〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

君が代記念日2017/08/12    

本日(8月12日)は、君が代記念日です。

1893(明治26)年のこの日、文部省により「君が代」が小学校の儀式用の唱歌とされました。

もともとは西郷隆盛公の従弟にあたる大山巌元帥が、天皇陛下が臨席する儀式用の歌としてこれを選んだのがはじまりです。

正式に法制化されたのは1999(平成11)年で、つい最近のことです。

とはいえ、べつに法律で定められなければ国歌ではない、ということでもありません。

世界には、英国のように国歌を法制化していない国などたくさんあります。

我が国においての法制化は、以前よりあったものを改めて成文法で確認しただけのことです。

国歌で最も古いのは16世紀後半のオランダ国歌「ウィルヘルム」だそうですが、歌詞だけなら、10世紀初頭の『古今和歌集』を出典としている点で我が国の「君が代」が世界最古です。

因みに、スペインの国歌は曲だけで歌詞がありません。

また意外と知られていませんが、「君が代」は、明治・大正時代に世界国歌コンクールで2回ほど1位になっています。

一度目は1903(明治36)年のドイツで1位、そして二度目は大正時代にニューヨークで開かれた世界国歌コンクールで特等だったそうです。

国歌に優劣をつけるなど、とても現代では考えられませんが、世界で評価されるとなると、やはり日本人としては嬉しいものです。

さて話しは変わりますが、北朝鮮がグアムへのミサイル発射を示唆したことにより、米朝関係が緊迫しています。

それを受けて為替市場では日本円が買われています。

『円高進行・アジア株下落、米朝緊迫でリスク回避
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170811-OYT1T50077.html?from=ycont_top_txt

北朝鮮情勢の緊迫化が世界の株式市場を冷やしている。11日のアジアの主要株式市場は下落し、ロンドン株式市場も下落して始まった。シンガポール外国為替市場では比較的安全な資産とされる円を買う動きが強まり、円相場は一時、1ドル=108円台後半まで上昇した。(後略)』

それに合わせて「有事の金」といわれている「金」の値段も上がっています。

昨日(8月11日)も例のごとく、いくつかの大手新聞社が「国の借金、1078兆円で過去最高 by 財務省」という趣旨の記事を書いていましたが、シャッキンでハタンしそうな国の通貨が有事に買われるはずがありません。

このことは、国際社会が(少なくとも為替市場参加者たちが)、日本政府の財政破綻リスクがゼロであることを理解していることの証左です。

何度でも言います。

「ニホンはクニのシャッキンでハタンする論」はインチキです。

こうしたインチキ論の蔓延は、ある意味で我が国にとって北朝鮮のミサイル以上に脅威です。