Evernoteに保存   

ブレグジットで英国は困らない2017/01/23

米国大統領の就任式を終えつつも、世界各地では反トランプ運動が起こるなどして実に混沌としているようですが、ブレグジット以来の世界的潮流だけは見誤ってはならないと思います。 「カネ、モノ、ヒトの国境を越えた移動の自由を最大化すれば、もはや国家はそれらを管理することはできないし、またする必要もない。むしろそのことが各国に経済的な繁栄をもたらし、国家間紛争も無意味なものになっていく」 … “ブレグジットで英国は困らない”の続きを読む


理解に苦しむタニタとの包括協定2017/01/22

川崎市が、去る1月17日に健康計測機器メーカーの株式会社タニタと包括協定を締結しました。 『タニタが監修 川崎市と協定 来年5月から http://mainichi.jp/articles/20170118/k00/00m/020/079000c 健康計測機器メーカーのタニタ(東京都板橋区)は17日、川崎市立中学全52校の給食を定期的に監修し、提供する協定を同市と結んだ。(後略 … “理解に苦しむタニタとの包括協定”の続きを読む


複雑化する世界のはじまり!?2017/01/21

ドナルド・トランプ氏が米国連邦議事堂で行われた式典で宣言し、名実ともに米国の大統領に就任しました。 その就任演説において、あらためて国内外で「米国第一主義」の政策を推進することを表明しました。 日本のメディアや政治家たちは、それを「保護主義」の一言で片づけようとしていますが、果たしてどうか。 ついに世界的なグローバリズムの揺り戻しが英米からはじまった、と解釈すべきだと思うのです … “複雑化する世界のはじまり!?”の続きを読む


デフレを脱却するまでPB目標は一旦破棄せよ2017/01/20

本日は1月20日金曜日。 二十四節気の最後、「大寒」の節を迎えました。 大寒の終わりを「寒明け」といいますが、二十四節気最初の節である「立春」にむけて寒気がますます加わる時節です。 皆さま、くれぐれもお体にはご留意ください。 さて、米国では、いよいよトランプ政権がスタートします。 昨今、内外の報道をみておりますと、あまりにもトランプ氏の個人的品格の問題に終始しすぎていて、政治と … “デフレを脱却するまでPB目標は一旦破棄せよ”の続きを読む


駅前広場は街の顔
 [ 登戸土地区画整理事業について ]
2017/01/19

街というものには必ず、その街の発展の基盤となる空間的な象徴があります。 その空間的象徴のことを「街の顔」というのであれば、そのほとんどは「駅前広場」です。 都市計画上、あらゆる事例がそのことを証明しています。 その点、私は駅前広場こそがその街の発展を決める、といっても過言ではないと考えています。 例えば、発展目覚ましい武蔵小杉では、新駅の設置とその駅前広場の開発に官民合わせて約 … “駅前広場は街の顔
 [ 登戸土地区画整理事業について ]”の
続きを読む


TPPを「経済連携」と訳すのは間違い2017/01/18

昨年末(平成28年12月27日)に総務省から発表された直近(平成28年11月速報値)の実質消費支出(二人以上の世帯)は前年同月比で「-1.5%」でした。 9ヶ月連続でマイナスです。 デフレで家計の所得(実質賃金)が増えないわけですから、消費支出が増えるわけもありません。 消費支出が増えなければ物価も上がらず、物価が上がらないから所得(実質賃金)も上がらない。 これがデフレスパイ … “TPPを「経済連携」と訳すのは間違い”の続きを読む


TPPは対シナ包囲網にはならない2017/01/17

安倍総理は、性懲りもなくTPP(環太平洋連携協定)の発効に意欲を示されています。 『自由貿易体制の意義強調 安倍首相、TPP早期発効に意欲 http://jp.reuters.com/article/abe-hanoi-idJPKBN1501IC 安倍晋三首相は16日、訪問中のベトナム・ハノイで記者会見を開き、トランプ次期米大統領の保護主義的な発言を念頭に、自由貿易体制の重要性 … “TPPは対シナ包囲網にはならない”の続きを読む


高速道路は既に韓国に負けている2017/01/16

昨日(平成29年1月15日)のブログの続きですが、かつて高度経済成長期の我が国は、公的部門は公共インフラへの投資を飛躍的に伸ばし、民間部門においても設備投資及び技術開発投資を怠ることなく着実な資本が投じられました。 そして何よりも、高度経済成長期の企業は人材を大切にしていました。 国内への各種投資が盛んになり、かつ人材が大切にされたことから、一人当たりの生産性が向上しました。 … “高速道路は既に韓国に負けている”の続きを読む


国力の差はインフラの差
 [ 公的固定資本形成(対GDP比) ]
2017/01/15

国民経済計算(GDP統計)は、その国の経済の全体像を国際比較可能な形で体系的に記録することを目的にしています。 内閣府によると、国連の定めている国際基準(SNA)に準拠しつつ、国民経済計算(GDP統計)の作成基準及び作成方法に基づいて作成されているとのことです。 GDPは、生産面=分配面=支出面の3つの面から成り、統計上それぞれ3つの金額は必ず一致します。 それをGDPの三面等 … “国力の差はインフラの差
 [ 公的固定資本形成(対GDP比) ]”の
続きを読む


医療・保育・介護分野の賃金アップを
 [ 行財政と家計簿のちがい ]
2017/01/14

現在、我が国は(川崎市も含めて)、総需要の不足(供給能力の過剰)というデフレ状態が続いています。 モノやサービスをつくる力は大きいのに、それらを消費したり、あるいはそれらに投資したり、という支出(需要)が少ないという状況です。 なんでそんなことがわかるの? という疑問をお持ちの人もいるかもしれません。 なぜわかるのかというと、物価(生鮮食品を除く総合消費者物価指数)が下落してい … “医療・保育・介護分野の賃金アップを
 [ 行財政と家計簿のちがい ]”の
続きを読む


川崎市議会議員 三宅隆介
プロフィール
昭和46年3月23日生まれ。
大東文化大学 文学部 卒業。
ユアサ商事株式会社を経て、
松沢成文(当時・衆議院議員) 秘書。
平成15年4月 川崎市議会議員 初当選(現在4期目)。
川崎市多摩区中野島在住。
[趣 味]
歴史研究、人間研究、経世研究。
[尊敬する歴史人物]
織田信長、小栗忠順、田中角栄。