生活環境に深刻な影響を与えていることから、2年前に『空家等対策の推進に関する特別措置法』(以下、「空家特措法」)が施行されました。 川崎市においても空き家対策が進められていますが、現時点では空家特措法の適用対象になった空家はありません。(むろん、空家自体はあります) 空家特措法が適用されると、それ … “必要なのは「投資」であって「増税」じゃない”の続きを読む


日本に深刻な財政問題などない!2017/07/06

昨日(7月5日)は未明から昼前にかけて中国地方、午後からは九州北部地方で局地的に豪雨が降りました。 特に、福岡県と大分県では、所によって雨量が500mm/日を超える記録的な大雨となり、家屋倒壊・浸水や孤立などの被害が多数発生しました。 9人が不明で40万人に避難指示がでています。 また草加市では、これまた台風3号の影響による突風で、市内の住宅や物置などへの被害が相次いでいます。 … “日本に深刻な財政問題などない!”の続きを読む


財出と借金のパラドックス2017/07/05

島根県に大雨特別警報が出ています。 大雨特別警報とは、台風や集中豪雨によって数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される場合、もしくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧によって大雨になると予想される場合に発表される警報です。(気象庁定義) 大雨特別警報が発表されたということは、重大な土砂災害や浸水害が発生するおそれが著しく大きい状況が予想されている、ということです。 … “財出と借金のパラドックス”の続きを読む


再生可能エネルギー固定価格買取制度の弊害2017/07/04

ここ数年、東京電力から『電気使用量のお知らせ』が届くたびに私は腹が立っています。 何に腹が立っているのかといいますと、請求予定金額の一つ「再生エネ発電賦課金等」という項目、即ちFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に対してです。 FITは東日本大震災や福島第一原発事故による国民的ショックを利用することで成立したショック・ドクトリン制度ですが、以来、我が国では、安定的な電源 … “再生可能エネルギー固定価格買取制度の弊害”の続きを読む


有権者の鬱屈とした不満を増長するデフレ2017/07/03

東京都議会議員選挙が終わりました。 なぜ都民ファーストが躍進し、自民、民進が大敗したのかについて、個人的にはあまり関心はありません。 それよりも、国政であれ、都政であれ、市政であれ、現在の我が国にとって最大の懸案事項は、財務省が主導する緊縮財政路線です。 安倍政権は2020年プライマリーバランス(以下、PB)の黒字化目標にむけて憲政史上最大の緊縮を進め、各地方自治体も単年度PB … “有権者の鬱屈とした不満を増長するデフレ”の続きを読む


農業の目的とは2017/07/02

農業の目的の第一は、国民の胃袋を満たすこと、即ち国民をい飢えさせないことです。 その第二は、治水機能の保全のほか、国内作物の原種、原原種を保護するなどの環境的側面です。 そして第三に、ビジネス目的といったところでしょうか。 要するに、農業の目的の大部分は食料安全保障です。 なので私は、川崎市のように農業を所管する部局が経済担当局に属していることに対し、強く異を唱えているわけでご … “農業の目的とは”の続きを読む