〒214-0012
川崎市多摩区中野島3-15-38-403
TEL:044-934-3302 / FAX:044-934-3725



議会報告 01 川崎市政

川崎縦貫道路を視察2007/11/12    

124_24641 川崎市は、市内交通網の整備が不可欠となっています。高速川崎縦貫線は、交通混雑の緩和や居住環境の向上を図りつつ、都市としての機能をさらに充実させるための道路計画です。

この路線は、国道15号を起点とし、国道409号に沿って東に向かい、途中、大師河原付近で高速1号横羽線と結合し、大師ジャンクションを形成します。その後、国道409号上に沿って東南に進み、高速湾岸線及び東京湾アクアラインと川崎浮島ジャンクションにおいて接続します。道路の構造は、工業専用地域においては高架構造、住居系地域については掘割及び地下構造となっています。車線数は往復4車線です。現在、浮島ジャンクションから殿町付近までについては既に供用されていますが、殿町から国道15号までについては未だ建設中です。

このたび・・・

11月9日の金曜日、まちづくり委員会の委員として、殿町の開削トンネル躯体構築状況を視察しました。

この工事では、MMSTという工法が採用されています。MMSTとは、マルチ・マイクロ・シールド・トンネルの略で、小型のシールドマシンを何度か往復させて掘削を進め、まずトンネルの外壁(外殻躯体)を枠上にこしらえ、その後で外殻の中の土を掘削していくというトンネル工法です。ここで使用されている小型シールドは、ひとつ約10億円もするもので、この工法を含めて日本発の技術力であるとのことでした。改めて日本の技術水準の高さに驚かされました。

なお、この高速川崎縦貫線の2期工事については、ルートを含めて未だ不透明な状況です。