〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



安倍内閣はデフレ放置内閣2018/05/17

昨日(5月16日)発表されたGDP統計によると、1-3月期(第1四半期)の成長率はマイナス0.2%(前期比)でした。 『1~3月実質GDP、9期ぶり減 消費・住宅投資低迷 年率0.6%マイナス https://jp.reuters.com/news/domestic 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値 … “安倍内閣はデフレ放置内閣”の続きを読む


「空き家」をどう活かすか2018/05/08

福島県会津若松市の東山温泉で懸案となっていた倒壊寸前の旧旅館「高橋館」の解体作業が進められているようです。 幾度となくテレビ等でも報道されていましたが、見るも無残な「高橋館」の光景が印象的でした。 会津若松市が所有者から土地と建物の寄付を受け、川をはさんで向かい側にある旅館「新滝」を経営する株式会社くつろぎ宿が建物の解体撤去費用として約1千万円を負担するとのことです。 解体撤去 … “「空き家」をどう活かすか”の続きを読む


人口増減で経済財政を発想する愚2018/04/30

通説では、「総人口に占める生産年齢人口(15~64歳人口)の割合が上昇すると経済成長が促される」と考えられ、逆に、「生産年齢人口の割合が減少すると経済成長は妨げられる」と考えられています。 前者がいわゆるDemographic bonus(=人口ボーナス)論であり、後者がいわゆるDemographic onus(=人口オーナス)論です。 また、現職の川崎市長は自身のブログで「人 … “人口増減で経済財政を発想する愚”の続きを読む


「捏造公害」と「捏造財政破綻論」2018/04/21

『「東京Deep案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街』(逢坂まさよし+DEEP案内編集部:著/駒草出版)とうい書籍があります。 この本によれば、首都圏において「住みたくない街」の第1位は埼玉県の八潮、第3位が同じく埼玉県の西川口、そしてなんと第2位にランクインされているのが我がまち「川崎」なのだそうです。(ランクインされた理由については、ご購読のほどを…) 今から15年くらい前に … “「捏造公害」と「捏造財政破綻論」”の続きを読む


デフレ前提の地方政治2018/04/08

IMFの統計によれば、2000年から2017年までに人口が減少した国は、我が国を含めて世界に20カ国あるとのことです。 その20カ国の人口減少率をグラフ化してみました。 2000年から2017年における我が国の人口減少率はわずか0.1%で、国際的にみればほとんど誤差の範囲としか言いようがありません。 なのに、巷では「人口が減っているから、もう日本は駄目だぁ~」みたいな負け犬議論 … “デフレ前提の地方政治”の続きを読む


行政の負債縮小が国民の所得を奪う2018/04/07

政治の目的は経世済民です。 経世済民とは、国の安全を守り、国民を豊かにすることです。 「国民を豊かにする」の定義は、国民の所得を増やすこと。 国民の所得が増えていくと、自然、各種のモノやサービスの生産が増えていくことになります。 所得とは、生産されたモノやサービスを購入したときの対価ですので当たり前です。 また、企業を含め国内の所得の合計がGDPです。 GDPが拡大すると、自然 … “行政の負債縮小が国民の所得を奪う”の続きを読む


ETFよりも地方債の購入を2018/04/03

個人投資家一人ひとりの資産運用には限界がありますが、大勢の資金を集めてファンドすれば、規模の効果を発揮し、より大きな額の投資が可能となり、また投資の幅を広げることも可能です。 このように、投資をファンドに信託する仕組みを「投資信託」と言います。 その投資信託の一つに、ETF(Exchange Traded Fund )という金融商品があります。 ETFは投資運用をファンドに任せ … “ETFよりも地方債の購入を”の続きを読む


「限界都市」という汚名2018/04/02

武蔵小杉は、川崎市の中央部に位置しており、JR南武線・横須賀線及び東急東横線・目黒線が交差する重要な交通結節点でもあります。 この地域を川崎市は、「総合計画」において、川崎駅周辺地区及び新百合ヶ丘駅周辺地区とともに「都市の活力向上による持続可能なまちづくりを推進する地区」と位置付けています。 いつもながら、文句は実に立派です。 ところが、その武蔵小杉が、本日の日本経済新聞に「限 … “「限界都市」という汚名”の続きを読む


観念論との闘い2018/04/01

戦国武将・伊達政宗は、18歳で家督を継いだ後、瞬く間に奥州の半分を平らげ領土を拡大し、わずか23歳にして120万石の大大名になりました。 その後、奥州の覇者として君臨しつつ、ついには天下を狙うも時すでに遅しで、名実ともに織田信長の後継者となっていた豊臣秀吉の軍門に下らざるを得ませんでした。 もしも政宗があと10年早く生まれていれば、存分に天下を狙えたであろうと言われています。 … “観念論との闘い”の続きを読む


減り続ける政府負債(日銀の国債保有比率が45%を超える)2018/03/29

昨日(3月28日)、参議院本会議で新年度予算案の採決が行われ、自民党や公明党などの賛成多数によって2018年度予算が可決・成立しました。 一般会計の総額は97兆7,128億円です。 例によってマスコミは「6年連続で過去最大を更新した」(朝日新聞)などと、あたかも予算規模が大きすぎるかのごとく報じています。 さらに朝日新聞は…「税収は59兆790億円と27年ぶりの高水準を見込むが … “減り続ける政府負債(日銀の国債保有比率が45%を超える)”の続きを読む