〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

「一人の国民の生命も失わせない」ための法律なのに…2018/09/06    

北海道が震度6強の地震に見舞われました。

詳しい被害状況は不明ですが、余震も続いており、今後は二次災害による更なる被害が心配されます。

北海道の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

報道によれば、今回の地震は断層型地震とのことでした。

断層面を境にして両側の岩盤が上下方向に動くときを「縦ずれ断層」と呼びます。

このとき、岩盤の浅い側を「上盤」、深い側を「下盤」というのですが、「縦ずれ断層」のうち、両サイドから岩盤が押され上盤側がずり上がる場合を「逆断層型」といい、両サイドへ岩盤が引っ張られ上盤側がずり下がる場合を「正断層型」といいます。

一方、両側の岩盤が上下方向ではなく水平方向に動くときは「横ずれ断層」というのですが、我が国の内陸地震では、中部地方から西日本にかけては「横ずれ断層型」が多く、東北地方などの北日本では「逆断層型」が多いと言われていました。

なるほど、今回の北海道地震も「逆断層型」とのことです。

この「逆断層型」は、断層地震の中で一番地震の揺れが大きくなる断層といわれています。

タイミング悪く台風21号による豪雨の直後ということもあってか、多数の土砂崩れが発生しています。

未だ停電解消の見通しも立っておらず、ライフラインが滞っている地域もあることから、国を挙げての救援復旧対処が求められます。

こうしたとき迅速かつ充分に、ヒト、モノ、技術を投入できる力こそ国力です。

おカネ(財政)など、その手段の一つに過ぎません。

そもそも事前に充分なる国土強靭化策(防災インフラの整備更新)がとれていれば、もっと被害は抑制されていたはずですが…

昨日も申し上げましたとおり、我が国の『国土強靭化基本法』は名ばかりで、バカげた「財政規律」とやらの制約によって具体的な予算がついていません

『国土強靭化基本法』には、「一人の国民の生命も失わせない」という事が明記されています。

しかしながら現実には、地震、台風、ゲリラ豪雨が発生するたびに、日本国民の生命が奪われています。

このままでは国民の国家に対する信頼が揺らいでゆき、様々な安全保障を支えている健全な「ナショナリズム」が破壊されてしまいます。

何度でも言います… 100%自国通貨建てで国債を発行している日本政府に、深刻な財政問題など存在しません!