〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



パートタイム労働者比率とデフレ経済2017/03/12

OECD(経済協力開発機構)は、各国の「パートタイム労働者比率」を公表しています。 それをG20ベース(2015年時点)でランキングしてみますと、日本国のそれは豪州(オーストラリア)、英国に次いで第3位となり、国際的にも高い比率を示しております。 パートタイム労働者比率の分母は総就業者数です。 よって算出式は次のとおりになります。 パートタイム労働者 ÷ 総就業者 = パートタ … “パートタイム労働者比率とデフレ経済”の続きを読む


消費税増税(5%→8%)以降、内需はゼロ成長!2017/03/11

今更ながら、テレビやインターネットの普及はもちろんのこと、各種の情報媒体の充実によって、大量の情報が瞬時に流布する時代になりました。 例えば、日本のどこかに住んでいれば、今や「森友学園」を知らない人はおられないでしょう。 とはいえ不思議なもので、政治の世界では、正しい情報に基づく正しい政策が、正しく認知され正しく施行されているわけではありません。 瞬時に拡散する情報が常に正しい … “消費税増税(5%→8%)以降、内需はゼロ成長!”の続きを読む


「命の道」の費用便益比(B/C)2017/03/10

国土交通省は、道路事業を進めるにあたって、事業ごとに費用便益比というものを算出します。 いわく「道路事業の効率的かつ効果的な遂行のため、新規事業採択時評価、再評価、事後評価の各段階において、社会・経済的な側面から事業の妥当性を評価し、併せて、評価を通じて担当部局においてより効果的な事業執行を促す」ために、だそうです。 費用便益比、いわゆるB/Cです。 B は、Benefit(ベ … “「命の道」の費用便益比(B/C)”の続きを読む


負のスパイラル2017/03/09

昨日(3月8日)の議会質問をご覧頂きました皆様、ありがとうございました。 質問のポイントは、生産年齢(15~64歳)人口が減少していくなかで、いかにして税収を増やし国民福利を充実させていくのか、そして、そのためにやるべきことは既に明白である、という点でした。 川崎市の人口推計では、生産年齢人口のピークは2025(平成37)年となっています。 しかし、生産年齢人口比率という概念で … “負のスパイラル”の続きを読む


減り続けるエネルギー分野の政府開発予算比率2017/03/08

本日は、川崎市議会「予算審査特別委員会」で質問にたちます。 時間は概ね午後4:30以降になろうかと思います。 インターネット議会中継がありますので、ぜひご覧ください。 2日後には、インターネット録画中継も川崎市議会ホームページからご覧になれます。 http://www.kawasaki-council.jp/ さて、昨日のブログの補足ですが、米国の中央銀行FRBが いよいよ利上 … “減り続けるエネルギー分野の政府開発予算比率”の続きを読む


新たな段階以上の脅威2017/03/07

昨日のブログでも申し上げましたとおり、いかに経済力に乏しい北朝鮮とはいえ、ミサイルの打ち上げを根気強く繰り返し行うことによって、それなりの技術力を蓄積していくことが可能です。 北朝鮮のミサイル発射は、昨日や今日にはじまった話でもあるまいし、今さら「新たな脅威の段階」とか言ってる場合じゃないと思います。 『北朝鮮 弾道ミサイル 首相「新たな段階の脅威」 http://www3.n … “新たな段階以上の脅威”の続きを読む


軍事・国防分野の政府研究開発費2017/03/06

本日から川崎市議会では予算審査特別委員会が開かれ、来年度予算についての審査が行われます。 私の質疑は明後日(3月8日)の夕方です。 さて、先ほど北朝鮮がミサイルを日本海に向けて発射したようです。 『北朝鮮、日本海に向け飛行体発射 聯合ニュース http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H0E_W7A300C1000000/?dg=1&amp … “軍事・国防分野の政府研究開発費”の続きを読む


これで、どうやって…2017/03/05

今日からシナでは、我が国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)がはじまるとのことです。 それに先立って、全人代の報道官から2017年度の国防費が発表されました。 『中国国防費、初の1兆元超に 17年予算7%増 景気減速映し2年連続1桁の伸び http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC04H0Q_U7A300C1MM0000/ 中国の全国人民代 … “これで、どうやって…”の続きを読む


研究開発の重要性2017/03/04

マサチューセッツ工科大学のマービン・ミンスキー教授は、「人工知能の父」と呼ばれるほどのコンピューター科学者として有名です。 マービン・ミンスキー教授は若かりしころ、当時はAT&Tの研究機関であった、あのベル研究所で一夏を過ごす機会を得たそうです。 AT&Tは、米国のNTTとでも思ってください。 教授は、そのベル研究所で「30年以内に成果が出るような研究には手をだすな」と繰り返し … “研究開発の重要性”の続きを読む


大和魂なき男の顔2017/03/03

女性には女性の「感」というものがあるように、男にも男の「感」というものがあるようで、この場合「感」というより「直感」と言ったほうが良いかもしれず、私のような愚鈍な者でも、第一印象で瞬間的に「あっ、こいつ悪い男だ!」と察知できる事がときたまあります。 先日、たまたまテレビをつけたら、映画『時をかける少女』(東映、1983年)が放映されていました。 リメイク版でなく、原田知世さんの … “大和魂なき男の顔”の続きを読む