〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

予想される韓国政治の混迷化2017/05/10    

韓国の新たな大統領に、文在寅氏が選出されました。

『韓国大統領選、文在寅氏が当選確実 9年ぶり政権交代
http://www.asahi.com/articles/ASK593RW2K59UHBI00L.html

韓国大統領選は9日、投開票され、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)・前代表(64)が当選を確実にした。(後略)』

韓国は今後、フランスがそうであるように、議会が少数与党であるため、何も決められない政治状況に陥るのではないでしょうか。

既に若年層失業率が限界点を超えていることから、選挙戦では若者向けに雇用の創出を公約してきた文在寅氏でしたが、氏にはその具体的な政策があるように思えません。

そのことがいずれ禍根となって、政権が崩壊することも十分にあり得ます。

今回の選挙で敗北した右派は、文在寅氏に期待して投票した若年層の就職不安を煽って、それを文在寅批判へと転嫁させていく戦略に出てくることでしょう。

若年層失業率の改善は、一筋縄ではいかないのです。

また、大統領選挙では圧勝したものの、文在寅氏へ反発と批判は根強く残っており、それらが今後さらに過激になっていく可能性もあります。

一方、韓国には、既に北朝鮮から主力部隊5万人の工作員が入り込んでいる、と言われています。

彼らはこれまで、韓国社会の不安を煽るために工作を続けてきましたが、今後は文在寅氏を擁護するための活動を展開せざるを得なくなりました。

といって、工作員なるものは、世を攪乱したり、不安を煽ったりすることは得意としても、世を安定化させ不安を払拭することとなると最も苦手な分野でありましょう。

かえってそのことが、一層の混乱を招くことになるかもしれません。

悲しいかな、混乱する隣国に接しなければならないのが、常に我が国の地政学的制約なのです。