〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

瑞穂の国なのに「遺伝子組み換え作物」が…2017/05/12    

先月の4月14日、『主要農作物種子法を廃止する法律』案が参議院で可決成立したのをご存知でしょうか。

主要農作物種子法(以下「種子法」)は、主要農作物の優良な種子の生産と普及を促進するための法律であり、これまで、我が国の稲、麦、大豆などの主要農作物の種子(在来種)を良質かつ安価にして生産し普及するよう都道府県に義務付けてきました。

むろん、我が国の食料安全保障を守るためにです。

ところが、それを廃止する法案が、去る2月10日に内閣から国会に提出され、3月28日に既に衆議院を通過、その後4月14日には早くも参議院を通過して、4月25日に公布されたのです。

おそるべきスピードです。

安倍内閣が国会に提出した議案要旨には、種子法を廃止する理由として、①種子生産者の技術水準の向上等によって種子の品質が安定してきていること、②農業をめぐる状況が変わってきたことの2点が挙げられていますが…

種子法の廃止を強く提言したのは、例によってネオリベ的政策を推進している「規制改革推進会議」(総理の諮問機関)だそうです。

規制改革推進会議によると「都道府県がいい種子を安価で売っているために民間の種子が売れずにけしからん」とのことです。

だったら価格調整できるように法律を改正すればいいだけの話しなのに、強引に廃止することになったのです。

種子法が廃止されたことで、日本在来の優良な種子が農家に入ってこなくなることは必至です。

そこに、規制改革推進会議の目論見どおり、民間の種子が新規参入してくるわけですが、ここで言う「民間の種子」とは、主としてモンサントがつくる遺伝子組み換え種子です。

要するに、今回の廃止は、モンサントのような外資の種子会社の参入を促すことが大きな目的であったと推察します。

驚くなかれ、そのモンサントの遺伝子組み換え種子は、「ラウンドアップ」という強力な除草剤、即ち農薬に対する耐性があるらしく、他の植物はすべて枯れるが、モンサントの遺伝子組み換え種子の作物だけは枯れないように遺伝子組み換えされているのだとか。

遺伝子に、ラウンドアップに対する耐性を持ったバクテリアを注入しているらしい。

そのバクテリア入り遺伝子組み換え作物を、私たち日本国民は強制的に食べさせられることになるのです。

例えば、我が国のお米を除いた主要穀物の自給率が極めて低いことはよく知られています。

お米に次いで消費量の多い小麦に至っては、下のグラフのとおり、その半分以上を米国に依存しています。

種子法が廃止された今、これらのほとんどが遺伝子組み換え種子になっていくわけです。

それだけではありません。

一部の農家が遺伝子組み換え作物を栽培しはじめると、その花粉が風で飛んでいくことになりますので、他の種との交配が起こります。

当然のことながら、在来の優良原種が汚染されていくことになりますので、私たちはもう二度と質のいい在来種の作物を食することができなくなるのです。

このままいくと、稲穂の国の私たち日本人が、やがては遺伝子組み換えのお米を食さなければならない日が訪れます。