〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



公害…、労働者…、娯楽…2016/09/25

現在、日本には、いわゆる政令指定都市といわれる自治体が20都市あります。 川崎市、横浜市、大阪市、名古屋市、札幌市、福岡市、京都市、神戸市、広島市、さいたま市、仙台市、北九州市、千葉市、堺市、新潟市、相模原市、熊本市、浜松市、静岡市、岡山市の20市です。 「地方自治法第252条の19第1項の指定都市の指定に関する政令」によると、政令指定都市は人口50万人以上で、都市としての規模 … “公害…、労働者…、娯楽…”の続きを読む


人口に対する認識2016/09/23

川崎市の人口は、この5年間で3.5%増え147万5300人となり過去最高になりました。 『人口、最多の147万人 昨年、川崎市まとめ 5年で3.5%増 http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07455920Q6A920C1L82000/ 川崎市が国勢調査(2015年10月1日時点)を基にまとめた市の人口は、2010年の前回調査と比べ3.5%増の … “人口に対する認識”の続きを読む


見えない人には見えない2016/09/18

現在のグローバリズムは1980年代からはじまりました。 グローバリズム時代とは、モノ・ヒト・カネが国境を越えて自由に移動するボーダレス時代のことです。 実は、かつてもグローバリズムの時代がありました。1820年頃から1920年頃までのおよそ100年間も、まさにグローバリズムの時代です。そのころのグローバリズムは帝国主義を成立させていて、それぞれの白人宗主国は植民地の主権を奪い、 … “見えない人には見えない”の続きを読む


ルサンチマン放火魔2016/09/08

 小池都知事が知事給与を半減するための条例改正案を都議会に提出されるとのことです。  知事給与の半減は都知事選挙の際に公約した政策の一つだったようですので、公約通りの条例改正案の提出ということなのでしょう。  それを小池都知事は「都民の利益のため」と言っているようですが、果たしてそうでしょうか。  全国各地に改革派と称する首長がおられますが、「公務員の削減」及び「その給与の削減 … “ルサンチマン放火魔”の続きを読む


防災安全保障を弱体化させているのは誰だ2016/09/03

 昨日の午後時点における台風第10号の被害は、死者12名、行方不明者4名、重傷4名、軽傷6名とのことでした。ほか、岩手県岩泉町において2名のかたが心肺停止状態で発見されたようです。  被災された皆様におかれては心よりお見舞い申し上げますとともに、命を落とされました皆様のご冥福をお祈り申し上げます。  被災自治体では警察・消防・自衛隊・海上保安庁等との連携により安否不明者の捜索・ … “防災安全保障を弱体化させているのは誰だ”の続きを読む


実質消費支出も5ヵ月連続でマイナス2016/08/30

 本日、7月の家計調査が総務省より発表されました。  二人以上の世帯の実質消費支出は、5ヵ月連続でマイナスです。  上のグラフは2015年1月以来の推移を示していますが、惨憺たる結果ですね。所得(可処分所得)が増えないため、国民のモノやサービスを購入する量が減り続けています。即ち、日本国民が貧しくなっている状況が数字によって裏付けられています。  7月のインフレ率(消費者物価指 … “実質消費支出も5ヵ月連続でマイナス”の続きを読む


地方行政に経済政策なし2016/08/27

 昨日のラジオ出演(ラジオ日本『マット安川のずばり勝負』)をうけ、多くの皆様より激励やお褒めのお言葉を頂戴しました。心より、感謝申し上げます。  さて、番組の中でも申し上げましたが、地方行政においては全くと言っていいほどに、まともな経済分析が行われていません。まともな分析が為されていないので、まともな対策もとられていません。  そもそも、その地域の各種経済統計を精査し、数字によ … “地方行政に経済政策なし”の続きを読む


土木・建築の供給能力も国力の源泉2016/08/23

 去る8月17日、国土交通省から建設総合統計が発表されました。  建設投資(需要)は公共部門と民間部門、そして土木部門と建築部門にカテゴリーされますが、公共建設の8割以上は土木が占め、民間建設の同じく8割以上は建築が占めています。   発表された建設総合統計から、公共部門及び民間部門の建設(土木・建築)投資の2000年から2015年までの推移をみますと下のグラフのとおりになりま … “土木・建築の供給能力も国力の源泉”の続きを読む


港湾というインフラ2016/04/28

私たち日本国民の生活と安全の基盤たるインフラストラクチャー。 「日本は人口が減るから、これ以上のインフラ整備は必要ない」というのは大きな誤解です。 先日のブログでは、重要なインフラストラクチャーの一つである「道路」のもつ多面的機能について述べましたが、本日は「港湾」です。 ご承知のとおり、川崎市も海沿い市域2,053.2haの敷地に港湾をもっています。むろん、埋立ててできた港で … “港湾というインフラ”の続きを読む