〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



豊洲市場の安全と安心2017/03/22

報道のとおり、東京都ではいわゆる「豊洲移転問題」が混迷化しています。 都議会百条委員会での石原元都知事の発言を受けて、小池都知事は「法的には安全かもしれないが安心が確保されているわけではない…」と、相変わらず意固地になって、混迷に終止符を打とうという気はさらさらないようです。 豊洲への移転問題に限らず、都政全般をことごとく浜渦元副知事に丸投げしていたとも揶揄されているかつての石 … “豊洲市場の安全と安心”の続きを読む


ギリシャがドイツに勝てない理由(わけ)2017/03/21

運輸、建設業界の人手不足が深刻化しています。 むろん、介護や保育等の福祉分野の現場もしかりです。 長引くデフレ経済の直中にあって、これらの分野はいずれも既に過度なインフレ・ギャップ状態にあります。 『残業時間の上限規制「東京五輪まで猶予を」 運輸・建設業界 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14247960Y7A310C1EA4000/ 安 … “ギリシャがドイツに勝てない理由(わけ)”の続きを読む


属国根性の開国論2017/03/20

開いているように見せつつも、実は開いていないのが覇権国根性。 対して、既に開いているのにもかかわらず、更に開こうとするのが属国根性。 TPP問題をはじめ、ここのところ盛んに行われている自由貿易絶対論は、そのことを強く感じさせます。 竹中平蔵氏あたりに「TPPは自由貿易だからやるんですぅ~」と言われると… 「そうかぁ、自由貿易ならTPPをやらなきゃぁ~」と、つい納得してしまうお○ … “属国根性の開国論”の続きを読む


日銀の国債保有比率は39.1%2017/03/19

去る3月17日に日銀から発表された『資金循環統計(速報)』によると、日本銀行が保有する国債(財投債及び国庫短期証券を含む)は、2016年12月末時点で421兆円とのことです。 政府の発行残高は1,076兆円ですので、日銀の保有比率は39.1%になります。 日銀は政府の子会社です。 なので日銀が政府の借用証書たる国債を購入すると、政府の負債は連結決算で相殺されます。 現に、政府が … “日銀の国債保有比率は39.1%”の続きを読む


ポスト「ポスト冷戦」時代2017/03/18

春といえば、なんとなく麗らかな日和を思わせますが、意外にも荒天の日が多いものです。 安定した冬型の気圧配置が弱まってくることから、好天と悪天が順繰りにおとずれるということなのでしょう。 ひょっとすると、気象予報士泣かせの時期なのかもしれません。 さて、我が国をとりまく国際情勢もまた春の荒天にも増して混迷の時代に突入することが予測されています。 安定した冬型の気圧配置が弱まってい … “ポスト「ポスト冷戦」時代”の続きを読む


日本を蝕む「成長否定論者」2017/03/17

昨日のブログ『東芝をシャープの二の舞にするな』の思いが届いたのか、東芝再建の公的資金案がでているようです。 『東芝再建に公的資金案 半導体分社、政策投資銀を活用 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14188330X10C17A3MM8000/ 経営再建中の東芝を巡り、公的資金を使って支援しようという動きが出てきた。東芝が分離・売却する半導体 … “日本を蝕む「成長否定論者」”の続きを読む


東芝をシャープの二の舞にするな2017/03/16

東芝は、先月2月14日に発表するとしていた昨年4月~12月期の連結決算の発表を3月14日に先延ばししていましたが、更に延期されました。 『東芝、決算発表の再延期を発表 WH問題で追加調査 http://www.asahi.com/articles/ASK3G3FSHK3GULFA00C.html 東芝は14日、同日を期限に先送りしていた昨年4~12月期の決算発表を再び延期すると … “東芝をシャープの二の舞にするな”の続きを読む


プライマリー・バランスの呪縛2017/03/15

昨日(3月14日)、政府は経済財政諮問会議に米コロンビア大学のジョセフ・スティグリッツ教授を招いて、今後の経済財政運営について議論した模様です。 私が申し上げるのも誠に僭越ですが、ジョセフ・スティグリッツ教授は『ノーベル経済学賞』を受賞した数多の経済学者のなかでも、他を圧倒して実に説得力のある理にかなった解説をされる学者さんです。 因みに、ノーベル経済学賞について補足させて頂き … “プライマリー・バランスの呪縛”の続きを読む


世界一の為替介入国家2017/03/14

昨日のブログをご覧になってくださった方から、「(昨日のブログに掲載されている)中国の外貨準備高のグラフをみると、2013年をピークに減りはじめているようだが、いよいよ金持ち国家にも陰りが見えはじめたのか?」というご質問を頂きました。 まず申し上げねばならないのは、外貨準備高は「金持ち度」を図る尺度ではない、ということです。 CHINA(シナ)の外貨準備高が増えた最大の理由は、人 … “世界一の為替介入国家”の続きを読む


戦々恐々とする人民元相場 !?2017/03/13

先週の金曜日(3月10日)、2月の米国雇用統計が発表されました。 ロイターによると好調さが確認されたことから、いよいよ米国(FRB)の利上げが迫っています。 『米国株が小幅続伸、好調な雇用統計で月内利上げ観測強まる http://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN16H2R1 米国株式市場は小幅続伸。朝方発表された米雇用統計は米経済 … “戦々恐々とする人民元相場 !?”の続きを読む