〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 未分類

市立多摩病院について2009/02/05    

 市立多摩病院は、開院以来、市民にとって安心できる医療サービスを提供し、川崎市北部における中核的な医療施設として定着しています。ただ、この病院の決算額は、開院以降、収入は安定しつつも、いずれの年度も支出超過です。その赤字の主因は施設設備の維持費であり、その高い維持費が指定管理者の運営を圧迫しています。
 そこで私は、去る12月議会で、市立多摩病院の建設コストを平米単価で質問しました。結果、この病院の平米あたりの建設コストは51万7千円だったことが判明しました。
 全国の公立病院の平米単価の平均が36万3千円であることから、この施設の豪華さが伺えます。
 施設を必要以上に豪華にすれば、当然ながら維持費にカネが掛かります。建設・設計にあたった当時の行政と、それをチェックすべき当時の議会(私の当選前)にはこの常識が欠けていた、と言わざるをえません。
 指定管理者はこの高い維持費に悲鳴をあげています。今後、施設を建設した行政と施設を運営する指定管理者との間で協議が行われます。私は、双方の意見を客観的に分析できる第三者的機関を臨時的に創設し、一刻も早い問題解決を要望しました。
 この地域に医療的空白をつくらぬよう、行政の適切な対応が求められています。