〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 川崎市政

資本主義 vs 家計簿ポリティクス2017/07/12    

日本経済新聞によれば、昨年度(2016年度)の地方税収は40.3兆円で前年度比0.1兆円の減とのこと。

前年度を下回ったのは7年ぶりのようですが、国と地方の租税総額も7年ぶりに減少する見込みです。

そりゃそうでしょ、馬鹿げた緊縮財政によって再デフレ化しているのですから。

地方税収で最も落ち込んだのは地方消費税のようですが、地方消費税は消費税率8%のうち1.7%分が地方自治体に配分されています。

年度前半の円高によって輸入品にかかる消費税が円換算で減少したことで、0.3兆円の減になったのだとか。

消費税は景気の変動に左右されないことが売りだったと思いますが、日本経済新聞の報道によれば、為替の変動によって地方税収が左右されるような税だったのですね。

そもそも、円高で輸入品にかかる消費税収が減ったことで地方税収が落ち込んだということは、もともと輸入量が増えておらず、これまでは円安によって地方消費税が下支えされてきたことを示しています。

要するに、国内需要が弱くて輸入量が増えないわけですから、デフレということですね。

川崎市の場合、基本的には市税収入の大部分を固定資産税(39.5%)と個人市民税(40%)が占めているのですが(今年度ベース)、本市の地方消費税(正式名称は「地方消費税交付金」)収入は、2015年度が251億円で2016年度は232億円になる見込みです。

たしかに2016年度は前年比で20億円弱減っていますが、これは消費税の徴収体系に複雑な経緯と事情があってのことです。

そのため本市財政当局は既に地方消費税交付金の減額を見越していましたので、減っているとはいえ当初予算どおりの数字です。

この複雑な徴収体系もまた、消費税なる税金がいかに悪税であるのかを物語っています。

詰まるところ、地方消費税収の落ち込みによる川崎市への影響は、おそらく3億円程度ではないでしょうか。

さて、消費税とともに悪税なのが家計や個人に対する資産課税です。

例えば、川崎市の基幹的税収である固定資産税もまた典型的な資産課税の一つで、景気の変動に左右されないという安定的な財源ではあるものの、私に言わせれば私有財産権の侵害という点で立派な「悪税」です。

固定資産税であれ、相続税であれ、個人や家計が保有する資産に対する課税は、国家による私有財産権の侵害そのものです。

資産課税は資産を有しているかぎり、例え低所得者であっても平然と税を課すことになります。

ご承知のとおり、退職した年金生活者の住宅に対しても、容赦なく固定資産税が課せられています。

本来、税金なるものは基本的に「所得」に対して課すべきであり、国民に雇用をつくってその所得を増やすことこそがまさに政治の目的です。

加えて累進課税制度など所得に応じた課税率を適用すれば、いわゆる「中間所得層」の分厚い、強い経済社会を構築することが可能です。

中間所得層が分厚くなると、高度経済成長期の日本がそうであったように、まちがいなく経済は安定的に成長していきます。

一方、川崎市ではここ数年、個人市民税の税収が増えています。

それは東京や横浜に挟まれているという地理的利便性を活かして行われた武蔵小杉等への投資が、首尾よく効果を発揮し人口が増えた結果です。(因みにこれは前の安部市政の成果)

今後は、本市の生産年齢人口比率が既に減少しはじめていることもありますので、人口を増やして税収を増やすのではなく、人口が減っていくなかでも税収を増やしていくという戦略的発想の転換が必要です。

むろん、人口減でも経済成長は可能です。

人口が増えないと絶対に経済は成長しない、と考えているヒトたちは根本的に「資本主義」を理解していないヒトたちです。

仮に労働投入量が減少しても「資本」を投じることで労働者一人当たりの生産量を拡大していくシステムのことを「資本主義」といいます。

資本を投じる、ということは「投資をする」と同義です。

投資をする、ということは「借金をする」と同義です。

借金をする、ということは「成長する」と同義です。

成長する、ということは「所得を増やす」と同義です。

所得を増やす、ということは「税収を増やす」と同義です。

税収を増やす、ということは「国民生活の安全保障が強化される」と同義です。

国民生活の安全保障が強化される、ということは「国民が所得を稼ぐ土台が強化される」と同義です。

国民が所得を稼ぐと、だまっていても税収は増えます。

ところが、冒頭のような税収減の話しが出ると、必ず「てぇへんだぁ、行政の歳出を減らさなきゃ」となるのが一般的です。

これを「家計簿ポリティクス」といいます。

デフレ期に行政が歳出を削減すると、余計にデフレ化します。デフレ化すると余計に税収が減ります。

税収が減るとまた、家計簿ポリティシャンたちが「歳出を減らさなきゃぁ~」となって…

…いい加減にしてほしい。