〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 川崎市政

ご即位の日を「5月1日」にされたことの意味2018/01/20    

政府は、今上陛下の強制譲位後に皇太子殿下がご即位される日を、5月1日と決めました。

5月1日といえば、メーデーの日です。

その起源は、1886年にアメリカの労働組合(後のアメリカ労働総同盟)が8時間労働制要求を目的として行ったストライキだとされています。

我が国では、昭和27(1952)年5月1日、「天皇制打倒!」「皇居前広場を解放して人民広場とせよ!」との奇声を発し警備に当たる警察官と乱闘騒ぎになり、結果、2名が死亡した「血のメーデー」が象徴的です。

今もなおメーデーは、この残像を抱きながら毎年繰り返されています。

では、どうして5月1日が労働者祭典の日となったのでしょうか?

それは「革命」記念日だからです。

なんと、あの秘密結社イルミナティが創設されたのが1776年5月1日です。

創設したのは、南ドイツのバヴァリア(現在のバイエルン)のアダム・ヴァイスハウプト(インゴルシュタット大学の法学部教授)です。

当時のバヴァリアはイエズス会の支配下にあって、ヴァイスハウプトはイエズス会員の家に生まれ育ったとのこと。

ところが彼は、キリスト教的信仰を否定し、唯物論、自由平等思想、革命思想を唱へ、その実現の手段としてイルミナティを創設しました。
※典拠:トロツキスト裁判でのラコフスキーの証言

因みに、この思想をルソー、マルクス、ニーチェなどが受け継いだことは言うに及ばず。

ラコフスキーの証言は、革命国家が「主(ヤハウェ、エホバ)の権利」を合理主義(理性論)によって奪取してきたことの思想的系譜を示しています。

とすれば、我が国の次代は、この革命思想による皇室廃絶を目指す記念日から始まることになります。

即ち、来年のご即位の日が、皇統断絶、皇室解体の始まりを象徴する日になるということです。

ご承知のとおり、もう既にメディアを含む政治の政界では、女系天皇容認、女性宮家創設など、皇統断絶、皇室解体を目論む典範改正派らが暗躍しています。

日本国とは祭祀の国であり、日本人とは祭祀の民です。

その祭祀の中心にあって君臨し継承されてきた貴重なる存在こそが皇室皇統なのです。

もしも皇室が廃絶され、皇統が断絶されたら、もはや日本が日本ではなくなり、日本人が日本人ではなくなるのです。