〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 川崎市政

日本の地域医療を米国化させるな!2018/11/26    

11月22日に発表された10月の消費者物価指数(前年同月比)は…
生鮮食品を除く総合=コアCPI 1.0%
食料(種類を除く)及びエネルギーを除く総合=コアコアCPI 0.2%
…でした。

さて今日は、私の議員としてのライフワークでもある「地域医療」について取り上げさせて頂きたいと思います。

今から3年前の話になりますが、2015年6月10日付けの日本経済新聞に衝撃的な記事が掲載されたことをご存知でしょうか。

執念深く、未だ私のPCにブックマークされています。

『医療費、都道府県ごと管理
厚労省懇、20年後にらみ提言 総額超過なら診療報酬下げ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO87899310Q5A610C1EE8000/
厚生労働省の懇談会は9日、2035年を見すえた中長期の医療政策の提言をまとめた。都道府県ごとに医療費の総額を管理し、想定を上回った地域は保険医療の公定価格である診療報酬を減額する案を提起。医療費そのものの伸びを抑えるため、健康への影響が指摘されるたばこや酒、砂糖などへの課税を強化する案も盛り込んだ。(後略)』

記事は、「都道府県の医療費が想定を越えた場合、その地域の診療報酬を減らすことで総額を管理する」という提言を厚労省の懇談会がまとめたというものです。

要するに厚労省は地域ごとに医療費の削減競争をさせようとしているわけです。

3年前にこの記事を読んだとき「ついに日本の医療もアメリカ化していくことになるのか」と戦慄を覚えたものです。

なぜなら、アメリカでは日本に先立って、医療費の削減を競争させる政策が採られているからです。

とりわけ高齢者医療に関しては、地域の医療費を決められた予算内に収めさせるために、全米各地に病院関係者らで構成される「ACO」というグループがつくられました。

数あるACOの中で、最も医療費の削減に貢献したACOにはボーナスが支給されます。

その一方で、手術を行い退院した高齢患者に対し術後検診やリハビリを行った病院(退院後30日以内)には罰金が課せられます。

今後、ACOは更にふるいに掛けられ、やがてアメリカでは重症患者以外の患者は「ウォルマートクリニック」なる、いわばドラックストアでの診療になってしまうのだとか。

ウォルマートクリニックは建前上「病院」ということになっていますが、ほとんどがアルバイトスタッフで運営されている、ふつうのドラックストアです。

例えば日本国民たる川崎市民が市立多摩病院に言ったら「ここはあなたの来るところではありません。あなたが行くべきはマツモトキヨシ(あくまでも例え話)です」と言われるようなものです。

当たり前ですが、国民皆保険が成立していないのですから診療拒否は横行します。

因みに、トランプ米大統領が廃止しようとしているオバマケアは、日本のような国民皆保険制度ではありません。

オバマケアは、日本でいうと全国民の民間医療保険への強制加入です。

入らないと罰金をとられます。

その罰金額も年々上昇していきます。

しかも保険料は民間保険会社の言い値。

なんと4件に1件は、保険会社から「不必要な治療だ」などと言いがかりをつけられて、保険料を支払ってもらえないケースがあるのだとか。

つまり、やたらと高い保険料を負担させられているのに、アメリカ国民の25%が治療を受けられないという事態に陥っています。

皮肉にも、レーガン大統領以降の新自由主義改革によって、アメリカでは保険会社の吸収合併が繰り返され保険会社の寡占化が進んでしまったため、彼らの意図するような市場原理競争はほとんど機能していないようです。

さらには、低所得層を対象とした医療福祉制度である「メディケイド」も悲惨です。

メディケイドは、治療マニュアルが予め医師に課せられているため、患者の容態に応じた治療ができないのだそうです。

加えて、その医師には、ちゃんとマニュアルどおりの治療をしたかどうかの確認書類の提出義務までが課せられています。

その書類があまりにも膨大である上、おまけにメディケア患者を診療した際の医師の報酬は定価から3割も引かれてしまうため、メディケア患者の受け入れを拒否する病院も多いのだとか。

これが、国民皆保険なきアメリカにおける地域医療のほんの一端です。

前述の厚労省懇の提言にあるとおり、我が国においても地域ごとに医療費を削減させる制度が検討されています。

また本市の川崎区においては、某医療法人によって「外国人向け医療ツーリズム病院」が開院されようとしています。

もしもこうした病院が全国いたるところに開院されれば、国民皆保険はやがて形骸化し、お金持ちとそうでない人たちとの間で、恐ろしいほどの医療格差が生じることになります。

日本をそんな国にしていいのでしょうか。

いいわけがない!