〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 川崎市政

平成30年 日本の危機は続く2018/01/01    

謹んで、新春のお慶びを申し上げます。

無事、今年も初日の出を拝することができました。

色鮮やかなご来光を眺めつつ、改めて政治の目的は「経世済民」であることを深く心に刻んだ次第です。

経世済民とは、一に安定的な経済の成長、二に主体的な安全保障の確立、三に健全なナショナリズム(国民主義)の育成を実現することです。

今の日本はどうでしょうか。

経済面では安定成長どころか長引くデフレによって国民経済は貧困化しています。

安全保障面では、例えば北朝鮮による脅威に対しても、我が国はひたすら米国様頼りで主体性薄。

そうした中、今年は昨年にもまして北朝鮮有事の可能性が高まりつつあります。

国防のみならず食料安全保障の面においても、我が国の稲を守ってきた種子法が廃止されたほか、引き続き農協解体に向けた政治的動きも活発化しており、私たちの食の安全は脅かされています。

あるいは改正国家戦略特区法では、農業分野において外国人を雇用契約に基づいて就農させることが決定されました。

いずれ我が国は、外国人の力を借りなければ食料を生産することができない国になり果ててしまうことでしょう。

また、防災安全保障の面においても、世界屈指の自然災害大国であるにもかかわらず、政府による緊縮財政路線により公共インフラが全国的に老朽化しています。

経済の安定成長と主体的な安全保障を確立するための基盤がナショナリズム(国民主義)ですが、昨年は我が国のナショナリズムの支柱たる皇統皇室を貶めようとする政治的暗躍もありました。

年が改まったとはいえ、我が国の危機は依然として続いています。

一人の国民として、そして市議会議員として、自分にできることは何かを常に考え果敢に行動して参る所存です。