〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 政治・経済

選択肢なき選挙2017/02/06    

昨日、夏の東京都議会議員選挙の前哨戦といわれていた千代田区長選挙が終わりました。

開票結果は次の通りです。
▽ 石川雅己(無所属・現)  1万6371票(当選)
▽ 与謝野信(無所属・新)  4758票
▽ 五十嵐朝青(無所属・新) 3976票

現職の区長(石川氏)を小池都知事が支援し、それに対し自民党が世間的に毛並みの良さそうな候補者を立てて闘う、という事実上の一騎打ち代理戦争選挙でした。

結果は、約3倍の票差をつけて小池都知事サイド(現職区長)が圧勝しました。

小池都知事はその応援演説で「この選挙は代理戦争です」とはっきり言い切っていたのに対し、与謝野候補は「この選挙は代理戦争なんかではありません」的なことを言っていたので、そのあたりで既に勝負あり、だったのかもしれません。

解りやすい対立構図を、あえて示した小池都知事のほうを有権者は支持したのではないでしょうか。

どんなに与謝野候補が「これは代理戦争なんかじゃありません・・・」と言ったところで、口の周りに餡子(あんこ)をつけながら「俺は餡子なんか食ってない」と言い逃れしているに等しく、それが有権者には酷く滑稽に見えてしまうものです。

もしも私が千代田区民(有権者)だったら、与謝野候補の口の周りは餡子だらけに見えていたことでしょう。

それと同時に、昨日は白票を投じていたことでしょう。

だって選択肢がないんですもん。

ネオリベ(グローバリズム)の小池都知事に応援されるような現職区長に投票する気にはなれないし、同じくグローバル化を訴える与謝野候補に入れる気にもならない。

世界的にもこれだけグローバリズムが行き詰まっているのに、なんと周回遅れな主張をしているのでしょうか。

五十嵐候補に至っては、生まれたご家庭がすごく立派なことは判ったけれど具体性はゼロ!

例えば小池都知事も、落選された与謝野候補も、ともに「東京を国際金融センターにしたい」と言っています。

国際金融センターって何?

典型的な抽象論です。

よくこういうことを訴える政治家がいますが、国際金融センターとは何かを具体的に定義せよ!

・・・と質問すると、まず明確に答えることができないのです。

東京の兜町をロンドンのシティとか、ニューヨークのウォール街とかみたいにして、グローバル投資家たちの政治への影響力を強め、国民経済(国民安全保障)を壊す構造改革(グローバル化政策)をもっともっと進めたい、ということなのでしょうか。

自治体の長を含め、今、日本に求められているのは、経世済民に基づいた変革と責任をとれる指導者だ!