〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 未分類

イギリスのEU離脱が意味するもの2016/06/25    

 このブログはその時々の話題や時流にとらわれることなく、たとえマイナーな事柄であってもこれからの日本にとって重要と思われるものをなるべく題材とするように心がけています。

 なぜなら、無数の情報が氾濫する今日、マスコミのとりあげる題材だけが常に政治にとって重要であるとは限らないからです。

 でもさすがに今日は、イギリスのEU離脱問題をとりあげざるを得ないと考えました。

 既にご承知のとおり、昨日の国民投票の結果、イギリスはEUからの離脱を選択することになりました。

 もし私がイギリス国民だったら、迷うことなく「離脱」に一票を投じていたと思います。

 因みに、たまたま某川崎市議のブログを目にしたのですが、その市議は「残留してほしかった」とのことです。

 この「英国のEU離脱問題」をどのように捉えているのか、あるいはどのように評価しているのかによって、その政治家なり議員の資質が見えてきます。その政治家がこれからの日本に求められているのか否かを判断するバロメータ的題材といっていいかもしれません。

 むろん問題は複雑であり、必ずしもゼロ or イチの議論ではないのですが、私に言わせれば「残留してほしかった」と言い切る議員は我が国の将来にとってクズです。(ただし、何らかの政治的目的と戦略があって、あえてそのように発言している場合は別です)

 まず、そのクズのひとりがこの人。

『国民の判断ではあるが、EU離脱が確実となったことは大変残念である。世界経済はもとより、国際政治、欧州社会全体に与えるであろう甚大な影響を強く懸念している』
(6月24日、岡田克也民進党代表談話より抜粋)

 おそらくこの男には、今回のイギリスの国民投票の結果がユーロ・グローバリズムの溶解のはじまりであることを想像するに必要な知識の欠片すらもないでしょう。

 というか、ユーロ・グローバリズムって何なのかすら理解していないかも・・・ですね。先述のマヌケ市議もそうでしょう、きっと。

 グローバリズムを簡単に定義すると、各国の主権に制限を加え、経営の3要素たるヒト、カネ、モノ(サービスも含む)の国境を越えた移動の自由を認めるシステムのことです。その目的はグローバル投資家やグローバル企業らの利益の最大化です。

 それをEU圏内でやろう!

 それがユーロ・グローバリズムです。

 以降、大量の資金と大量の移民と大量の物財が国境を越えて移動することになります。とくに大量の資金がスピーディに流入流出するようになります。

 これをやられると、まず、産業競争力のない国家は一溜りもありません。その典型例がギリシャです。

 例えばドイツから大量のドイツ製自動車がギリシャに流れ込んできても、ギリシャ政府は関税、為替レート、政府規制という国家の主権を剥ぎ取られてしまっていますので、ひたすら経常赤字を積み増すことになります。しかも共通通貨ユーロに参加していることから、国家主権のひとつである独自通貨(ドラクマ)の発行権もなく、返済資金がショートして常にデフォルト(債務不履行)を繰り返しています。

 すると欧州委員会やIMFから、返済できないのなら・・・国有財を売り払って、増税して、緊縮財政して、公的サービスを民営化しなさい、というご指導が入ります。むろん、それらはグローバル投資家とグローバル企業の利益の最大化に資することになります。この場合、欧州委員会もIMFも、いわば合法化された金融暴力団のようですね。

 イギリスはさすがで、EUに加盟しても共通通貨ユーロにだけは参加せず、独自通貨(ポンド)は捨てませんでした。そこは「大英帝国の誇り」だったのでしょう。

 しかしそのイギリスにも移民が大量に流れ込むことになります。

 例えばキャメロン政権は、移民の流入を年間10万人に抑える、と公約していました。しかしながら、昨年は30万人もの移民がイギリスに流入したようです。それら移民に「雇用を奪われている」、あるいは「賃金切り下げ競争が生じている」と、EU離脱派は主張しているわけです。

 必ずグローバリズム推進派は、「国境を越えて相互の出入りを自由にすることがグローバリズムの利点だ」と言いますが、例えばネイティブなイギリス国民がわざわざ裕福なイギリスから出ていく必要などありません。結局、イギリスのような国は「移民の入れ損」になるだけです。

 とくにリーマン・ショック以降、長期にわたってイギリスの実質賃金は下落したようです。時給400円の最低賃金で働かざるを得ない「実習生」が100万人近くいるとのこと。イギリスの場合は、グローバリズムの3要素のなかの特に「ヒトの移動の自由」が問題と化しているのです。

 要するに、グローバリズムは「所得を稼いで生活するネイティブ国民」対「移民という安い労働力で投資収益を稼ぐグローバリスト」という対立を生むのです。

 後者をグローバリズム派とするのなら、前者は国民経済派となります。

 私は、これからの日本に求められている政治家なり議員は、国、地方を問わず、なんといっても国民経済派であると確信しています。

 どこかの代表や市議みたいに、グローバリズムとは何なのかを理解していないのは論外・・・

 結びに岡田代表に一言・・・

 イギリスのEU離脱によって欧州や国際政治が混乱するのではありません。グローバリズムの限界により、既に欧州も国際政治も混沌としはじめているのです!