〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



行政による貨幣の放出2017/11/08

原油価格が上昇しています。 昨日(7日)の中東産ドバイ原油価格は、1バレル=60.60ドル前後で推移し大台の60ドルを上回りました。 WTI原油価格は57ドル前後で推移していますが、下のグラフのとおり鰻登りで上昇しています。 原油価格上昇の原因は、主としてサウジアラビアの政情不安です。 サウジアラビアでは5日、マンスール・ビン・ムクリン王子とアシール州の高官数人を乗せたヘリコプ … “行政による貨幣の放出”の続きを読む


スネ夫くんの揉み手「外交」2017/11/07

トランプ大統領はすべての訪日日程を終え、本日午前中に次の訪問先に向かいます。 昨日は、赤坂の迎賓館において、メインイベントである「日米首脳会談」が行われました。 会談冒頭の安倍総理とトランプ大統領の挨拶はまことに興味深いものでした。 興味深いというか、現在の国際情勢と日米関係、及び両首脳のそれぞれの立場が実によく象徴されていました。 悪い意味で… まず安倍総理は、北朝鮮問題につ … “スネ夫くんの揉み手「外交」”の続きを読む


ジャイアンをもてなすスネ夫みたい2017/11/06

気がつけば、安倍総理の在任日数が今年の5月27日時点で歴代内閣第3位になっていました。 因みに、本日(11月6日)で総理就任後 2,145日目になります。 戦後日本の特徴として、親米内閣(属米内閣)は長期政権ですが、日本国の主体性を追求した内閣は途中で潰されます。 親米内閣の典型は、吉田、岸、池田、佐藤、中曽根、小泉内閣で、記憶に新しいところでは、小泉総理とブッシュ大統領の、あ … “ジャイアンをもてなすスネ夫みたい”の続きを読む


イヴァンカ、ドナルド、両親子訪日の意味2017/11/05

1985年9月22日、米国のニューヨーク市にあるプラザホテルにおいて、日、米、英、仏、西独の蔵相及び中銀総裁による会議が開かれ、為替レートの安定化に関する合意がなされました。 いわゆる「プラザ合意」です。 中学校3年生の時、テレビニュースでプラザホテルの映像を見た記憶が今でも鮮明に残っています。 「為替レートの安定化…」といえば聞こえはいいのですが、実質的には日本を除く4カ国か … “イヴァンカ、ドナルド、両親子訪日の意味”の続きを読む


日本の医療・介護を破壊する財務省の緊縮財政2017/11/04

いよいよトランプ米国大統領が来日します。 明日(5日)の午前に横田基地に到着し、昼間は名門ゴルフコースである霞ヶ関カンツリー俱楽部(埼玉県)で安倍総理とゴルフを行う予定だとか。 ゴルフはともかく、今回の来日のポイントは、米国側が日本の安全保障上の脅威となっている北朝鮮問題を交渉の全面に押し出しながら、FTA(二国間での自由貿易協定)や貿易交渉で日本側から相当の譲歩を引き出そうと … “日本の医療・介護を破壊する財務省の緊縮財政”の続きを読む


15兆円規模の補正予算を支持します2017/11/02

安倍総理が補正予算の編成を指示したことを受けて、すかさず日本経済新聞は補正予算が真っ当なデフレ対策につながらないように「バラマキ予算の懸念」というネガティブ記事を掲載して封じ込めを図っています。 『補正の陰に歳出拡大圧力 好景気下ばらまき懸念 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22994500R01C17A1EE8000/ 安倍晋三首相が … “15兆円規模の補正予算を支持します”の続きを読む


高まるテロリズムの脅威2017/11/01

日本時間の本日早朝、ニューヨーク・ハッタンでテロが発生しました。 『NYで車突入テロ、8人死亡 容疑者を拘束 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22970380R01C17A1000000/?dg=1&nf=1 ニューヨーク・マンハッタン南部で10月31日夕(日本時間11月1日早朝)、ピックアップトラックが自転車専用道に突入し、ニ … “高まるテロリズムの脅威”の続きを読む


トリクルダウンなる幻想2017/10/31

有効求人倍率が1.5倍を超えて1.52倍になったことを、日本経済新聞が嬉しそうに報道しています。 『有効求人倍率 9月も高水準 1.52倍、正社員は最高 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HQX_Q7A031C1000000/?dg=1&nf=1 厚生労働省が31日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比横ばいの1 … “トリクルダウンなる幻想”の続きを読む


それでも「安倍デフレ継続政権」を信任する日本人の我慢強さ2017/10/30

デフレ = 総需要の不足 ここでいう「総需要」とは、政府、企業、家計、海外という各経済主体による投資と消費の総額を指します。 また、各経済主体による投資と消費の総額を「GDP」ともいいます。 (※金額でみたGDPを名目GDPという) 我が国のGDPが世界のGDPに占める割合を時系列でみますと、下のグラフのとおりです。 1995年には17.6%を占めていましたが、今や6.5%(2 … “それでも「安倍デフレ継続政権」を信任する日本人の我慢強さ”の続きを読む


報道されるべきはデフレの深刻さ2017/10/29

昨日(10月28日)の朝のことだったか、何気なくテレビを観ていましたら、「世界では自動車のEV(電気自動車)化が進んでいる。このままでは、ハイブリッド車などのエンジン技術に強みをもつ日本の自動車産業が衰退してしまう。日本の貿易黒字の50%は自動車産業が担っているので深刻な問題だ」という問題提起がなされていました。 おそらくこの問題提起の背景には「日本は貿易立国で、その黒字の50 … “報道されるべきはデフレの深刻さ”の続きを読む