〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

だから言ったこっちゃない「日韓合意の反故」2018/01/22    

韓国には「魏志倭人伝の時代、竹島に85人の朝鮮人が暮らしていた」という浮説があるようです。

魏志倭人伝といえば、我が国では卑弥呼さんが邪馬台国で活躍していた時代ですが、あの時代に85人もの人間がどのようにしてあの島で暮らすことができたのでしょうか。

ちょっと考えれば、ありえない説であることは一目瞭然だと思うのですが…

彼の国ではそうはならない。

むろん、我が国から竹島を掠め取ったことを正当化するためのデッチアゲなのでしょうけど。

恐ろしいことに…

浮説は他にもあって、前方後円墳は韓国発だったとか、大和政権は朝鮮の植民地だったとか、法隆寺は朝鮮人が建てたものだったとか、茶道・華道・盆栽は韓国発祥の文化だとか…

因みに、オリンピック種目となったテコンドーについても、まるで韓国古来の武道であるかのように喧伝されておられますが、韓国人が日本で空手を学び、それを韓国で広めたことがテコンドーのはじまりであろうに。

そのうち、柔道や相撲についても「もともとは韓国の国技なんだ」と言い出しかねませんね。

日本による韓国併合(日韓併合ではない)についても、「この併合によって韓国の文化文明が衰退した」、あるいは「この併合がなければ韓国の文化文明は衰退しなかった」というのうが彼の国の歴史認識だそうです。

日本国民として言わせてもらえば、当時の日本ほど朝鮮半島の近代化を願ってやまなかった国はないでしょう。

それは、日清戦争終結の際の下関条約において、日本が清に対して「朝鮮の独立」を認めさせている史実からみても明らかです。

朝鮮半島の独立と近代化こそが、南下政策をとっていた帝政ロシアに対する我が国の最大の自衛策だったからです。

しかし残念ながら、彼の国の力量では独立どころか近代化することすらできませんでした。

そのお陰で、我が国は莫大な費用と多くの将兵の犠牲を払って日露戦争を戦わざるを得ない状況に追い込まれていきました。

結果、有色人種で唯一、我が国は白人国家に近代戦で勝利することになりましたけど。

しかし勝利してしまったがゆえに、今度はその代償として併合などしたくもなかった朝鮮半島を併合せざるを得なくなってしまいました。

併合してみたらビックリ…

電気も鉄道も戸籍も統計も独自の通貨もなく、そして女性には名前すらなかったことが解りました。

女性には姓があっても個々の名前がなく、識字率もほぼゼロ。

因みに日本では、ヨーロッパに500年先駆けて、既に平安時代には紫式部や清少納言などの女流文学が成立しています。

江戸時代、寺子屋の先生の1/3は女性です。

そんな日本が韓国を併合したとき、女性差別の酷さにはことのほか驚かされことでしょう。

そんな朝鮮半島に、電気や鉄道を通し、学校や病院を建て、言葉を教え文字を広めて文明をもたらしたのが併合した日本です。

とにもかくにも歴史というものをまじめに見ようとしない国が、厄介にも我が国にとって最も近い隣国なのです。

いわゆる「従軍慰安婦問題」を含めた彼の国との歴史問題は、昭和40(1965)年に結ばれた日韓基本条約をもってすべて最終的に解決している、それが我が国の公式な政府見解であるはずなのに、河野談話だの村山談話だの日韓合意だのと、無知で浅慮な為政者たちが話しを拗らせています。