〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



条例改正案に対する意見募集2019/02/13

このたび、私ども川崎市議会議員の有志による条例改正検討プロジェクトチームは、市から町内会・自治会に交付される謝礼金・補助金について明確な基準が存在していないことに鑑み、市が町内会・自治会に謝礼金・補助金を支出する場合においては、あらかじめ要綱等を作成することが必要であると判断し、「川崎市町内会・自治会の活動の活性化に関する条例の一部改正の骨子(案)」をまとめました。 つきまして … “条例改正案に対する意見募集”の続きを読む


緊縮財政で縮む、介護、医療、公共事業2019/02/12

政府や地方行政の一貫した緊縮財政によって… 働き手の所得が引き下げられ、 人手不足が深刻化し、 生産能力が著しく毀損されている代表的な供給分野が3つあります。 それは「介護サービス」「医療サービス」「公共事業」の3分野です。 これら、介護、医療、防災、インフラなどの産業は、とくに公共性が高く単体では利益を出しにくい分野です。 例えば、典型的なのは道路。 国道であれ、市道であれ、 … “緊縮財政で縮む、介護、医療、公共事業”の続きを読む


切り札とならなかった「企業主導型保育所」2019/02/07

安倍政権が待機児童対策の切り札として導入した「企業主導型保育所」ですが、制度運営の実務を担っている児童育成協会が800カ所の企業主導型保育所を立ち入り調査したところ、なんと7割を超える企業保育型保育所(606ヶ所)が保育計画などに不備があり、指導監査基準を満たしていなかったといいます。 例えば、入所率が半数以下だったり、実態を把握していなかったり、適切な食事を提供していなかった … “切り札とならなかった「企業主導型保育所」”の続きを読む


老朽水道管が増える理由2019/02/03

我が国では、耐用年数を超えた老朽水道管が10万km延長に及んでいます。 川崎市でも、市内にある水道管の1/4が40年以上前に埋設されたもので、やはり耐用年数を超え更新時期を迎えています。 そこで市は、5年前に水道管の更新計画を策定し、少しずつ更新工事を行っています。 なぜ、このような状況になったのでしょうか。 理由は簡単で、1997年以降の我が国政府は、有りもしない財政破綻を理 … “老朽水道管が増える理由”の続きを読む


デフレと緊縮財政を助長した不正統計2019/02/02

政府の不正統計に関するニュースが次々と出てきます。 不正統計は修正され、例えば2018年の賃金水準の対前年比増加率が大幅に下方修正されました。 2018年1月の実質賃金サンプルの変更後、まるで実質賃金の対前年比が大幅に上方しているように見せていましたが、2018年の実質賃金はマイナスだったという事実も確認されました。 結果、一連の不正統計により、デフレを放置してきたアベノミクス … “デフレと緊縮財政を助長した不正統計”の続きを読む


川崎市立看護短大を「4年制大学」化せよ(その2)2019/02/01

昨日(1月31日)、川崎市議会(健康福祉委員会)において、市立看護短大を4年制大学にするための整備計画案が示されました。 2006年の12月議会で私が「市立看護短大の4年制大学化」を建言して以来13年目となる今年、ようやく本格的な整備計画が示されたことは誠に感慨深いことです。 一時は、4年制大学化どころか田園調布学園大学への売却話すら浮上したほどですが、こうして整備計画が示され … “川崎市立看護短大を「4年制大学」化せよ(その2)”の続きを読む


川崎市立看護短大を「4年制大学」化せよ(その1)2019/01/31

川崎市には川崎市立看護短期大学(以下「市立看護短大」)があります。 私はかねてより、この市立看護短大を「4年制大学」に移行するよう議会で建言して参りました。 その最大の理由は、当該大学を本市の地域医療に貢献できる、より有能な看護職を養成する拠点にするためです。 医療の高度化、あるいは専門化など、看護を含めた医療環境の変化の中、地域医療には質の高い看護人材が求められています。 市 … “川崎市立看護短大を「4年制大学」化せよ(その1)”の続きを読む


「外国人専用医療ツーリズム病院」は川崎市だけの問題ではない2019/01/25

葵会という医療法人が川崎市内に「外国人向け医療ツーリズム病院」(病床100床)を開設しようとしています。 昨日(1月24日)も川崎市議会(健康福祉委員会)で、この件についての審議がありました。 外国人向け医療ツーリズムとは、わたくし流に定義すると「金持ち外国人を対象に日本の最先端医療を提供することで利益追求のみを目的とする病院」です。 さて、病床(病院のベッド)は日本国民の公共 … “「外国人専用医療ツーリズム病院」は川崎市だけの問題ではない”の続きを読む


未補修道路でつまずくローマ市民2019/01/17

イタリアローマの「トレビの泉」に投げ込まれるコイン。 ヨーロッパに行った経験がないので、泉にコインを投げ込む気分とはどのようなものであるのかよく解りませんが、泉に背を向けてコインを投げ込むと「再びローマを訪れることができる」という言い伝えがあるらしい。 これまで泉に投げ込まれた浄財は慈善団体に寄付されてきたようですが、財政難にあえぐローマ市が「市の財源として文化財の補修にあてた … “未補修道路でつまずくローマ市民”の続きを読む


火のないところに煙をたてる人たち2019/01/13

何度でもいいます。 我が国に深刻な財政問題(借金問題)などありません。 財政健全化の国際的な定義(政府債務対GDP比率の低下)からしても、下のグラフのとおり、日本政府のそれは既に2017年時点において118%にまで低下しています。 むしろ深刻な問題は、政府がデフレ(需要不足経済)を放置していることです。 この20年間、デフレによって税収が不足してしまうがために、やむなく赤字国債 … “火のないところに煙をたてる人たち”の続きを読む