〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



行政の借金と個人の借金は違う2017/10/15

本日もまた「健全財政論」をバッサリと切ります。 さて、衆議院総選挙に埋没して、今一つ盛り上がりに欠けている川崎市長選挙。 衆議員総選挙の争点の一つが消費税再増税の可否に代表される財政問題であるならば、川崎市長選挙もまた財政問題が一つのテーマであると思います。 少なくとも候補者の一人が、現今市政の財政収支バランスに言及し、財政の健全化に取り組むことの必要性を主張しています。 要す … “行政の借金と個人の借金は違う”の続きを読む


健全財政論は財政を健全にしない2017/10/14

行財政を家計簿で論じるのは愚の骨頂です。 その典型例が次のような記事です。 『与野党、緩む財政規律=「ばらまき」色濃い公約【17衆院選】 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101201072&g=pol 衆院選は2019年10月の消費税増税への対応が大きな争点だ。自民、公明両党は予定通り10%に引き上げ、財源の一部を教育無償化な … “健全財政論は財政を健全にしない”の続きを読む


デフレが解消されれば待機児童問題も解消される2017/10/10

内閣府の発表によると、我が国の待機児童数は2016年4月11日時点で23,553人とのこと。 なんと待機児童の74%が、首都圏、近畿圏の7都府県、政令指定都市及び中核市を占めているのだとか。 要するに、待機児童問題は都市問題なのです。 さらに驚くことは、待機児童の86.8%は0~2歳の低年齢児童です。 ここで一つの仮説が生じます。 即ち、待機児童問題の主因はデフレ、という仮説で … “デフレが解消されれば待機児童問題も解消される”の続きを読む


経済や資本主義にとって絶対に必要なモノ2017/10/06

いよいよ衆議院総選挙が10月10日に公示されますが、その2日前の10月8日からは川崎市長選挙が先に告示されます。(投票日は同じ10月22日の日曜日です) 私の地元では、まだ告示前であるにも関わらず、街宣車を回し候補予定者の名前を連呼しているケースもみられます。 あまりお行儀の良いことではありませんね。 街宣車を回すことは道路使用許可を取得すれば法律で認められていることなので、そ … “経済や資本主義にとって絶対に必要なモノ”の続きを読む


行政は黒字をあげるべき存在ではない2017/09/30

日本銀行は、10月30~31日に開かれる金融政策決定会合で、2017年度の物価見通しを下方修正する見込みのようです。 日本経済新聞の報道によれば、物価上昇率(インフレ率の上昇)が鈍いため、1.1%としている消費者物価(生鮮食品を除く総合)の前年比上昇率を1.0%以下に下げるのだとか。 これまた突っ込みどころ満載なのですが、2017年度の見通しが1.1%であるのも変な話で、そもそ … “行政は黒字をあげるべき存在ではない”の続きを読む


アベノミクスの目的とは何であったのか?2017/09/29

本日(9月29日)、川崎市議会・決算審査特別委員会で総括質疑に立ちます。 私が質問に立つ時間帯は、概ね午後4:20頃です。 質問内容は、川崎に纏わりつく深い闇について !? …です。 インターネット中継されますので、ぜひご覧ください。 http://www.kawasaki-council.jp/ さて、麻生財務大臣が、企業の内部留保(現預金)が増え続けていることについて問題視 … “アベノミクスの目的とは何であったのか?”の続きを読む


資本主義の不理解者たち2017/09/25

資本主義とは、工場や設備などの生産資産(資本)を形成することで、就業者一人当たりの生産性を向上させるシステムのことです。 生産資産という「資本」を「形成」することを「投資」といいます。 資本主義の資本とは、実はおカネのことではないのです。 さて、一人当たり生産性が向上すると必ず所得(給与)も向上します。 これをGDP三面等価の原則といいます。 例えば、一個100円のパンを10人 … “資本主義の不理解者たち”の続きを読む


「いざっ」という時のための保険2017/09/23

ただいま川崎市議会では、9月定例会(決算議会)を開会中です。 先週は、昨年度の決算を審査するための決算審査特別委員会の分科会が開かれ、私は昨日の環境分科会で、上下水道局と交通局に対して質問を行いました。 私が質問に立つ順番は、無所属会派であることもあっていつも最後です。 なので順番が回ってくるまでの間、他の議員さんたちの質問を聞きながら待つことになります。 たいていの場合、皆さ … “「いざっ」という時のための保険”の続きを読む


亡国は、危機を危機と認識しないことからはじまる2017/09/12

実質GDPが6期連続でプラス成長したことが殊更にクローズアップされ、あたかも日本経済が上向いているような報道がなされています。 しかし、①消費者物価指数、②単位労働コスト、③デフレーター、④GDPギャップ、という政府が「デフレ脱却の4条件」としているそれぞれの指標はいずれも好転していません。 実質GDPが成長しているのは、デフレーターというインフレ率がマイナス化しているからです … “亡国は、危機を危機と認識しないことからはじまる”の続きを読む


論より証拠2017/09/11

ブルームバーグによれば、今週(11日~15日)の債券市場は、長期金利がマイナス幅を拡大することが予想されているとのことです。 その理由として、米欧金利の先高観後退、北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりから円高圧力が掛かりやすく、市場ではそのことが債券の買い手掛かりになるであろう、というわけです。 念のため申し上げておきますが、債券利回りがマイナスになるということは、債券そのものの … “論より証拠”の続きを読む